2010年04月

今日は、TRACK 11 と 12 をやりましたよっと。
今日はまたしても、stay calm を間違えてしまいました。

と言うわけで、次こそは覚えこめるように、calm について調べてみました。
すると、yahoo 辞書の calm についてのページを見つけました。
このページには、quite と calm の違いについても書かれてありました。

[類語]騒がしい音・激しい動き・興奮などがないという意味で
peaceful, calm, quiet, tranquil, stillは共通している.

calmは一時期のそのような状況のあとでの静かな落ち着きという感じ.
quietはそのような状況が過度になく, 適度に抑えられた落ち着き

んで、例文がこれでふ。

Does she have to stay calm in the room?
彼女はその部屋で静かにしていなければなりませんか?

うーん、quiet でも良いような・・・ (´・ω・`)

今日は、TRACK 10 をやりましたよっと。
今日は、前からちょっと気になっていた visit のような他動詞についている前置詞について調べてみました。
すると、下のようなページを見つけました。

≫ 他動詞・名詞 "visit to" : OKWave

これを見ると、ふだん他動詞で使われている単語を、名詞として用いる時、前置詞を置かなければならないケースがあるとのことでした。
例えば、

This is my first visit to Japan.

みたいな感じで、私が最初の日本への訪問 とか言う感じで名詞っぽく使うときにです。
でも、こう言うのは、今はあんまり流行ってないようで

This is my first visiting Japan.

現在分詞を使って表現してしまうことが多いようです。
(確かに、こっちの方が自然ぽく見えまふね。(´・ω・`))

今日は、TRACK 8 と 9 をやりましたよっと。

今日もまた、Shall と Will を間違えました。
間違えた例文は、Will you have some more tea? と言う例文なんですが、この WillShall にしてしまうという・・・。(´・ω・`)

多分、Shall We dance? の影響が大きいためなんだと思うんですが、「~はどうですか?」とか「~します?」の時には、全部 Shall を使いたくなってしまうんですよねえ。
困ったもんです。

今日は、TRACK 6 と 7 をやりましたよっと。
今日も、Lunch will be ready soon. (もうすぐ昼食の用意ができる)をまつがえますた。(´・ω・`)

これ、いっつも間違えるんですよねえ。(´A` ;)
もうすぐ昼食の用意ができるって言うんで、『私が』もうすぐ昼食の準備を終えるんだとか何とか、そんな感じで考えてしまって。

私は、 どんどん瞬間英作文 を、全部の英文を一周全部回ってから最初からやり直してますので、こう言う忘れやすい系の例文だと、次やるときにはすっかり忘れてしまっているという・・・。(´・ω・`)
と言うわけで、いい加減次こそは、サックリと終了したいもんだなあなどと思う今日この頃でした。

今日は、TRACK 4 と 5 をやりましたよっと。

以前からぼんやりと思っていたんですが、どんどん瞬間英作文 には、『 可愛い 』 の 『cute』 と 『pretty』 の使い分けに法則があるっぽいです。

pretty  女の子・人形など
cute   赤ちゃん・ペットなど

ちなみに、beautiful みたいのは、女の子には使ってないっぽいです。
(英語圏の人らの使い分けもこんな感じかな? (´・ω・`))

今日は、TRACK 2 と 3 をやりましたよっと。
今日書くことは特にありません。
(何も書くことがないと、日記が短いです (´・ω・`))

今日は、TRACK 22 と 23 と 1 をやりましたよっと。
今日で、7回目の中1レベルが終了&中2レベルの開始です。
と言うわけで、引き続き、中2レベルもがんばっていこうと思います。

今日は、TRACK 20 と 21 をやりましたよっと。
今日も、疑問文の答えの文の 動詞の後ろのit (play it) を付け忘れてしまいました。

この間違い、日によってバラつきがあるんですが、疲れてたり集中力が散漫だったりすると忘れやすくなるという、計測器のような感じの間違いです。

と言うわけで、疲れていたり注意力が散漫でも、間違えないくらい(日本語の「てにおは」レベル)までがんばって訓練していこうと思います。

今日は、TRACK 4 と 5 と 6 をやりましたよっと。
どんどん瞬間英作文 をやっていますと、まったく同じ日本語なのに英語が違うということがあります。

例えば、『見る』(see look watch など)とか言うのなどもそうです。
このほか、今回の英訳でもあったのですが、『あなたの家では』と言う英訳もそうです。
『at your home』 『in your famiry』の二つがあるんですよね。

今回はこれについて調べてみたんですが、これについては特に何か目新しいこととかは見つかりませんでした。
どうやら、何か規則性とかあるっていうわけでもないようで。(´・ω・`)
ホント、英訳ってのは難しいものです。

今日は、TRACK 16 と 17 をやりましたよっと。
今日書くことは特にありません。

この辺り(特にTRACK17)は、中一レベルの中でも特に難しいです。
(TRACK17まではかなり楽なんですが、急に難しくなっちまいますわん。 (´・ω・`))

↑このページのトップヘ