今日は UNIT37 をやりました。

ところで、今日は前から疑問だった、適切系の英単語たち(appropriatesuitableproperright )の違いについて調べてみました。

【appropriate】(形容詞)
意味:適当な



【proper】
意味:適切な



【suitable】
意味:ふさわしい・適している



appropriate と proper の違いが本当にわかりづらいです。
Weblioで違いを探してみましたが、今ひとつ不明でした。


どっちかと言うと、appropriate の方がよく使われているようです。
(とりあえずは、appropriate を優先して覚えたらいいのかな?)

または、こんな感じとか?


proper
→ 正当な理由・慣習・本来の性質にふさわしい
→ 正当な理由とか本来の性質から見て適切

appropriate
→ 特定の目的にぴったり
→ 特定の目的にぴったりで適切



こう言うのは、かなり英語に熟達した人々でも難しいようです。
(私ごときは100年早い!?)