2010年07月

今日は、TRACK 9 をやりましたよっと。
瞬間英作文をやり始めたころからずっと思ってたんですが、『勉強している』と言うのは、何時まで経っても間違えやすいです。
理由は以下の通り。

・ 『勉強している』のに現在形だったりすることがある
・ 『勉強している』の英単語が二つある(study learn)

とまあ、そんなこんなで、長らく 瞬間英作文 で勉強しておりますが、未だにこの study は間違い続けてます。
(大体の意味が理解できていて、だいたいの用法とか丸暗記できていたらそれでおKってことにしよかなあ。(´・ω・`))

今日は、TRACK 7 と 8 をやりましたよっと。
今日もまたサクッと終了できました。
明日以降もこの調子で頑張ろうと思います。

今日は、TRACK 5 と 6 をやりましたよっと。
今日もまたサクッと終了できました。
次も、この調子で頑張ろうと思います。

今日は、TRACK 3 と 4 をやりましたよっと。
今日もサクッと終了できました。
明日以降もこの調子で頑張ろうと思います。

今日は、TRACK 2 をやりましたよっと。

今日は、従属節を導く接続詞(2)には未来系がないのを忘れていました。
(従属節を導く接続詞の1の方は覚えてたんですけどねえ・・・。(´・ω・`))
というわけで、次は間違えないように頑張ろうと思います。

今日は、TRACK 1 をやりましたよっと。
ところで、今日も go swimming を間違えました。
(go to swim にしてしまいました)

最近は、go on a picnic はちゃんとかけるようになってきましたので、go swimming も地道に頑張っていれば、そのうちボチボチと間違えなくなってくるとは思うんですが・・・。

今日は、TRACK 33 と 34 をやりましたよっと。
今日で、9回目の中2レベルが終了です。

一日あたりの勉強量が非常に少なくて進行具合もノロイですので、今ひとつ進歩したような感じではないですが、少なくとも今よりも交替しないくらいにはボチボチ頑張っていこうと思います。

今日は、TRACK 31 と 32 をやりましたよっと。
今日はサクッと終了出来ました。

ところで、 瞬間英作文 について時々思うんですが、これを小学校や中学校の授業で取り入れたら、子供たちはかなり英語が話せるようになるんじゃないかと思うですよ。

でも、実際に自分が教師の立場だったら、瞬間英作文の授業は結構キツイなと・・・。
昔、高校の担任の先生に聞いたんですが、家庭教師は楽だと。
一対一で教えられるから。

でもこれが、30対1だったり40対1だったりすると大変なんだそうです。
理解度がバラバラだし、各々の疑問点もバラバラなんで。

と言うわけで、瞬間英作文のような、各々の疑問点がバラバラに発生しそうな授業は、少人数クラスとか独学とかでないと難しいのかなと思います。

今日は、TRACK 30 をやりましたよっと。

今日は、『問題を解こうとしている (have been tring to solve) 』 を間違えました。
ここも間違えやすいんですよねえ。

are try to solve だとか、are solveing だとか try to solve だとか solve だとか・・・
と言うわけで、次は間違えないように頑張ろうと思います。

今日は、TRACK 29 をやりましたよっと。
今日も間違えたんですが、やっぱりtalk to と talk with の違いはわかりにくいです。
ネットで調べてみたら、

talk to    ○○に話しかける
talk with  ○○と話す

と言う感じではあるようなんですが。
でも、当の例文が、

7.  彼は英語で外国人と話したことが一度もない。
7.  He has never talked to a foreigher in English.

ですので、talk with かと思ったら talk to だったり・・・

(´A` ;)

こう言うのは、自分なりに英熟語の感じを理解しておれば良いんですかね。
と言うわけで、何度考えても結局よくわからなかったので、とりあえず、放置プレーしとこうかと思います。

↑このページのトップヘ