2017年12月

今日でUNIT1をクリアできました。∩( ・ω・)∩
思った以上に早かったです。

でも、問題はここからです。
今はまだ、走り始め状態なので、ここからズルズルと長くなっていくんだろうなあと思います。(;´_`;)
(前回は7ヶ月くらいだったので、今回は5ヶ月くらいで追われると良いなあ・・・)

ところで、今日は at christmas について調べてみました。

以前、瞬間英作文でクリスマスにと言うのを英訳した時は、on christmas だったと思うのですが、英単語フレーズ大特訓では、at christmas と書かれてありました。

という訳で、非常に謎なので、ちょっと調べてみることにしたのでした。
すると、私以外にも悩んでおられる方がチラホラおられるようで、こう言うページを見つけました。


これを読むと、クリスマス期間のときは at で、クリスマスの日の時は on になるみたいに書いてあります。

ホンマカイナ?
と思い、さらに調べると、本当にホンマだったようです。


という訳で、今後は使い分けができるよう頑張ろうと思います。(^^ゞ

今日もUNIT1をやりました。

ところで、英語には肉の単語動物単語が違っているものがあります。
例えば

豚は pig ですが、肉になると poke になります。
鶏は hen だったり cock だったりしますが、肉になると chicken になります。

pig が pork(豚肉)、cow が beef(牛肉)―英語では動物と肉の名前が変わるのはなぜ?

という訳で、七面鳥の turkey はどうなるのか調べてみることにしたのでした。

七面鳥の英訳
turkey

七面鳥の肉の英訳
Turkey

どちらも同じターキーでした。
豚とか鶏とか牛みたいに、生物と肉で英単語が変わることはありませんでした。

ちなみに、七面鳥のターキーの語源を調べてみたら、こんなページを発見しました。


何で七面鳥がターキー(トルコ)なのかと思ったら・・・
(イギリス人の適当さには脱帽!)


今日から UNIT1 の開始です。
二回目の第1章です。

1回目は5月から開始して7ヶ月ほどかかりました。
今回はどのくらいかかってしまうのか・・・

考えるだに恐ろしい(((゙◇゙))) ブルブルですが、ブルブルしていても仕方ないので、またチマチマやっていこうと思います。
(英単語の勉強が終わる頃には後期高齢者になってたりしてー ( ´Д`)=3)

ちなみに、第二章、第三章でかぶっている英単語やフレーズも多いですので、ここできっちりやっておけば、後々楽かなと思いますので、がんばって第一章をやっていこうと思います。(・Д・)ゞ

今日でUNIT25をクリアできました。∩( ・ω・)∩
これで、1回目の第一章をクリアできました。

本当に長かったです。(;´∀`)
でも、私は英単語がダメ過ぎる状態でしたので、個人的には実りがあった勉強でした。

ただし、最初の頃のUNITをチラチラ確認したのですが、かなりの英単語を忘れてしまっていました。\(^o^)/

という訳で、まだ2回目を開始する前から、2回目も長引くだろうなと言うことが容易に予想できてしまったのでした。
(この調子だと、今回は15~19回くらい回すことになるかなあ・・・。(;´_`;))

ところで、前々からうーん( ̄^ ̄;)と思っているのですが、UNIT25の⑧のこの例文。

Hurry up, or we'll miss the last train.
急がないと、最終電車に乗り遅れるよ。

これなんですが、例文ではこう言うふうになっていると思うのです。

「急がないと最終電車に乗り遅れるよ」
相方「そだね、急ごう!」
二人「急いで駅までレッツラゴー」

でも、私はこう思っていたのです。

「急がないと最終電車に乗り遅れるよ」
相方「まじで?ならば急がねば」
相方「んじゃあ帰るわー。バイバーイ」

なので、Hurry up, or you'll miss the last train. と書いていました。

そのようなわけで、『 急がないと 』と 『 最終電車 』の間に『 私達は 』と入れておきました。( ̄∀ ̄)


