2009年08月

今日は、TRACK 19 をやりましたよっと。
今日は、abroad を調べなおしてみました。

と言うのも、私は abroad と言うのを海外だと勘違いしていたからです。
海外と外国は違うと思うんだけどなあ...などと思いながら英訳をしていたので、思い切って調べなおしてみることにしました。

すると、やっぱり、abroad には『海外に』と言う意味以外にも、外国にとか外国でとか言う意味があるっぽいです。
(勘違いとかウロ覚えの放置はいけませんね... (´・ω・`))

今日は、TRACK 18 をやりましたよっと。
昨日は TRACK 18 の途中までしか出来ませんでした。
今日は TRACK 18 をクリアできました。

今日は、ten people (10人の人)について調べてみました。
と言うのも、ten は複数なのにどうして peoples ではないのかと思ったからです。
(今頃こんなことを言っている辺りが... (´A`))

そこで、ちょっと people の複数形について調べてみると、どうやら、普通は複数で people なんだそうな。
前にも people の複数形と単数形について調べた覚えがあるんですが、どうやらその時のその答えは間違っていたようです。
(つか、ただ単に勘違いしてただけかもですけど...。(´・ω・`))

今日は、TRACK 18(途中)をやりましたよっと。
今日は、among の意味を調べてみました。

《among》
・ ○○の間で
・ ○○の中に
・ 囲まれた

複数の物や人の間でとか、複数の物や人に囲まれている状態を表す単語のようです。
今回は、女性たちの間で...と言う among women と言う感じで使われていました。

今日は、TRACK 17 をやりましたよっと。
今日は、enough to の新バージョンと遭遇しました。

それは、○○ enough for △△ to □□ と言うものです。
for △△を enough の前に付けることで、△△にとってと言うような意味になります。
enough はたくさんやってきたつもりでしたので、新バージョンに遭遇して驚きました。

今日は、TRACK 16 をやりましたよっと。
今日は、continue と keep の違いを調べてみました。

最初は、続けると言う英訳を keep と書いていたのですが、正解は continue だったので、なぜ今回は continue なのか調べてみることにしました。
すると、どちらも続けると言うのは同じっぽいのですが、意味には若干の違いがあるようでした。

続きを読む

今日は、TRACK 14 と 15 をやりましたよっと。
今日は、be suprising の意味を調べてみました。

これって、進行形のようにも見えたんですが、どうやらこれは『現在分詞』のようでした。
現在分詞って言うのは、○○ing で動作を表す形容詞のような働きをする単語のことですので、『be suprsing』は『驚くべき』と言う 形容詞のような感じになってしまったようです。
(これは何となく嵌り系の臭いがしますので、やり直しをする度に何度か覚え直さなければならないかもです)

今日は、TRACK 13 をやりましたよっと。
今日は、ドンドン瞬間英作文初の『0点』を取得しました。

初めてスラスラ瞬間英作文をやった時は、英文を見て書かないと書けませんでしたので、これでもかなり成長したわけですが、やっぱりここに来て0点とか言うと、流石にちょいとばかり堪えるわけです。

ちなみに、今回の敗因は、『関係代名詞の目的格をwhoにしてしまった』と言うしょうもない事です。
(しかも、ちゃんと『関係代名詞・目的格』と書かれてあるのに間違えるという...。orz)

と言うわけで、次は間違えないように気をつけようと思います。
(次も同じトコで間違えちゃったりして)

今日は、TRACK 12 をやりましたよっと。
昨日は TRACK 12 を完了できませんでした。
TRACK 12 は今日終わらせました。

今日詰まったのは、break down です。
バックトゥ・ザ・フューチャーに出てくる歌にこの break down が出てきてたですね。
でも、break と break down の差が今ひとつ分からない感じですので、ちょっと調べてみました。

続きを読む

今日は、TRACK 12 (途中)をやりましたよっと。
今日気が付いたのですが、所有格 の whose が付くところでは、of which が付かないです。

屋根が緑色の家を英訳すると the house the roof of which is green なんですが、これが所有格を利用できる英文の場合(髪が黒色のナンシー)、Nancy whose hair is black で済みますので、of which は付けずに済むっぽいです。

of which と whose をこのような感じで英訳をしたことはなかったですので、もうすでにかなり見慣れた of which ではありますが、今日はちょっと新鮮な感じでした。

今日は、TRACK 10 と 11 をやりましたよっと。
今日は short と small の違いについて調べてみたですよ。

と言うのも、短い尻尾を small tail と言うのが理解できなかったからです。
短い尻尾と言うのですから、short tail でいいんじゃないかと。

んでもって調べてみたんですが、どちらがどうとか言うのはわかりませんでした。(´・ω・`)
でも、どうやら short tail で良い様子。
つか、何で small tail なんですかね? (´・ω・`)

↑このページのトップヘ