2011年11月

今日は、TRACK 7 をやりましたよっと。
今日疑問に思ったのが、TRACK7の⑩の例文です。

Will you please leave the window open?
窓を開けておいてくれますか?

この例文、keep の方が良いような気がするんですが、どうなんざんしょ? (^^;

keep    その状態が保たれるように努力する
leave   何もせずにそのまま放置プレー 

窓を閉めようとしている人に対して、
窓を開けた状態を keep しておいてとお願いしてますので。。。

今日は、TRACK 6 をやりましたよっと。

今日は、say と tell をまた間違えました。
これ、間違えやすいんですよねえ。。。(^^;

tell
伝えるとか教えるのニュアンス強し

say
話の内容を伝えいたい時によく使われる

何となく分かってはいるんですが、それでもやはり間違えてしまうのが。。。orz

今日は、TRACK 5 をやりましたよっと。
今日は、will をいくつか付け忘れました。(´・ω・`)
次は間違えないように気をつけようと思います。

今日は、TRACK 4 をやりましたよっと。
昨日に引き続き、今日もミス連発でございます。

こう言う、気分や脳力にムラが出やすい人は、お医者さんとか向かないんだろうなあとか思ってみたり。。。(´ ` ;)
たまたま手術の日に脳力が低くなってドボンとか、大変なことになってしまうので。。。
なので、お医者さんにならなくてよかったなあって、ほんと、そう思います。 

今日は、TRACK 3 をやりましたよっと。

今日は、細かいところを間違えまくりました。(´_` ;)
昨日もダレダレだったですし、今日もアレな感じなのがかなり痛かったりします。
次はホントに頑張ろうー

今日は、TRACK 2 をやりましたよっと。

今日は、疑問視の下の時制を間違えまくりました。
(what、who、how など)

気分が萎え萎えなせいかは分からないですが、ミス連発でさらに気持ちが萎え萎えな悪寒です。
という訳で、明日以降は気を引き締めて頑張ろうと負います。

今日は、TRACK 1 をやりましたよっと。
今日から Part3 3回目の開始です。
多分今回ではクリアはできないとは思いますが、気を引き締めて頑張ろうと思います。(^^

ところで、今日は first と at first の違いについて調べてみました。
すると、at firstって? - 英語 - 教えて!goo と言うページを見つけました。

ア)first 最初に
イ)at first 最初は
ウ)for the first time 初めて

は紛らわしい区別になります。

at first は「最初」という訳で通じるときもありますが、
「最初【は】」と【は】をつけて覚えて下さい。
そうすれば、×I came here at first. という間違いを避けられます。

最初は~だったけど、次は...なった、というような文脈で使われる熟語です。
ここに来たのは初めて、という言い方は
This is the first time I came here. です。
これもよく使う言い方ですので覚えると便利だと思います。

彼が最初に来た、は、He came first. です。
ここも at first では間違いになるのはもうお分かりだと思います。

これを見ると、at first は、最初は○○だったけど、その後(今は)△△だと言う感じで使われるようで、普通に 『初めての○○』 とか 『最初に○○した』 と言う時は、at なしのfirst を使うようです。

今日は、TRACK 21 をやりましたよっと。
今日で Part3 の2回目は終了しました。

前よりかは少しはできるようになったような気もしなくはないですが、まだまだ間違いだらけのオタオタ状態ですので、もっと訓練が必要かもです。
(今回の Part3 は5回以内にクリアできるかなあ。。。(´ ` ;))

今日は、TRACK 20 をやりましたよっと。
今日は、

It was sunny day on the day when my son was born.
私の息子が生まれた日は晴れていた。

と言うのをまた間違えました。
と言うか、この on the day ってのがなかなかツボな悪寒です。 

一見すると、The day から始まる感じに見えるんですが、それは実は落とし穴で、本当は It was から始まってしまうという。。。
多分、お天気の話なので、いつもの如く It was になってるんだと思うんですが、こう言うのは一度間違えると癖になるので、早めに気を付けて矯正していきたいです。(^^;

今日は、TRACK 19 をやりましたよっと。
今日は、far away について調べてみました。

と言うのも、

あなたが行きたいところは遠いですか?
(Is the place where you want to go far away?)

と言う例文の 『遠い』 と言うのは、far away でなく、far だけでもいいんじゃないかと思ったからです。
という訳で、色々と調べてみると、far awayについて - 楽天 みんなで解決!Q&A と言うページを発見しました。

これによると、be 動詞の補語になる副詞(この場合 far )があるんだそうです。
例えば、My father is out. 「父は外出している」ような感じの。

で、far away もこんな感じで be 動詞の補語になれるらしいです。
the places is far away. 「その場所は遠くはなれている」
これに関係副詞をくっつけて例文にしたのが、今回やったこの問題なのでした。

で、何で far に a way が付いているかってことなんですが、far ってのは、元々否定文疑問文につくものらしく、
普通の文に使うときには、away などの副詞がついているか、a long way を使わないとダメなんだそうな。
(今回の例文は、疑問文だったですが。。。(^^; )

↑このページのトップヘ