2009年10月

今日は、TRACK 11 と 12をやりましたよっと。
今日は可もなく不可もなくって言う感じです。
それにしても、この辺りはホントに楽チンです。

スラスラ瞬間英作文 の方は、簡単な英文と複雑な英文が混ぜ混ぜになってましたので、簡単すぎるとこと難しすぎるところが丁度良い塩梅でバラけていたのですが、ドンドン瞬間英作文 の方は文法ごとにまとまってますので、しんどいページは思いっきりしんどいと言う罠に・・・

でもまあ、スラスラ瞬間英作文の方は、例文を見て、その都度英文法はどれが適切か考えながらと言う作業が加わりますので、どっちもどっちなのかもです。
(つか、私が英作文の勉強をやる順序が間違ってたって言うのが一番痛い鴨・・・。orz)

今日は、TRACK 8 と 9 と 10 をやりましたよっと。

スラスラ瞬間英作文 を繰り返しやっていた頃(終わりごろ)は、サクッと終了も結構あったんですが、どんどん瞬間英作文になってからは、新しい英文や単語もチラホラ出てきましたので、なかなかサクッと終了できることも少なくなりました。
(サクッと終了を連発してた頃が懐かしいよー (´・ω・`))

今日は、TRACK 7 をやりましたよっと。
今日は、a と one の違いについて調べてみました

すると、Yahoo辞書の one ページに、「1つ」を強調する場合以外はaのほうがふつうと書いてありました。
どうやら one と言うのは普通は使わないらしいです。
と言うわけで、一つと言うのを強調する時以外は a の方を使おうと思います。

今日は、TRACK 5 と 6 をやりましたよっと。
今回で3回目のどんどん瞬間英作文ですが、この辺りは文章が短いだけに速く出来ますし、難しさも少ないので非常に楽だったりしまつ。

これぞまさしくスラスラ英作文・・・
(こっちは 別の本 だった)

今日は、TRACK 3 と 4 をやりましたよっと。
今日は、以前にも調べたpeople と person の違いについて調べなおしてみたですよ。
前にも一度調べたことがあったんですが、これだとちゃんと調べきれてないと思い・・・

people
人々、大衆、○○の国民(民族)、国民

person
人(大人数の時はpeople)、○○な人、○人(2人部屋など)、

peopleの場合は、とにかく不特定多数の大人数に対して使われるようで、personの場合は、少人数の人や特定の人に対して使われるっぽいです。
あと『 ○○な人 』のような時にもpersonが使われるっぽいです。

今日は、TRACK 22(中三レベル) と 1 と 2 (中一レベル) をやりましたよっと。
今日で2回目のどんどん瞬間英作文が終了しました。
どんどんを開始したのが7月からですので、そこそこの速さで出来ているんだとは思います。

でも、月とかのような極々基本的な単語が覚えられないのとか、基本的な文法とかの部分が抜け落ち気味なのは相変わらずだったりしますので、今後も日々勉強のつもりで頑張ろうと思います。
(もっと頭がよければ、学習も早いと思うんだけどなあ・・・ (´・ω・`))

今日は、TRACK 21 をやりましたよっと。

今日は月の英訳を間違えてしまいました。
日本なんかは1月、2月、3月と数字を12個当てはめるだけなんで楽なんですが・・・
続きを読む

今日は、TRACK 19 と 20 をやりましたよっと。

今日は、notice と find の違いについて調べてみたですよ。
と言うのも、気が付くというのが find かと思ったらそうではなかったからです。

続きを読む

今日は、TRACK 18 をやりましたよっと。
今日は、handsome と good-looking の違いについて調べてみました。

handsome 【形容詞】
顔立ちが美しい、立派な、ハンサムな

good-looking 【形容詞】
良く見える
(looking には○○に見えると言う意味があり、○○と looking の間には - をつけて繋げるっぽいです)

どちらも見た目がよいのを表現する時に使われますが、good-looking の方がよく使われるっぽいです。(日本ではハンサムの方が定着しちゃったようですが・・・)

今日は、TRACK 16 と 17 をやりましたよっと。

今日はまたしても、comotinue と keep の違いを忘れてしまったですよ。
私は頭が悪いので、繰り返し確認して覚えなおさないと覚えられないので、今回も復習の意味も込めて日記に書くことにしました。

≫ 以前書いた comotinue と keep の違いについてのページ

↑このページのトップヘ