2015年11月

今回は Track 3 と 4 と 5 と 6 をクリアしました。(^.^
今日書くことは特にありません。

今回は Track 1 と 2 をクリアしました。(^.^
今回から、12回目初代スラスラ瞬間英作文中1・中2レベルの開始です。

今回も引き続き、わからないところがあればできるだけ解決したり、間違い易いところを間違えないようにトレーニングしたりと、鈍亀状態で能力の向上具合が今ひとつ分かり辛かったりしますが、今回もコツコツ頑張っていこうと思います。(^^ゞ

今回は Track 20 と 14 をクリアしました。(^.^
Track14間違い易いTrackでしたので、きりが良いと言うのもありまして、今回再度やり直すことにしました)

今回で、11回目初代スラスラ瞬間英作文中1・中2レベルの終了です。
ついに11回目も終了してしまいました。(´-ω-`)
かなり慣れてきましたので、丸暗記に近い例文もチラホラ。

で、やっぱり間違いやすい例文は間違いやすいです。
(刷り込み間違いをしていて、間違いやすくなっている例文が集中的に間違えます)
こう言う例文が間違いにくくなるまでは、できるだけ頑張って継続した方がよいのかなと思います。

長文については、徐々に慣れてきました。
昔は、長文の英作文が (ノ`Д´)ノ彡┻━┻ 状態 だったですので、鈍亀並ではありますが、これでもだいぶと慣れてきたんだなと思います。(;´∀`)

そのようなわけで、次の12回目も頑張ってやっていこうと思います。(^^ゞ

今回は Track 18 と 19 をクリアしました。(^.^
今日書くことは特にありません。

今回は Track 17 をクリアしました。(^.^
ところで、今日もまた still 入りの文章を間違えてしまいました。( ̄^ ̄;)

間違いには2通りあって、still を yet と書いてしまうことが1つ目で、もう一つは still 自体を書き忘れることです。

このところは still を yet と書くことはほとんどなくなったんですが、still 自体を書き忘れるのは今でも続いています。

完全に鬼門状態になっちゃってます。
ほんとに困ったもんです。(;´_`)

どうしてこんなにも鬼門になっちゃったのか。。。
やっぱり、無意識の苦手意識とかあるんですかね。

今回は Track 15 と 16 をクリアしました。(^.^
今日書くことは特にありません。

今回は Track 13 と 14 をクリアしました。(^.^

ところで、昨日は海外のツアー旅行をするのに英会話は不要だと書いたんですが、やっぱり、自分で旅行内容を組み立ててホテル予約したり観光地巡りしたりする場合には、ある程度英会話はできた方が良いような気がします。

なので、そう言う海外旅行をする場合には、海外旅行用の英会話トレーニング本が便利ではないかと思います。

近年では、かなり沢山の海外旅行用の英会話の本が出てますので、それを聴き流しつつ、英会話をトレーニングすれば、英語が通じる国への海外旅行は、かなり楽になるのではないかと思います。( ´∀`)

ちなみに、今やってる瞬間英作文シリーズでも、 瞬間英作文トラベル編 とかありますし、 相手が話す英語もCDに収録!海外旅行ひとこと英会話CD-BOOK―出発から帰国まで聞き取るのも話すのもこれでパーフェクト など、出入国まで全部フォローしてくれる海外旅行用の英会話本なんて言うのもあります。

でもまあ、ツアー旅行なら不要なんですけどね。。。( ̄m ̄)
(ツアー内容が半ば個人旅行状態で、自由時間がたっぷりあって、英語を話せないと観光地巡りできないツアーだと必要かもですが・・・)


それと、海外旅行でも日本の空港発のフライトの場合、外国の航空会社でも日本語のできるキャビンアテンダントさん(スッチーさん)が乗っていることがあるようですので、そう言う航空会社のツアーを選べば、飛行機の中でも英語ができなくても大事には至りにくいかと思います。

