2020年06月

6月26日は UNI32 をやりました。
UNIT32で出てきた新単語を忘れまくっていました。(;´∀`)

barely ギリギリ
just awful 全くひどかった
absorutely 本当に


6月27日は UNI32 をクリアしました。


6月28日は UNI33 をやりました。
UNIT33で出てきた新単語を忘れまくっていました。(;´∀`)

offensive 不快な
rough 手触りの荒い

この他、前置詞間違いとか単語間違いなんかもありました。


6月29日は UNI33 をクリアしました。

6月22日は UNI30 をやりました。
lean(体が引き締まっている)を思い出せなかったのと、enbarrassed at を enbarrassed about にしてしまいました。


6月22日は UNI30 をクリアしました。


6月24日は UNI31 をやりました。
respectful を respect にしてしまいました。
あと、thoughtful of you を thoughtful that you ~にしてしまいました。


6月25日は UNI31 をクリアしました。

6月19日は UNI29 をやりました。
今回忘れてしまっていたUNIT29の新英単語たちは以下の通りです。

eager 熱望している
enthusiastic 熱烈な
absorb 没頭した


6月20日も UNI29 をやりました。
eager(熱望している)と absorb(没頭した)を忘れてしまっていました。(´・ω・`)

特に、absorb は忘れやすいと言うか、ab兄弟の一員のため見分けがつきにくく、非常に混乱しやすいので、もう少し全体的に新単語を覚えてきたら、覚えやすいよう、まとめようと思います。


6月21日は UNI29 をクリアしました。

6月16日は UNI28 をやりました。
この日に忘れてしまっていた新英単語たちは以下の通りです。

arrogant 横柄な
modest 控えめな
generous 気前の良い


6月17日も UNI28 をやりました。
modest(控えめな) を間違えました。
あと、前置詞も間違えました。(´・ω・`)


6月18日は UNI28 をクリアしました。

6月14日は UNI27 をやりました。

upset about を upset to にしてしまったり、spilled ○○ on を spilled ○○ off にしてしまったりしました。


6月15日は UNI27 をクリアしました。

複数形と単数形の間違いをチョコチョコしてしまいましたが、どうせ今後も回数をこなしていくので、気にせずに(゚ε゚) 、次をやっていくことにしました。

6月12日は UNI26 をやりました。

今日から3回目の英単語フレーズ大特訓の第二章の始まりです。ヽ(・ω・)ノ

すぐにクリアまでの回数は縮まらないとは思いますが、前回よりも英単語や英熟語を覚えていたら嬉しいです。

あと、分からない点や、どうしても覚えにくいものがあれば、調べたり、覚えやすくなるよう、工夫していきたいです。


6月13日は UNI26 をクリアしました。
ちょこちょことは覚えているのですが、やっぱりかなり忘れてしまっているようです。(´・ω・`)
sincerely(心から)は特に忘れやすかったです。

今日は UNI50 をクリアしました。

ところで、今日は 2回目の英単語フレーズ大特訓の第二章を終了しました。

確かに、前よりかは早くは終わることができたんですが、忘れていた単語がかなり多く、結構時間がかかってしまいました。(´・ω・`)
(これは長くなるぞー)

という訳で、今後は新英単語や熟語などをチマチマと覚えつつ、わからない点があれば適宜調べつつ、少しずつクリアまでの回数を減らしていけるよう、頑張ろうと思います。

今日も UNI50 をやりました。

ところで、UNIT38の④では、指示が direction になっており、UNIT50 の①では、指示が instruction になっています。

そのままだと、使い分け方とか意味の違いがよくわからないので、今日は『 指示 』と言う意味の、direction と instruction の違いについて調べてみました。

・・・・・・という訳で、ちょっと調べてみたのですが、direction と instruction の違いについての情報は見つかりませんでした。(´・ω・`)

それでも敢えて、こんな感じかな?と言う『 予想 』を書くと、こんな感じになるかなと思います。
(あんまり自信はないですが。(;´_`;))


instruction
→ 細かく指図・命令する

direction
→ 直接的に指図・指導・指示する



細かな点までしっかり指図・命令する
教える・教育する


in + struct
→ 中へ + 建設する


これは直接的に導くと言うのが語源になっているようで、直接的に導くための指導や指示や説明などの意味があるようです。


今日も UNI50 をやりました。

ところで、前から疑問だったんですが、今日は『 考え 』と言う意味の単語、idea と thought の違いについて調べてみました。


idea
自分で思いついた考え
(思いつき程度のものから、複雑な概念までOKなんだそう)

thought
論理・理性・知的な考え

という訳で、できるだけ忘れないように頑張ろうと思います。(^^ゞ

今日は UNI50 をやりました。
ところで、UNIT50の⑤の例文なのですが、けが人はなかったと言うのが少しです。

Fortunately, no one was injured.
幸い、けが人はなかった。

何となくですが、これだと『 誰も怪我していなかった 』となるのではないかなと思うのです。

だもんで、けが人はなかっただと、

Fortunately, there was not any injured people.

とか、

Fortunately, there was no injured people.

とか、

Fortunately, there wasn't injured people.

とかになるのかなと。

あんまり自信はないですが・・・。(´・ω・`)

↑このページのトップヘ