2018年02月

今日も UNIT14 をやりました。

ところで、UNIT14の④の例文なのですが、これの take out a loan と言うのがちょっとです。
テイクアウトって言うと、ハンバーガーのお持ち帰りのイメージがあります。

We need to take out a loan to buy a new house.
私たちは新しい家を買うためにローンを組む必要がある。

お持ち帰り?
お持ち帰りナンデ???

という訳で、ちょっと調べてみることにしました。


実際に調べると、取り出す、持ち出す、連れ出すと言った意味があるようで、謎はますます深まりました。

なので、さらにじっくり観察してみると、どうやら take out は、何かを申請したりする時にも使うようです。

住宅ローンもこの take out が使われるらしいです。

(transitive) To obtain by application by a legal or other official process.
take out a loan;
法的またはその他の公的な手順で申請すること。

という訳で、あんまり使う機会とかはなさそうですが、この際なので覚えておこうと思います。(^^ゞ

今日も UNIT14 をやりました。

ところで、UNIT14 の ①の例文。

これに少しだけ疑問があります。
疑問というのは↓です。

私は○○がありますと言うのは、have を使えることがあるので、I have でもいけるんじゃないかと、そう思うのです。

May I ask you a favor?
お願いがあるのですが。

この例文が、こうできるのではないかと。

I have a favor to(?) you.

なので、少し調べてみることにしました。


どうやら、I have でもいけるようです。ε-(´∀` )
ただし、文章は私の考えていたのとはかなり違いました。(^^ゞ

I have a favor to ask (of) you.

ちなみに、ついでと言っては何ですが、favor の意味も調べてみました。


ラテン語「好意,賛同」の意

favor は、好意・賛同・お願いと言う意味のようで、お願いするときとかに使うようです。

May I ask you a fover? は、ask の頼む お願いの favorお願いしても良いですか?と言う表現になるのかなと思いました。
(多分!)

今日から二回目の UNIT14 の開始です。

ところで、前から疑問だったのですが UNIT14⑤ のこの例文。

Do you want more cofee?
コーヒーをもっといかが?

いかが?と尋ねているので、丁寧な言い方なのかなと。
だとすると、Do you want ~だとあんまりよくないのかなと。( ゚д゚)

なので、Would you have の方が良いのかなと思ったのです。
そこで、Would you have ではダメなのか調べてみました。


Would you have a cup of coffee? と言う具合に would を使うと、相手が飲みたくもないものを飲んでもらうように依頼しているように感じます。

私の単純な頭では、wouldは丁寧に依頼するときの感じで、命令の後に来ない気がする。
Have a cup of coffee,ときたらwon'you?が自然に感じる。
ここまでは私の感じで、

うーん、どうやら Would you have を使ってしまうと、コーヒーを飲んで下さいと依頼している感が出てしまい、良くないようです。(;´_`;)

なので、丁寧に言いたい場合は、Won't you have more cofee? の方が良いようです。

と言うか、英語の丁寧な表現は難しいです。

英語は丁寧な表現が簡単とか思ってた馬鹿はどこのドイツだーo(`Θ´)○☆
(私です。(;´_`;))

瞬間英作文 はこの辺りの事が抜け落ち状態だったので、今勉強できてよかったです。( ̄∀ ̄)
(知らぬと大変)

今日で二回目の UNIT13 をクリアしました。

ところで、今日は wedding と bridal の違いについて調べてみました。
両方とも、結婚式と言う意味の英語です。

なので、何がどう違うのか調べてみたのでした。
すると、答えが書かれたページを発見しました。


どうやら、bridal花嫁という意味が強いらしいです。
(wedding の方はそんなでもないのですが)

ほんとに?
と言うことでさらに調べてみると、どうやら、古い用語的には bridal で結婚式はありなようです。


1結婚式や結婚式の饗宴を示す古風な用語
(結婚式または結婚式の祝宴のための古風な言葉)

the bridal march
結婚行進曲

で、bridal と wedding の結婚式の意味の違いですが、どうやら意味の違いはなさそうな感じです。

a marriage ceremony―a wedding―a bridal―nuptials
結婚式

上の全部の英単語結婚式のようです。(^.^

今日も UNIT13 をやりました。

ところで、昨日は forgive と sorry の違いを調べたんですが、その際、forgive 許すと言う意味があることを知りました。

ならば!

allow とはどう違うのか?

