今日は UNIT47 をやりました。

ところで、今日は stock と inventory の違いについて調べました。
両方とも、在庫系の単語です。

ストックもインベントリーもカタカナ英語として日本に定着しつつありますが、詳細な意味とか、どう言う使い分けをするのかとか全然わかりませんので、この際なので調べてみることにしたのでした。

すると、ズバリ答えの書かれているページを発見しました。


マイクラはストックではなくインベントリなのですが、これでやっと理解できました。(´・∀・`)

インベントリ(inventory)
材料まで含めての在庫

ストック(stock)
完成品の在庫

今日は UNIT47 をやりました。

ところで、前から非常に謎だったんですが、UNIT47の④のこの例文。

You get paid monthly in most Japanese companies.
日本のほとんどの会社では月単位で給料が支払われます。

これの主語が You になっています。
と言うか、日本語のこう言う文章が実は非常に苦手です。(;´_`;)

主語がよくわからないと言うか、どう書いて良いのか悩むというか。

この場合だと、主語は不明で『 給料が(あなたに)支払われます 』と言う感じになると思うんですが、例文を読むと、『 あなたは給料を受け取ります 』になっています。

ゴチャゴチャ考えていても埒があかないので、日本文の方に注釈をつけて普通に英訳をしてしまっていますが、うーん・・・(´・ε・`)と言うのが正直なところです。

今日は UNIT47 をやりました。

ところで、手短にと言う意味の brief ですが、これが下着のブリーフと一緒かどうか調べてみました。

【下着のブリーフ】
英単語:briefs


股下を省略した下着であることから、(衣服が)短いという意味の「ブリーフ」と呼ばれる。

どうやら、英単語の brief と下着のブリーフ(briefs)は同じ単語だったようです。

一応、Weblio で確認してみたら、本当に一緒みたいでした。


 [複数形で] ブリーフ 《短いぴったりしたパンツまたはパンティー》

こんなことでと言う気は若干しますが、brief がちょっと覚えやすくなりそうで良かったです。( ´艸`)

今日は UNIT47 をやりました。

今日は初回時恒例の読み方がわからない英単語を調べました。


【briefly】
意味:手短に
読み方:ブリーフリー

これは見たまんまの読み方で楽勝でした。(^_^)v


【ambulance】
意味:救急車
読み方:エンビュランス

アンブランスとか言うのかと思ったら、エンビュランスだったでござるの巻。( ̄m ̄)
(am で エン読みは、英語が難しくなっている理由の一つです)


【postpone】
意味:延期する
読み方:ポスポン

ポストポンかと思ったら、ポスポンでした。( ´,_ゝ`)
(ポストのトが行方不明)
発音したらスッキリするのに、何で発音しないんでしょうね。( ´Д`)=3


【indenfinitely】
意味:無期限に
読み方:アンデフィニテェィ

インデンフィニテリーかと思ったら、アンデでした。
am と書いてエンも嫌ですが、in と書いて アンも嫌なんでございます。(´-ω-`)


【immediately】
意味:今すぐに
読み方:アミディアリ

i と書いて
何と言うかもう、読むとおりのスペルにして下さいとお願いしたくなるレベルです。ヾ(`Д´)ノ"


このUNITは、スペルのまま読むと地雷爆破系の新英単語が多かったです。(´・_・`)

