2011年07月

今日は、TRACK 23 をやりましたよっと。
ところで、以前の記事でも書きましたが、やっぱり・・・

I have always wanted to meet you.
(私はずっとあなたに会いたかった)

・・・と言う例文の always が不明だったりします。。。(^^;
(現在完了の継続の中に、『ずっと』と言うニュアンスはもうすでに含まれていると思うので)

今日は、TRACK 22 をやりましたよっと。
今日は、⑦番の for me の位置を間違えました。

これもまた、間違えやすい箇所です。(><;
(何度も間違えているのに、また同じところで間違える罠)

という訳で、次は間違えないように頑張ろうと思います。

今日は、TRACK 20 と 21 をやりましたよっと。
今日はサクっと終了できました。
月並みではありますが、この調子で明日も頑張ります。

今日は、TRACK 19 をやりましたよっと。

ところで、先日、福島県で働いていたアメリカ人女性の外国人教師のVTRがTVで流れていました。
それを見ると、小学生の子供らに、その外国人の先生は英会話の授業を施していました。

まだ小さい時分に、ちゃんとネイティブの英語に慣れ親しんでいると、RL の差とか聞き取りやすくなりますので、これはなかなか良い授業かと思いました。

聞き取りするだけなら映画でも良いとは思いますが、ちゃんと発音できるよう指導したり、外国語でも物怖じせずコミュニケーションできるようにするためには、こういう授業があったほうが良いように思います。

私らの子供の頃は、一度だけ、研修で来日した外国人教師の方が来られただけだったですので、時代は変われば変わるもんだなと、感慨深くその授業風景を見ていたのでした。。。 (´ ` )
ちなみに、私はどうやらRとLを判別できぬまま大きくなりましたので、矯正は難しそうです。(><;

と言うわけで、今の子供らにはぜひ、その辺りの発音の判別ができる大人になってもらいたいと思います。

今日は、TRACK 18 をやりましたよっと。
ところで、今日は bebecome違いについて調べました。
というのも、be も become も両方共 『○○になる』 だからです。
(be の方は、通常は状態を表す用に使われているのは知ってたんですが・・・。(^^;)

すると、becomeとbeの使い分け(><) | OKWave と言うページを見つけました。
こちらのページには、だいたい私の知りたかったことが載ってました。
特に以下の部分。

「will become ...」は「...になる」という「変化」に重点があり,
「will be ...」は「...になっている」という「状態」に重点があります。

そして「未来において...になる」を英語にする場合,
一般的には will become ...よりも will be ...の方がよく用いられます。

これは,英語で「未来において...になる」という場合は
「そうなっている」という「状態」を頭に思い描く傾向があるからです。
I will BE a doctor in five years.

とまあこんなわけで、become は変化が中心、be は状態が中心で、しかも未来形の時は be が使われやすいようです。
次は間違えないように気をつけようと思います。
(次までちゃんと覚えてたらですが。(^^;)

今日は、TRACK 16 と 17 をやりましたよっと。
今日もまたサクッと終了できましたが、『乗る』の英訳がウロ覚えっぽいので、おさらいし直しました。

get in
車に乗る

get on
バスなどに乗る

ride on
馬とか自転車に乗る

《ride と ride onの違い》

ride
○○を使って△△に行く

ride on
○○に乗り込む

今日は、TRACK 14 と 15 をやりましたよっと。
今日も昨日に引き続きサクッと終了できました。
(明日もがんばるぞー \(^o^)/)

今日は、TRACK 12 と 13 をやりましたよっと。
今日はサクッと終了しました。
明日も頑張ります。(´ ` )

今日は、TRACK 11 をやりましたよっと。

今日はまた、○○ was once able toonce を 付け忘れました。
これも、つけ忘れやすい単語の一つなんですよねえ・・・。(´ ` ;)
と言うわけで、次は間違えないように頑張ろうと思います。

今日は、TRACK 10 と 9 をやりましたよっと。
今日はサクッと終了できました。
明日以降もこの調子で頑張ります。 (`・ω・´) シャキーン

↑このページのトップヘ