2017年06月

今日もまた、UNIT2をやりました。(;´∀`)
(全然終わらないなあー)

ところで、今日は sweep について調べてみましたよっと。

今まで、 瞬間英作文 では英作文の勉強だけに注力できるようにできるだけ簡単な英単語しか使われていなかったんですが、 英単語フレーズ大特訓 では英単語の勉強をしますので、出てくる単語も難しくなっています。

例えば、掃除する

瞬間英作文では単に clean だけだったんですが、英単語レーズ大特訓では掃き掃除の時は別の英単語になってます。

それが、このUNITで初めて目にした sweep です。
でも、スイープと言うのは、前にも見たことがあるんですよね。

何だったかなー何だったかなーと思って思い出してみたのですが、どうやらスイブルスイーパーとかの掃除機のスイーパーでした。(;´∀`)

電気回転するブラシ付きの掃除機によく使われているんですが、回転するブラシで掻き取るようにして絨毯やフローリングのゴミを取りながら掃除機がけするので、スイーパーとか言う名前になったのかな?とか思いました。
(全然違ったりして。( ̄m ̄))


軽量・コードレス・充電エコ掃除機!! ウルトラスイーパー HU-S35 (ブラック)

今日もまた、UNIT2をやりました。
今でこの有様なので、これもまた長くなるだろうなあと予感しています。(;´∀`)

ところで、前回から気になってたんですが、rince の意味、これが仰天なのです。
何と、リンスはすすぐと言う意味だったのです!

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

いやもう正直な話、リンスはコーティングするものと言う意味の単語だと思ってたんですよ。
それが、実は『 すすぐ 』とか言う意味だったとか、驚き桃の木です。

rinseの意味・解説

すすぐ、ゆすぐ、すすぎ落とす、洗い落とす、胃へ流し込む
胃へ流し込むとかって・・・。(;´∀`)
今から流動食をリンスしますとか言われたらビックリしちゃいますよね。( ̄m ̄)

と言うか、何でリンスをあんな使い方するようになっちゃんだろうとか思ったんですが、どうやら

a《主に米国で用いられる》 (シャンプーのあとに使う)リンス.
これが原因のようです。
(アメリカ英語かー)

今日からUNIT2をやったんですが、結果は大惨敗でした。(´・_・`)

何とゼロ点でした。

まだ慌てる時間じゃない(AA略 と言う感じもしなくはないんですが、それにしても酷いです。( ´Д`)=3
果たして、英単語フレーズ大特訓 が完了する日はくるのでしょうか。

ところで、今日やったUNIT2にはドハマリしたと言うか、多分覚えられなさそうな単語がありました。

それは、detergent です。

洗剤と言う意味なんですが、字面を見ただけで頭が拒絶反応してしまい、「 こんなんクリーナーでええやんねえ?・⌒ ヾ( ´ー`) ポイ 」とか思いました。

クリーナー 掃除する人・掃除機・洗剤
クレンザー 洗浄係・研磨剤
ディタージェント 洗剤・洗浄性の

ちなみに、語源とか接頭語とか一応調べてみたんですが、今ひとつよくわかりませんでした。(´・_・`)

とりあえず、出てきたのはこれだけです。

detergentの意味・解説

From French détergent, from Latin dētergēns the present participle of dētergeō, from dē (“off”) + tergeō (“wipe, polish”), from Proto-Indo-European *ters- (“dry”).

