2017年11月

今日からUNIT22の開始です。
今回も簡単そうな単語が多いので、比較的早く終われそうです。( ´艸`)

でも、もうすぐ12月
第1章は25UNITまでありますので、今年中に第1章をクリアするのは難しそうです。(´-ω-`)

でもまあ、ボチボチゆっくりでも、とにかくやるしかないので、頑張ってやっていこうと思います。

ところで、今日は enlarge と expand の違いについて調べてみました。

どちらも大きくする系の意味の英単語なのですが、どちらがどう言う風に使うのかが今ひとつわからないので、ちょっと調べてみることにしたのでした。


(…を)大きくする、増補する、引き伸ばす、拡張する、広くする

原義は「大きくする」。1.物を「拡大する」、写真を「引き伸ばす」(他動詞用法)、2.物が「拡大する」、写真が「引き伸ばされる」(自動詞用法)という意味で使う。


広げる、拡大する、拡張する、拡充する、膨張させる、ふくらませる、発展させる、(…を)(…に)拡大する、(…を)展開する

★【類語】 expand は大きさ・量などが内部の力で大きくなるの意の最も普通の語

これをまとめるとこんな感じ。

enlarge
○○を大きくする
○○を引き伸ばす
→ 拡大したり引き伸ばしたりする

expand
○○を広げる
○○を拡大する
→ (内部の力で)大きくなる

一番の違いは、ボワボワッと自分で膨らんでいくか、大きく伸ばされるかの違いですかね?
(ホントに??????)

確信は全然ないですが、よくわからないので、多分こう言うことだろうということで、今は納得しておこうと思います。( ̄m ̄)
(そのうちわかる可能性に期待!)

今日でUNIT20が終わりました。
うん、やっぱりUNIT20は早めに終われました。∩( ・ω・)∩

ところで、今日は英語の飛行機の座席予約について調べてみました。

英単語フレーズ大特訓 では、飛行機の予約arrange が使われていたからです。
もっと別の単語かと思っていましたので驚きました。(;´∀`)


整える、整頓(せいとん)する、配列する、配置する、順序立てる、整理する、前もって整える、用意しておく、手配する、準備する

アレンジは、お花とか音楽とか絵に手を加えて加工する的な単語だと思っていたのに、整えるとか、整理するとか、手配するとか、私が抱いていたイメージとはだいぶ違いました。(´・_・`)

と言うか、編曲=アレンジと言う意味があるようなので、楽曲をアレンジするのは特に問題はなさげですが、アレンジは整えるとか言う意味があるようですので、絵とか文章をアレンジすると言うのは、英語意味からすると、結構失礼な感じがしなくもなかったり。(;´∀`)
(アレンジしました!(`・∀・´)ノとか、言われると軽く落ち込むレベル)

今日もUNIT20をやりました。

元々の英文が非常に簡単なものが大半なので、英単語が楽だと早めに終われるので良いですね。
(あんまり勉強にはならなさそうですが。( ̄m ̄))

ところで、今日は recruit について調べました。

と言うのも、 英単語フレーズ大特訓 の例文を見ると、どうも私の考えていたリクルートとは違うようなのです。

私が思っていたリクルートとは、転職や入社試験的なものです。
(リクルートスーツとか、リクルート中の学生とか言いますし)

でも、どうやら社員の事をリクルートって言うようなのです。
そんなわけで、recruit について調べてみました。


新兵、補充兵、(…の)新会員、新党員、新入生、新入社員、新メンバー

Webilo を見ると、リクルートは新兵とか新入社員と言うことのようです。
でも、確か例文では、new recruit と書いてありました。

そこで、new recruit なんてあるのかと思ったら・・・


新人、新兵、〈職工など〉・新米、〈職場の新入り〉・フレッシュマン

ありました★

意味もほとんど一緒です。
(それなら、new なんていらんやんねえ?(´・_・`))

ちなみに、新入社員の英単語は、他にもこういうのがあるようです。

new employee
a new worker
incoming employee

そのうち、employee と woker の意味の違いも調べなきゃですね。( ´Д`)=3

今日もUNIT21をやりました。

ところで、以前調べたような気はするのですが、duty が何だったのか忘れてしまったため、duty の意味と、work と duty の違いについて、また調べ直すことにしました。
(新しいことを覚えると、古いことが抜け落ちていく悲しさよ。(T^T) )


【dutyの意味】
義務・職務・任務・税

dutyの意味・解説

【work と duty の違い】
work 仕事
duty 職務

英語で「仕事」を表現する単語の使い方・使い分け方


duty 義務的な意味あいが強いので、職務とか任務とか言う時に使う英単語のようです。
(duty を思い出した上にスッキリしました。( ̄∀ ̄))

今日もUNIT21をやりました。

ところで、今日は heritage を調べました。

読み方もよくわからないですし(ヘリテージ?ヘリタジ?)、意味も知っておきたかったので、一応、調べてみることにしたのでした。

heritageの意味・解説

【読み方】
ヘーリテージ

【意味】
世襲財産・先祖伝来のもの・遺産

すっきりしました。( ̄∀ ̄)