と言う疑問が出てきましたので、ちょっと調べてみることにしたのでした。
すると、答えの書かれたページを発見しました。


詳しくは、上のページを御覧いただきたいのですが、どうやら allow普通に許可することで、forgive悪い事を謝罪する時に使うようです。

allow ○○
許可してほしい

foregive ○○
(悪いこと)を許して欲しい

なので、UNIT13の⑨の例文の場合、allow を使うとおかしいと言うことになるのでした。
(スッキリしました。( ̄∀ ̄))

Please forgive the inconvinience.
ご不便をおかけしてすみません。

今日も UNIT13 をやりました。

ところで、今日はUNIT13の⑨の例文で使われている forgive と sorry について調べてみました。
両方とも、謝罪の時に使う英単語です。

Please forgive the inconvinience.
ご不便をおかけしてすみません。

前々から、これはsorry じゃだめなの?と思っていたので、ちょっと調べてみることにしたのでした。

すると、答えの書かれていたページを発見しました。


上のページを見ると、どうやらUNIT13の⑨の例文の場合は、どっちでもいけそうな気がします。
(と言うか、すみませんと書かれてあるので、どっちかと言うと sorry の方が良い?)

ちなみに、sorry を使う場合は、sorry が形容詞なだけに for をつけないといけないっぽいです。
(名詞かと思ってましたワン)


I am sorry for the inconvenience.
ご迷惑おかけしてすみませんでした。

あと、sorry for と sorry about の違いはなんだろうと思ったら、for は自分が悪いabout は周りが悪いと言う感じのようです。
(詳しくは、下のページを御覧ください)


とまあそんなわけで、一応、日本語の例文の下に 『 お許し下さい 』と付け加えておきました。ヘ(^д^ ヘ)
(書いてないと、ついつい sorry の方を使ってしまうので)

今日も UNIT13 をやりました。

ところで、今日は wedding と marriage の違いを調べてみました。
瞬間英作文では、marriage しか出てこなかったんですよね。( ̄∀ ̄)

なので、wedding は馴染みがないと。

確かに、ウェディングと言うカタカナ英語は頻繁に目にしていたわけですが、英作文では初なのではないかと思います。


どうやら、marriage は結婚とか結婚するで、wedding の方は結婚式とか結婚生活とか言う意味のようです。

結婚・結婚する
→ marriage

結婚式・結婚生活
→ wedding

という訳で、今後はちゃんと使い分けできるよう、頑張ろうと思います。(^^ゞ

今日から二回目の UNIT13 の開始です。

ところで、今日は inconvenience を調べてみました。
瞬間英作文をやっていた頃から、convenience は知っていたのですが、それに in が付くと不便になります。

これは如何に?

と思ったら、接頭語の in ○○でないと言う意味で、便利という意味の convenience と ○○でないの in が組み合わさることで、不便となっているようです。

in ○○でない
convenience 便利
inconvenience 不便


in の接頭語は今後もたくさん出てくると思いますので、この際、しっかりと覚えておこうと思います。
(これを忘れなければですが。( ̄m ̄))

今日で二回目の UNIT12 をクリアしました。

英単語フレーズ大特訓をやり始めて知ったんですが、接待の英単語って、client dinners なんですね。( ̄m ̄)

お客との食事・・・
確かに接待ではありますが。

と言うか、日本語の接待の方が不思議単語かもですね。
接するを待つとか・・・

今日も UNIT12 をやりました。

ところで、今日は以前から謎だった over sea 以外『 外国に』の英単語について調べてみました。

日本なら確かに over sea が海外になりやすいですが、陸しかない国の場合、over sea にはならないと思ったからです。

という訳で、外国に言う場合どうなるか、Webilio で調べてみました。
すると、この二つが出てきました。

外国の英語・英訳
overseas
abroad

両方とも、外国にになるようです。

あれ?
でも abroad って海外へじゃなかったっけ?(;´∀`)

・・・と思ったんですが、どうやら私の思い違いだったようで、国外へと言うのも abroad でOKだったようです。(≧w≦)


と言うか、もしかすると abroad の方が海に囲まれてない国にも使えて、汎用性がある感じなんですかね? ( ゚ェ゚ )
(間違いが起きにくいとか?)

↑このページのトップヘ