フランス語のdétergentから、dētergeō の現在分詞のラテン語の dētergēns から。
dē (“離す”) プラス、tergeō (“拭く・磨く”)、 インドヨーロッパ語の *ters- (“乾燥”)から。

つまり、こう言うことのようです。

de → 離す
tergent → 拭く・磨く
→ 洗剤


ホントに???(´゚д゚`)

という訳で、よくわからないので、とりあえず未解決カテゴリ入りしておこうと思います。( ̄m ̄)


最後に、detergentの意味・解説 のページには、
学校レベル    :    大学以上の水準    TOEICスコア    :    860点以上の単語
とか書いてあったんですが、これを覚えたら私、もしかして TOEIC860点 を取れちゃったりするんですかね?( ̄m ̄)

んなわけねーだろ!ヽ( ・∀・)ノ┌┛Σ)`д) ;∴ゲシッ


今日はUNIT1をクリアしました。∩( ・ω・)∩
(UNIT1をやり始めてから何日目ですかって話ですが。(;´_`;))

ところで、今日は前からわからなかった each bite について調べてみました。

each bite を分解してみると・・・
bite噛むって言う英語なのは前に調べたので知っているんですが、問題は each の方。

そう言えば、each のことは each other くらいしか知らなかったなと。

each 自体の単語自体、調べたことがなかったような気がするので(ヲイヲイゞ( ̄∇ ̄;))、今回、調べてみることにしたのでした。ヘ(^д^ ヘ)

eachの意味・解説

上のページを見ると、どうやら each は各々とか、各自とか言う意味らしいです。
なので、bite と組み合わせると、『 一口ごとに 』と言う意味になるっぽいです。(´・∀・`)

chew each bite carefully

一口ごとよくかむ.

with each biteの意味・用例

with each bite
ひとかみごとに
そう言えば each other って何なんだ?と思ったので、ついでにこれも調べなおしてみたんですが、
other他のとか別のとかもう一つのとか言う意味でですので、each と合わせると、他のが各々と言う意味になり、お互いにと言うことになるっぽいです。
(多分!(`・ω・´))

each otherの意味・解説

今日もまた、UNIT1をやりました。

ところで、今日は bite と bite into について調べてみました。

He bite into a sandwich.
かれはサンドイッチにかぶりついた。

確か、bite噛むと言う意味なんですよね。

biteの意味・解説

では、bite into は何だと言うと。

bite intoの意味・解説

噛み付くとかかじりつくと言う意味っぽいです。
Webilio の例文を読むと、bite into の方は『 中に食い込んでいる様子がある 』のかな?とか思います。

Acids bite into metals.
酸は金属を腐食する.

侵食していってる感じといいますか。(^.^;

と言うことを考えると、into がなければ彼はサンドイッチに噛み付いたアレな人みたいになっちゃうので、やっぱり、into はあった方がよいのかもです。
(ほんとにー?( ゚艸゚;))

今日もまた、UNIT1をやりました。
(ずっとこればっかりやってるなー)

ところで、今日は前から謎だった lick ○○ off △△ について調べてみました。

確か、lick だけでも舐めるの意味があるんですよね。
でも、何故か off が付いちゃってると。(´・_・`)

lickの意味・解説

The dog licked the ice cream off my fingers.
犬が私の指に付いたアイスクリームをなめた。

で、調べてみたんですが、どうやら、ただ単に『 ○○を舐めた 』だけだと licked ○○になりますが、 『 ○○の△△を舐めとった(舐めた) 』と言う場合は、 lick ○○ off △△ になるっぽいなと。

多分です。
確信は持てないんですが、こんな感じで書かれてますので。

The child licked the jam off his lips.
その子は口の回りのジャムをなめて取った

と言うわけで、絶対と言うわけではないんですが、多分、こうだろうなあと言う感じで覚えておこうと思います。(^^ゞ

今日もまた、UNIT1をやりました。
(オワラナイナー (;´_`;))

ところで、今日気になったのは以下の例文です。

I think it is bad manners to slurp spaghetti.
音を立ててスパゲティを食べるのは行儀が悪いと思う。

簡単な例文なんですが、bad manners のmanners が複数形になっているのが謎で、少し調べてみました。

すると、どうやらお行儀について言う時は複数形の manners になるようです。(´・∀・`)

英会話きちんとフレーズ100

というわけで、次からは間違えないように頑張ろうと思います。ヘ(^д^ ヘ)

今日もまた、UNIT1をやりました。
(もうずっとUNIT1をやり続けて終わりそうな悪寒・・・。(;´_`;))

ところで、今日は slurp について調べました。

slurpの意味・解説

すると、例題と同じように 音を出して食べる = 啜る(すする) だったんですが、この単語、どっかで見たことがあるなあと思ったら、yahoo slurp でした。

Yahooの検索エンジン用のクローラーの名前です。

でも、何で音を出して食べるのがクローラー名なのかがちょっと疑問だったりします。
(クロール先のページをモグムシャしながら巡回してるからかな?)