今日もUNIT25をやりました。

今日は fall と drop の違いについて調べました。

どちらも落ちると言う類の英語です。
が、多分、両方に意味の違いがあるんだろうなと思ったので、調べてみることにしたのでした。

すると、非常にわかりやすいページを発見しました。


目からうろこです。(´・∀・`)
次からは、うまく使い分けられるよう頑張ろうと思います。(^^ゞ

今日もUNIT25をやりました。

今日は harms と hurt の違いについて調べてみました。

どちらも傷つけると言う意味の英単語のようなのですが、どっちがどうなのかよくわからないので、調べてみることにしたのでした。

すると、分かりやすくまとまったサイトを見つけました。


例文では、大気汚染は健康に害を及ぼすと言うので harm が使われていましたが、こう言う特殊な感じ出ない限りは、普通は hurt か injure かでいいのかな?とか思いました。

と言うか、ダメージは普通は生物以外に使われるとは驚きでした。
だって、普通に言いますもんね。

○○は 1000ダメージを受けた!とか・・・

はあ? (´゚д゚`)

という訳で、わかったようなわからないような感じになってしまいましたが、次はさくっと思い出せるよう、頑張ろうと思います。(^^ゞ

今日もUNIT25をやりました。

ところで、今日はUNIT25の④の pollution について調べました。

最初、population かな?とか思ったのですが、どうも違うようなので調べてみることにしたのでした。

【pollutionの意味】
pollution の意味は、汚染公害汚染するもの堕落などです。
かなりヤバそうな単語。
例文では、air pollution大気汚染となっています。

【pollution の読み方】
pollution の読み方は、ポリューションです。


という訳で、次からはできるだけ思い出せるよう、頑張ろうと思います。(^^ゞ

今日から UNIT25 の開始です。
UNIT25が第一章の最後のUNITです。

今回やり始めた英単語フレーズ大特訓は、かなーーーーーーーーーーーーーーーーーり、しんどい英語の勉強でしたが、これが第一章最後のUNITかと思うと感慨深いです。。゜(>д<)゜。

まだ、三章あるうちの一章ぶんを1回しかやってないんですけどね。( ´艸`)
(しかもまだ、UNIT25はクリアできていないですし。( ̄m ̄))

ちなみに、以前、瞬間英作文 で散々やった injure の使い方について、かなり忘れてしまっていました。

be injured in とか got injured とか色々と。
(injure の単語自体は覚えてたんですけどねー ((((((((((((/_;))

という訳で、今度こそは忘れないように頑張ろうと思います。(^^ゞ

今日はUNIT24を終わりました。

UNIT24は意外と早くに終われました。ε-(´∀`)

知らない単語は多かったですし、調査する系の単語が豊富なので、推察する単語時のように大混乱で長引くと思ったのですが、そんなことはなかったです。
(explore とか search とか、ほとんどボーナス問題でしょっていう)

ところで、今日は前々から疑問だった customs officer について調べてみました。

custom と言うと、習慣とかお客さんと言う意味だったと思いますが、これが何で税関職員?と言うのが謎だったので、調べてみることにしたのでした。
(あたしゃてっきり tax なんちゃらとか言うのかと思いましたよっと。( ´艸`))


慣習、風習、慣例、愛顧、引き立て、お得意、顧客、関税

すると、custom の中に、もうすでに関税と言うのが入っていました。(;´∀`)
これで関税なら、tax free とは一体・・・ウゴゴゴゴ・・・

という訳で、調べてみたのですが、どうやらこう言うことのようです。


customs
税関(機関)

duty(import duty・customs duty)
関税

tax
関税以外の国内で課される税金

メチャメチャスッキリしました。( ̄∀ ̄)

でも、慣習とか習慣と言う意味の単語と税関が一緒と言うのが、なんとも謎です。
(どうしてこうなった・・・)

今日もUNIT24をやりました。

ところで、今日は wait a minutesjust a moment違いについて調べてみました。

どっちも『 待って 』と言う意味だったような気がするんですが、どっちがどう違うのか今ひとつよくわからない感じでしたので、ちょっと調べてみることにしたのでした。

すると、すぐに答えの書かれてあるページを発見しました。


wait a minutes は、かなり切羽詰まった感があるようで、使い方に注意しないといけないようです。

just a moment の方は、会社でも使える丁寧な感じのようなので、実際に使うのであれば、こっちがメインになるかもです。
(今のとこ、使う機会はないですが。( ̄m ̄))

という訳で、次からは間違えないように頑張ろうと思います。(^^ゞ

↑このページのトップヘ