でも、キャビンアテンダントさんの全員が日本語ができるわけではないですので、機内食や飲み物のサービスを受ける時はちょっとだけ苦労するかもですが、極々簡単な英語で語りかけてきますので、適当に注文したい単語を言えば通じちゃったりします。( ̄ー ̄)b

ただし、座席のお隣さんや機内でご一緒された方が、現地語以外には英語しかできなくて、しかも何かを伝えないといけない場合は、英語ができた方が無難かもと思います。
(たいていは軽い身振りで通じたりすることがほとんどですが。。。)

今回は Track 11 と 12 をクリアしました。(^.^

ところで、通常、海外旅行に行ったら英会話が必要になる可能性が高いわけですが、海外旅行は海外旅行でも、自分でホテルを予約したり、自分で観光地を散策しないと英会話は必要でなかったりします。

つまり、一般的な海外のツアー旅行では、英会話は不要だったりします。
(昔は、海外旅行で英語を話せなかったら食べたり飲んだりホテルに泊まったりが困っちゃう! オロヽ(´Д`ヽ ミ ノ´Д`)ノオロ と思ってたんですが、全然不要な悩みでした。(´-ω-`))

昔、タイに旅行に行った時は、親切で英語の堪能なタイの女性入国カードの記入方法教えて頂いた(ありがとうございました!┏○)))ので、その時はちょっと英語が必要でしたが、通常は、現地ガイドさんが同行してあれやこれやと案内とか手続きなどをしてくれますので、英会話とか不要だったりします。

ちなみに、私は自分で海外旅行の予定を立てたり、観光地巡りをしたり、ホテルの予約をしたりと言うのはとても無理だったりします。

全部、日本語が堪能なツアーガイドさん任せです。(≧艸≦)
ツアー旅行の場合、集団で行動するのが面倒くさくないかとか、自由行動しにくいとか言う方もおられるかもですが、私は極度の方向音痴な上に臆病な性格ですので、むしろ、顔なじみになったツアーの皆様と集団行動しつつ、海外旅行すると言うのがありがたかったりします。(´∀` )

でもって、そう言うツアー旅行ですと、基本的には日本語しか話しませんので、英語がほとんど要らなかったりします。( ̄m ̄)
(自由時間がたっぷりあって、英語を話せないと観光地巡りできないツアーだと必要かもですが・・・)

いやむしろ、京都の町中道や駅を尋ねられることの方が英語を要すると言うか。。。
(京都の有名な観光地はあまりにも外国人観光客の皆様が多いため、日本語があまり聞かれないのです。( ;∀;))

そのようなわけで、私にとっては海外旅行で英語は不要だったりします。
(Youtubeで英語でコメントを書き込みしたり、英語サイトや英語ブログを作るためでなかったら、多分、英語は勉強してなかったかも。。。)

今回は Track 9 と 10 をクリアしました。(^.^
今日書くことは特にありません。

今回は Track 7 と 8 をクリアしました。(^.^
ところで、前から思ってたんですが、『 ○○に驚いた|be suprised by 』 って言う英訳は、簡単そうに見えて、なかなかの鬼門です。

『 驚いた 』 と言うのは英語では 『 驚かされた 』 ですし(英語的感覚では、自発的に驚くのはあり得ないのであって、驚かされるのが普通)、『 ○○に 』 って言うのは、英語的には『 ○○によって 』by ○○)と言う書き方になりますので、どうしても間違いやすいです。(;´_`)

『驚いた』、そうか驚いたのか、じゃあ英訳すると『驚かされた』だな。(`・∀・´)

と、驚いたに注目して驚いたを間違えないように頑張ると、by ○○を付け忘れてしまったりするんであります。
または、by を付け忘れてしまったり。。。(´・_・`)

そのようなわけで、『 ○○に驚いた|be suprised by 』 と言うのは実に簡単な英文なんですが、英訳とか英作文する時は鬼門になるんだなあと染み染みと思う今日この頃なのでした。

↑このページのトップヘ