サクッと覚えることが出来たら良いのですが、英単語記憶だけでも精一杯ですので、上手く行きますかどうか・・・。

今日は UNIT46 をクリアしました。

ところで、今日は seldom と rarely の違いについて調べました。ヽ(・ω・)ノ
どっちも『 めったに○○しない 』系の英単語です。

でも、どっちがどうなのか使い分けの仕方がよくわからないので、ちょっと調べてみることにしたのでした。

seldom
めったにしない・まれにしかしない

rarely
めったにしない・まれに

一応、単語の意味を確認してみたのですが、どうも単語の意味に違いはさほどない様子。

そこで、さらに seldom と rarely の違いを調べてみると、↓のページを発見しました。


どうやら、意味はほぼ一緒のようですが、口語的なのが rarely で、文語的なのが seldom のようです。

という訳で、次からはちゃんと使い分けができるよう、頑張ろうと思います。ヽ(・ω・)ノ

今日は UNIT46 をやりました。

ところで、今日は前から謎だった be good at ○○be a good ○○ の違いについて調べました。ヽ(・ω・)ノ

両方とも、『 ○○が得意だ 』と言う意味ですが、使い分け方とかわからないので、調べてみることにしたのでした。

でも、どういうわけか be good at ○○ と be a good ○○ の違いらしきものは見つかりませんでした。

ちなみに、『 ○○が得意 』と言う英語で調べても、be a good ○○ については何も見つかりませんでした。

そこで、例文に出ていた a good cook で調べると、やっと見つかりました。


どうやら、be a good cook『 料理上手 』と言う意味になるようです。工エエェェ(´д`)ェェエエ工

She is a good cook.
彼女は料理が得意だ。

でもって、何で be a good ○○ で何も見つからなかったと言うことなのですが、どうやら、料理限定で使われる英熟語だからのようでした。
(スッキリした!(´・∀・`))

という訳で、次からは、料理が得意という場合は、こっちを使っていこうと思います。ヽ(・ω・)ノ

今日は UNIT46 をやりました。

ところで、前からちょっと疑問だったんですが、UNIT46の④の例文。
これの travel がちょっと謎です。

He frequently travels to Hong Kong on business.
彼はよく仕事で香港に行く。

香港に行くってことなので go なのかと思ったら、全然違いました。(;´∀`)
(ナンデヤ・・・)

そんなわけで、travel の意味を調べなおしてみることにしました。


すると、セールスマンなどが注文を取りに行ったり、外交して回ったりする時は、travel が使われるらしいことがわかりました。

4(セールスマンなどが)外交して回る,注文取りに出る(進行形にはできない)

そんなわけで、次に、go と travel の違いを調べてみたのですが、これについてはわかりませんでした。(´・д・`)ゞ

という訳で、また機会があれば、調べなおしてみようと思います。ヽ(´・∀・`)ノ

今日は UNIT46 をやりました。

ところで、UNIT46の③の例文ですが、これの『 見られます 』『 可能 + 受動態 』なのが気になっていたのですが、よくよく考えると、確かに『 可能 + 受動態 』だったなと思いました。

This bird can usually be seen around Japan.
この鳥はたいてい日本中で見られます。

でも、これでも日本文は一緒なんですよね、多分。(´・_・`)
うっかりしていると間違える系の英訳です。

This bird usually be seen around Japan.
この鳥はたいてい日本中で見られます。

これでも、近い日本文にはなるかもですが、鳥が見るって言うのは、(・3・)<あるぇー?って感じで、さすがに色々とおかしいので、これはアンポンタンな私でも、英訳している段階で気が付きそうです。( ̄∀ ̄)
This bird can usually see around Japan.
この鳥はたいてい日本中で見れます。

今日は UNIT46 をやりました。

ところで、今日はUNIT46の読み方がわからない英単語について調べてみました。ヽ(・ω・)ノ


【fryquently】
意味:しばしば
読み方:フリクウェントリー

これは何となく知っていました。
(昔やったような、やらなかったような?)


【rarely】
意味:めったに~しない
読み方:レアリー

レアアイテムなどのレアが形容詞になった感じの英単語ですので、読み方はそのままレアリーでした。


【occasionally】
意味:時々
読み方:アケージョナリー

o なのにア、sio なのにジョで、アケージョナリーでした。工エエェェ(´д`)ェェエエ工


【seldom】
意味:めったに~しない
読み方:サルダム

あたしゃ、セルダムだとばっかり思っておりましたよっと。
蓋を開けてみたら、サルダムでした。(ノ∀`)

今日は UNIT45 をクリアしました。

ところで、前々からかなり気になっていたのですが、UNIT45の例文の⑨の例文。

Keep your back straight.
背中をまっすぐに伸ばしなさい。

これがちょっと謎でした。

まっすぐに伸ばしなさいと言うことなので、『 伸ばす 』と言う動詞がくるのかと思ってたのです。

でも、実際に蓋を上げてみると keep
(ナンデヤ・・・)

多分ですが、

背中を伸ばしなさい
→ あなたの背中をまっすぐな状態に保ちなさい
→ keep

と言うことなのだとは思ったのですが、一応、背中を伸ばす系の単語があるのかどうかについて調べてみました。


すると、straighten one's back 背を伸ばすと言う意味がありました。(´゚д゚`)

straighten one's back
背を伸ばす、背筋を伸ばす

この他、straighten yourself と、back(背中)を使わない言い方もあるようです。


straighten yourself
→ 背筋を伸ばす

↑このページのトップヘ