2017年09月


今日もUNIT16をやりました。

今回のUNITでは、知らない単語が多いですが、anticipate もその一つです。
正直、これ、覚えられる自信がないです。(;´_`;)

私の頭性能では、少し困難な感じがしています。

anticipate を分解するにしても、anti(アンチ?)+ ci(?) + pate(一部)だと、却って頭が混乱するだけですし。(´-ω-`)

あ、ちなみに、Webilio に出ていましたが、 本当は ante + cipate と言う組み合わせみたいです。(^^ゞ
(anti ではなくて ante)

http://ejje.weblio.jp/content/anti
【語源】
ラテン語「(…より)先に取る」の (ANTE‐+‐cipārecapere ‘take')

と言うか、こう言うところも普通に間違えていくというね・・・。(。-´ェ`-) シュン

世の中には、見ただけでドンドン記憶できてしまう、凄まじく裏山な脳みそを持った人がおられるようですが、そう言う頭を持った人が、本当に羨ましいなと思います。
(私もそう言う頭を持っていたら、人生が遥かに楽だったろうになあ・・・。(T^T) )

今日からUNIT16をやります。

なんかもう、最初から嫌な予感が漂いまくっておりました。

似た日本語の単語がツラツラと並んでいると、英訳する時に何がどの英単語だったか思い出せないので、英訳する時に非常に混乱するのでありますが、どうやら今回もそのパーティーンのようです。

例えば、推察すると言う英単語の場合、何種類もあるのはわかるんですが、それがツラツラと並んでしまうと、どれがどの単語か混乱するといいますかね。
(日本語の下に英語のヒントを小さく書けば無問題!(≧∇≦)b)

ところで、今日は imagine ○○self △△ing でイメージすると言うのを知りました。

最初は、○○self が無くてもええんちゃう?みたいに思いましたが、それがないと、誰がどうなるのを想像するのかがわからないので、やっぱり ○○self はないとダメかなあと思いました。

という訳で、次は間違えないように頑張ろうと思います。(・Д・)ゞ

今日もUNIT15をクリアしました。
今回は知らない単語が少なかったので、割と早く終われました。ヽ(´・∀・`)ノ

と言うかですね、ちょっとズルしなから英訳したのです。(´-ω-`)

あまりにもわからなかったので、日本語の下に小さくカタカナで英単語の最初の1~2文字をチロチロっとですね・・・。

書いたのでありますよ。

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

だって、日本語の単語を見ても英単語を全然思いつかないんですもん。
最初、から始まったか、から始まったかとかすら思い出せないのです。

書くしかないでしょって言う!:・(≧ε≦)ブッ

ところで、今日やったUNIT15の⑤の例文では、long leave で長期休暇となっていました。
でも、確か休暇って言うと vacation じゃなかったでしたっけ?

この点がかなり謎だったので、ちょっと調べてみることにしました。


どうやら、休職する時の休暇は leave で、ガチ休暇の時は vacation を使うみたいです。( ̄m ̄)

かなりスッキリしました。ヘ(^д^ ヘ)

今日もUNIT15をやりました。

ところで、今日は You bet I wil.について調べてみました。

You bet I will.
やって見せますよ。
bet 賭けると言う意味の英単語です。
多分、ポーカーでお馴染みのあれです。( ̄∀ ̄)

で、you bet ってなってますので、多分、そのまま訳すと『 あなたは賭ける 』になります。

英単語フレーズ大特訓の例文では、何故かその後  I will が続きます。

( ´Д`) ハァ?

とまあ、こんなわけで、You bet I will について調べた結果、この you bet 、賭けるとは全然違う意味で、結構頻繁に使うらしいです。

肩凝らないひと口英語:便利な you bet ...
You bet!「もちろん!」「どういたしまして!」

こんなんなら、Of Course! I will. でええやんねえ?┐(´∀`)┌とか思う気持ちを抑えつつ、上のページを参考にして、例文の意味を考え直すと、

You bet I will.
やって見せますよ。
(多分ですが)OK!もちろんやりますよ!って感じの日本語文になるのかなと思いました。

今日もUNIT15をやりました。

ところで、前から疑問だったんですが、UNIT15の⑥と⑨の例文の have to の使い方がちょっと謎です。

申し訳ありませんが、このご招待は辞退させていただきます。
I'm sorry I have to decline this inveitation.

辞退させていただきますが、have to decline になっています。
これ、普通に decline じゃだめなのかなあと思うのです。

あと、この例文。

誘ってくれてありがとう、でも今夜はやめておくよ。
Thanks, for the invitation, but I have to pass tonight.

