今日から UNIT4 の開始です。
この UNIT は、他のUNITとくらべて比較的よく覚えています。

比較的ですので、それほど覚えてるわけではないのですが。(;´∀`)

ところで、今日は international の和訳、国際について調べてみました。
ここだけの話、国際の意味がよくわからないのです。( ̄^ ̄;)

国際的な感じのサムシングと言うのはわかるんですが、具体的に何なの?!と訊かれると、(τωヽ) アウーと言う具合になってしまうので、ついでに調べてみることにしたのでした。

一つの国だけではなく、いくつかの国にかかわっていること。


国と国との間に関わる事柄。


一応、国際と言う単語を調べてみたんですが、意味がよくわかりません。(´・_・`)
国と国との?

と言うわけで、さらに調べてみることにしました、。


インターナショナル(英: International(e), International(e) Workingmen's Association、仏: Internationale, Association Internationale des travailleurs)は、プロレタリア国際主義に基づく労働者・労働運動・社会主義運動の国際諸組織の通称。

※ 労働者 = プロレタリアート


マルクス主義や無政府主義の概念の中で、世界各国の労働者階級が国際的な連帯・団結を強めようとする政治思想。

国際問題の解決において、他の国家・国際機関との協調行動や対話を重視する外交思想・外交政策。

国際協調主義などとも称され、覇権主義・単独行動主義などと対置される。

主権国家間の協調・協力、あるいは国家統合などを通じて、全世界(および諸国家)の政治・経済的発展を実現しようとする政治思想・政治運動。

ナショナリズムや帝国主義の原因となったそれぞれの国家の対立の停止をめざし、国際連帯に基づいた世界のプロレタリア階級(つまり労働者、失業者、フリーター、貧困者など)の統一化を実現しようとする思想

ああ、やっとわかりました。( ´Д`)=3
要するにあれです。

プロレタリアの諸君!
国境を超えて団結しよう!

・・・的なやつですね。( ̄m ̄)

今の国際よりも、こっちの国際の方がしっくりきます。
(そもそもここが大元ですもんね)

→ 労働者階級と資産家に階層が別れる
  労働者たちが搾取的な労働を強いられる

→ 赤い人達が呼びかけ
  世界中の国の労働者が一致団結して、理想社会を目指そうぜー

→ 国際主義が生まれる

→ 意味が少し変化
国同士の協調・外交・話し合いによる紛争解決などの意味で使われるようになった。


こんなことを調べてどうする?
とか思いながら調べていましたが、今まで、モヤモヤっとしたのがスッキリしてよかったです。( ̄∀ ̄)