今日はUNIT4をクリアしました。

今回は2週目で比較的他のUNITよりも簡単で、覚えていることも多かったのですが、何故かクリアまでの日数は早くなりませんでした。
(ナンデカナー)

ところで、今日は honor と glad と happy の違いについて調べてみました。

honor
→ 名誉

glad
→ 嬉しく思う

happy
→ 楽しい・幸せ

なので、硬い順に honer → glad → happy かなとはぼんやりと思うのですが、今ひとつ使い分けがわかっていないので、ここで調べ直すことにしたのでした。

honer は『 名誉だと思う 』ってことで、別格なのでこの際置いといてと。( - -)ノヽ△
問題は、 glad と happy の違いです。

何がどう違うのか探していたら、答えらしきページを発見しました。


1.glad はあまり名詞の前には置かれません。
2.「幸せだ」と単独で言う場合も glad は使いません。
3.「~をうれしく思う」という意味では、happyもgladも両方使うことができます。

うーん、なるほど。
うれしく思うとか、○○して嬉しいと言う時以外、基本 glad は使わない感じなんですかね。

glad には満足とか幸せとか言う意味はないので、happy 代わりに適当に使ってると、変な意味になっちゃうのかもです。(´・_・`)

しかも、嬉しいが継続したら happy を使うとなると、glad の出番はほとんどなさそうです。(ノ∀`)


「うれしく思っている」という継続状態が強調されればhappyが使われる.

という訳で、今回の調査でかなりスッキリできてよかったです。( ̄∀ ̄)

○○して嬉しいと言う時は、どちらも使えるようですので、英作文する時はどっちでも正解だったりするのかもです。

一応、違いはあるようですが、嬉しい感情の強さとかって、日本語の短い例文を見ただけじゃわからないですもんね・・・。( ̄m ̄)


glad は happy よりも強いうれしい感情を暗示する