これも、何で have to がついてるの?って感じで非常に謎です。

もしかして、仕方なく感を出すために(行きたいけど辞退しないといけない、行きたいけどパスしないといけない感を出す)、have to がついてるんですかね。(・∀・;)

という訳で、ちょっと謎なので、未解決カテゴリに入れとこうと思います。(^^ゞ

今日もUNIT15をやりました。

ところで、今日はお断りする・辞退するなどの英単語の使い分けが今ひとつわからない(どころか殆どわかってないですが)ので、ちょっと調べてみました。

deny
これは個人的に知りたかった単語です。
Apacheでよく使います。
(海外からの不正アクセスの拒否にめっちゃ使います。( ̄m ̄))

http://ejje.weblio.jp/content/deny

否定する、(…を)否認する、(…を)知らないと言う、(…に)関係がないと言う、(…が)否定する、拒む


decline
減少するとか言う意味があるので、ご遠慮します的なニュアンスかも?と思います。
例文でも、辞退させていただきますと書かれてありました。
(ていねいに)辞退する、断わる、傾く、下を向く、衰える、堕落する


refuse
英単語ヒントで『 きっぱり断る 』と書かれてあるので、かなりキツイ断り方みたいです。
断わる、拒絶する、拒否する、辞退する、はねつける、拒む


reject
refuse よりもさらにキツイ断り方のようです。
拒否する的な感じかも?です。

http://ejje.weblio.jp/content/reject

拒絶する、却下する、拒否する、不合格にする、申し出を断わる


上の単語たちをまとめるとこんな感じですかね。


deny
否定する

decline
辞退する・丁寧にお断りする

refuse
断る

reject
拒絶する


deny は拒否かと思ってたんですが、否定だったんですね。(´・_・`)
間違って覚えてました。
(アクセス拒否する時に deny 使ってましたので。(;´∀`))

decline はやんわりとお断りしますって感じで、refuse は拒否る感じ。
reject になると猛烈に全力でお断りする感じ。

間違えているかもですが、個人的にはかなりスッキリしました。ε-(´∀`)

今日からUNIT15をやります。

今回はそれほど大変そうな単語も少なそうなので、早く終われるかも?です。
(などと悠長なことを言っている場合は、長引く可能性が高い)

ところで、今日は UNIT15の③について調べました。

この申し出を受けていただければとても嬉しいのですが。
I'd be very happy if you could accept this office.

UNIT15の③は、上のようになっています。

でも、私は I'll be very happy ではダメなのかなと思ったのです。
(I'll be very happy if you can accept this office.)

そんなわけで、ちょっと調べてみることにしたのでした。

I would be happy to work with .../アルコムワールド

どうやら、丁寧な感じで言うので I would になっていたようです。
(あんまり自信はないですが。(;´∀`))

仮定またはwillを丁寧に、控えめ表現するためにwouldを使ったという解釈でいいかと思います。

例文の日本語かなり丁寧な感じになっていますので、なるほどなと思いました。(^.^

英語には丁寧語はないとか大昔は思っていましたが、ここのところは、英語にも丁寧語があって、しかも色々とバリエーション豊富で難しそうだと思うようになりました。( ´Д`)=3

頭が、新単語と丁寧語や新しい言い回し等々で混乱しつつありますが、新たなステージに登りつつあると思って、前向きに頑張ろうと思います。(^^ゞ

今日はUNIT14をクリアしました。∩( ・ω・)∩

ところで、今日は deal と trade の違いについて調べてみました。
両方とも、取引の英語です。

でも、どっちがどうなのか今ひとつよくわかっていませんので、今後のことも考えて、ちょっと調べておくことにしました。

すると、答えがすぐに見つかりました。

「取引する、取引、取引先」はどう表現する?

何かこう、deal は見たこと無いなあとか思ったら、株とか金融系の取引は trade で、普通に駆け引きみたいな取引の時は deal が使われているんだそうです。

そりゃ、毎日毎日、株とか為替とかのネタばっかり見てたら、トレードしか見ませんよね。( ´艸`))
(漬け込み中の株たちが買値に戻らんとです。(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`))


という訳で、deal は今後も(は)使いそうなので、しっかりと覚えておこうと思います。

今日もUNIT14をやりました。

ところで、今日は oblige意味と使い方について調べてみました。

ちなみに、例文では、I'm obliged ~と書かれてありますので、強いられている(受動態)で使われているようです。

http://ejje.weblio.jp/content/oblige

obligeの読み方
oblige の読み方は、オブラでした。
オブリッジとか思ってましたので、少し拍子抜けでした。(;´∀`)

oblige の意味
意味は、義務を負わせる、余儀なくさせるとか言う意味でした。


あと、ついでに oblige と force 違いも調べてみました。


force は、物理的・権力的にガツンと強いる感じ
oblige は、やむなくやる感じ

みたいです。( ´∀`)
(多分!)

という訳で、次からは間違えないように頑張ろうと思います。(^^ゞ

今日もUNIT14をやりました。

ところで、前から疑問だったんですが、UNIT14の⑦のこの例文。

I wish I could join you.
一緒に行けたらいいんだけど。

この例文だと、go がないんですよね。(´・_・`)
『 行けたら 』ってのはどこ言ったんだろうって思ったので、ちょっと調べてみました。

でも、残念ながら答えにはたどり着けませんでした。(´-ω-`)

ご一緒できたらと言う場合は、join が良いようなんですが、行けたらとか書いてありますしおすし。( ´Д`)=3

という訳で、これは未解決カテゴリーに入れておこうと思います。

↑このページのトップヘ