今日は UNIT36 をやりました。

ところで今日は、前から疑問だった I'm affraid と I'm sorry の違いについて調べてみました。


上のページを見ると、I'm afraid は恐れなので、恐れ入りますが的な感じっぽいです。
でもって、I'm sorry の方は、お気の毒とかごめんなさい的な意味があると。

でもって、この2つの使い分けは、ちゃんとやらないとダメっぽいです。

日本人は、だいたい全部すいませんで済ませてしまう感じなので、とりあえず、I'm sorry を使っちゃう傾向があるみたいなのですが、英語で会話する時は、I'm affraid を使った方がよい場面では、ちゃんとI'm affraid を使った方が良さそうです。
(とか、偉そうなことを言いながら、I'm affraid だと不味いところで、I'm affraid を使ってしまって自爆するに1000ガバス)