というわけで、非常に覚えにくくて、後々まで引きずりそうな悪寒がしますが、頑張って覚えていこうと思います。( ´艸`)

今日もまた、UNIT1をやりました。

瞬間英作文 の時は、TRACK1 とか TRACK 2 でしたが、 英単語フレーズ大特訓 の方は UNIT になっています。

UNITは1単位とか一個とかそういう意味っぽいです。

unitの意味・解説

今日は英単語フレーズ大特訓のUNIT1の2回目になるんですが、あんまり上達の跡はないです。(;´_`;)

物覚えの悪い私に単語を覚えるとか所詮無理ゲーなのか、9問中、4問しか正解できませんでした。

ところで、今日気になったのは swallow です。
これってツバメじゃないの?って思ったんですが、飲み込むって言う英単語で使われてました。

Chew each bite well before you swallow it.
飲み込む前に一口一口よくかみなさい。

で、調べてみたら、swallow には『 飲み込む 』と言う動詞と『 ツバメ 』と言う名詞があるようです。(´゚д゚`)

swallowの意味・解説

滑るように飛ぶツバメなので、swallow なのかな?とも思ったのですが、どうやら語源は全然別で、たまたま同じ単語になっちゃっただけのようです。(;´∀`)
(マギラワシイナー)

謎多き動詞 “Swallow”

今日から、 英単語フレーズ大特訓 での英単語のお勉強を始めます。ヽ(´・∀・`)ノ
新しい教材で新しい勉強を始めるので、ワクワクドキドキしています。( ´艸`)

でもまあ、そんなワクテカな新疆はあっという間に吹き飛ぶんですがね。orz

00

これが英単語フレーズ大特訓の本です。
内側にCDが入っており、英語を聴きながら勉強できるようになっています。

01


でもまあ、使わないんですけどね。( ̄m ̄)
最近は、You Tubeにアップロードされたナショジオの動画とか見るのに嵌ってますし・・・。

全部英語なので、分からない単語もたくさんあるんですが、でも、映像が綺麗ですし、英語が少しだけ理解できますので、結構楽しんでます。(人´ω`)

Natgeo Documentary HD

というわけで、早速1回目の英単語フレーズ大特訓をやったんですが、結果は惨敗でした。(。-´ェ`-) シュン

一応、単語の解説とか載ってるんですが、調べ直さないといけない単語が多すぎです。
文法は、 瞬間英作文 をやっていたので全然余裕でした。(^_^)v

瞬間英作文をやりまくっていましたので、多分、文法についてはあんまり調べることはなさそうな予感がします。
(とか言いながら、調べまくることになったりして。( ̄m ̄))

ちなみに、今回は食べる系の単語が多かったです。

噛むとか飲み込むとかそういうやつです。
bite くらいしかしらなかったので、めちゃめちゃ困惑しました。( ノωノ)

で、後ろの方のページを見ると、こう云うのが延々と続くようで、さらに落胆。( ´Д`)=3

でもまあ、一歩ずつやって行けばいいんですよね。(´・_・`)

多分、瞬間英作文のように、何年か経つとびっくりするくらい上達してるかもしれないですし、ね・・・。( ;∀;)イイハナシダナー

というわけで、いきなり暗雲が立ち込めてしまっていますが、ボチボチ頑張っていこうと思います。ヽ(´・∀・`)ノ

↑このページのトップヘ