2009年09月

今日は、TRACK 21 と 22 をやりましたよっと。
今日は、them all を間違えました。
前の時も確か、them all は間違ってしまったわけですが、どうやらまた同じことを繰り返してしまったようで・・・

つか、前の時のタイトルが『them all が余裕な件について』と言うのか何とも痛々しい感じで・・・
(別の意味で、全然余裕で無い雰囲気がプンプンしているのであります)

今日は、TRACK 19 と 20 をやりましたよっと。

今日は、some と any について調べましたよ。
前にも一度調べたんですが、やっぱりよく分からなかったので・・・
続きを読む

今日は、TRACK 18 をやりましたよっと。
今日は、please to と glad to の違いについて調べてみました。
と言うのも、どちらも喜ぶでしょうと言う日本語の例文だったからです。

調べてみた感じでは、please の方が硬い感じはあるものの、どちらも普通に使えるようです。
(glad とhappy には大きな違いがあるようですけど・・・)

と言うわけで、次はどちらを使っていても正解にしてしまおうかなあと思います。
(若干、不安ではありますが・・・ (´A`;))

今日は、TRACK 16 と 17 をやりましたよっと。 今日は、to不定詞の副詞的用法英作文をやったんですが、結構、間違いが多かったです。 と言うのも、時間やら日時を置く場所を間違えたからです。 そこで、例題の英作文に点数を付け終わった後、もう一度日本語の例文と英語の例文を見直してみました。 すると、どうやら、日本語の通りに(日本語で日時が修飾されている通りに)素直に日時を置いていけばよいと言うことがわかりました。 と言うわけで、次はあまり深く考えずに、日本語の例文の通りに素直に日時の単語たちを設置しようと思います。

今日は、TRACK 15 をやりましたよっと。
今日は、for many hours (何時間も)を間違えました。

some hours って書いちゃったんです。
何 時 間 ってことだったので・・・

え? ( ゚д゚ )

でも、意味的には many hours が正しいかもですね。
と言うわけで、次は間違えないようにガンバロウと思います。

今日は、TRACK 14 をやりましたよっと。

今日は、to + 動詞 で『○○をすることは・・・』と言う to不定詞の使い方を間違えました。
厳密に言うと、間違えたと言うよりも、動名詞で ○○ing にしちゃったと言うか・・・
(そう言うのを「間違えた」と言うのであります (´・ω・`)))

と言うわけで、次はこれ系のポカミスをしないように気をつけようと思います。

今日は、TRACK 22 と 1 をやりましたよっと。

今日は、talk to と talk with の違いについて調べてみたですよ。
どちらも、同じような感じかと思ってたんですが、ニュアンスはちょっとずつ違っているようです。

talk with
(一緒に)○○と話をする

talk to
○○と話をする、(一方的に)○○に話しかける

こうやって見ると、with と to では、意味合いも変わってくるのも頷けます。
日本語の短い例文からこの辺りのニュアンスを一々考えるとなると、間違えることもあるかもしれないですが、実際に使う時は(あればですけど・・・ (; ^ω^))、間違えないように気をつけようと思います。

今日は、TRACK 10 と 11 をやりましたよっと。
今日は可もなく不可もなく、ボチボチな感じでした。
(サクッと終了できたわけでもなく・・・ (´・ω・`))

今日は、TRACK 9 をやりましたよっと。

今日は、Shall we ~ の返事で Yes,let's. と No,let's not. と言うのを間違えたですよ。
前にやったはずなんですが、キレイさっぱり忘れ去ってしまったようで・・・
(Shall we の方は覚えてたんですけどねー (´・ω・`))

ところで、この Yes,let's.って言うのは、恋愛小説家 と言う映画でジャック・ニコルソン扮する恋愛小説家が言ってましたよっと。
(無理をしてでも好きな女性のために笑顔で Yes,let's. と返事したので、ここの返事の部分だけは覚えているんですよねえ)

と言うわけで、次は Yes,let's.を思い出せるようガンバロウと思います。

今日は、TRACK 7 と 8 をやりましたよっと。
今日は、ready について調べてみました。

ready

【形容詞】
準備が出来た・用意が出来た・喜んで・すぐに
形容詞のready は、angryと同じように、be ready とか get ready と言う使い方をするっぽいです。

【動詞】
用意する・準備する
競技や競争などで「Ready・・・ Go!」と言っているのはこれっぽいです。

例文では、is ready でしたので、どうやら形容詞だったみたいです。
と言うわけで、次は間違えて動詞扱いとかしないように気をつけようと思います。

↑このページのトップヘ