初めて見る単語ですので、一発で覚えるのは無理そうですが、ボチボチと覚えていこうと思います。

今日もUNIT21をやりました。

ところで、今日は designate について調べてみました。

確か、signate で署名するとかサインすると言う感じだったと思うのですが、designate の場合は、指定するとか指名するとか言う意味になってしまいます。
(なんでや・・・)

という事でちょっと調べてみたら、どうしてこう言う英単語になったのか書かれたページを発見しました。

sign | 英語の語源 by llll - English Tutors Network

下に印をする → 指示する

ああ、何とわかりやすい!((((((((((((*ノノ)

という訳で、次まで覚えていたら、間違えないように頑張ろうと思います。(^^ゞ


今日もUNIT21をやりました。

ところで、今日は choose と select の違いについて調べてみました。

どっちも選ぶ系の単語ですが、どっちがどう違うの?とか言われると返答に困る感じだったので、ちょっと調べてみることにしたのでした。

すると、わかりやすいページを発見しました。ヽ(´・∀・`)ノ

英語で「選ぶ」を意味する動詞の意味の違いと使い分け方

どうやら、こういうことのようです。

厳選した
→ セレクト

良さげなのを選んだ
→ チョイス

スッキリしました。( ̄∀ ̄)

と言うか、デパートの通販サイトなどで見る『 セレクション 』って、『 厳選 』だったんですね。( ̄m ̄)
(チョイスとセレクトだと、セレクトの方がバイアーさんが厳選した感が伝わりますね)

少し納得しました。

今日からUNIT21の開始です。
今回はそれほどしんどそうな単語はありません。

・・・ので!

早く終われると(よいなあ)と思います。(^^ゞ
(とか言ってる時は早く終われない法則)

ところで、今日は decide と determind の違いについて調べてみました。

瞬間英作文はほとんど簡単な単語だけでつくられた英文が多かったですが、英単語フレーズ大特訓では、似たような意味を持つ難しい英単語が次々に出現します。

でもそのぶん、使い分けを調べる手間がかかるのが大変なわけですが、でも、元々これを勉強するために買った教材ですもんね。

苦手作業で大変ではりますが、やっていかないとです。(;´∀`)

という訳で、decide と determind の違いについて調べていたら、すっごいわかりやすいページを発見しました。

determineとdecideの違い

という訳で、次からは間違えないように頑張ろうと思います。(^^ゞ







今日でUNIT20が終わりました。
やっぱりUNIT20はそこそこ時間がかかってしまいました。

でも、最近気がついたのですが、わからなかった単語も後のUNITで使われることがあるので、後で勉強し直せることがチラホラありました。

そんなわけで、後ろに行けばいくほど、英単語の勉強が楽になるかも???と少し期待しています。(ヾノ・∀・`)ナイナイ
(でも、派生した英単語も覚えやすくなると思いますし期待大かも???(;´∀`))

ところで、日本ではよく「この作品は、○○さんの作品をインスパイアして作りました!(`・∀・´)ノ」とか言うことが言われますが、英語で inspire は主語になる人が感銘を与えるってことなので、『 感銘を受けた 』だと 『 be inspired by ○○ 』になってしまうのかなとかぼんやりと思うことがあります。

そんなわけで、今日はインスパイアについて調べてみました。
鼓舞する、激励する、発奮させる


inspired ○○
○○を鼓舞した・励ました・発奮した

The teacher inspired us to greater efforts.
先生はより一層努力をするよう私たちを励ました

△△ be inspired by ○○
△△は、○○によって鼓舞した・励ました・発奮した

We were inspired by his speech.
私たちは彼の演説で奮い立った

日本語では、○○によって奮い立たされたとか、発奮させられたとかはあんまり言わないので、英語では受動態みたいになっちゃいますが、実際に日本語訳する時には、日本分は受動態ではなく『 私たちは奮い立った 』とかと言う書き方になるのかもです。
(多分ですが)

なので、最初に書いた、インスパイアして作りました!(`・∀・´)ノ は、大丈夫な使い方なのかな?とか思いました。
(多分!)

今日もUNIT20をやりました。

ところで、今日は extendエクステかどうかについて調べてみました。
これって、多分ですが、あのつけ毛のエクステのことですよね。



エクステと言うのは、髪に取り付けるつけ毛のようなもので、短い髪でも長くしたり、色違いのエクステを取り付けることで、マダラの髪の毛にすることが出来るというヘアアイテムのことです。

extendと言うのが延ばすと言う意味ですので、もしかしてもしかすると?!とか思い、調べてみることにしたのでした。


するとどうやら、日本でエクステ(エクステンション)って行ったのは、英語ではヘアーエクステンション(hair extension)と言われているようです。

元になっている単語は、extensionです。


伸長、拡張、延長などの意味のようです。

extend との関連とか調べたのですが、よくわかりませんでした。(´・_・`)
(多分、根っこは一緒だとは思うんですが・・・)

↑このページのトップヘ