今日は UNIT41 をやりました。

ところで、今日は short of ○○ と shortage of ○○ の違いについて調べました。ヽ(・ω・)ノ

以前やった UNIT40 では、○○が不足すると言う英訳で short of ○○が使われていたのですが、今やっている UNIT41 では、shortage of ○○が使われているからです。

まずは、shortage から。



これはどうやら名詞なようです。
short が形容詞なので、これも形容詞的なサムシングなのかと思ったら、全然違いました。(;´∀`)

意味は不足でした。

次に、short を。
これは、形容詞だけかと思ったら、副詞名詞動詞もありました。

でも、メインどころなのは形容詞なようです。
(副詞とか名詞とか動詞とかは、それほど気にしなくてもいいかな?)

意味は、短いの他にも不足していると言うのもありました。


short には形容詞以外にも副詞や動詞や名詞もありますので、short of ○○の short の品詞は何かと思ったら、形容詞のようでした。

なので、違いがあると言えば、


shortage(名詞) + ○○
→ ○○が不足している

short(形容詞) + ○○
→ ○○が不足している


という感じになるのではないかと思います。
(多分!)

じゃあ使い分けは?
と思ってさらに調べてみたら、どうやらどっちでもよいようです。


なので、short と shortage が使われている例文には、形容詞か名詞かを注釈で書いておこうと思います。
(英訳する時に丸暗記必須になってしまうので)