今日は UNIT42 をやりました。

ところで今日は、何がどう違うのかがよくわからなくて使い分けが出来ない『 キチンとした 』系の英単語(tidy・neat・orderly)について調べてみました。ヽ(・ω・)ノ

【tidy】
・ キチンとした
・ 小奇麗な
・ きれい好きな

【neat】
・ きちんとした
・ 小奇麗な
・ きれい好きな

【orderly】
・ きちんとした
・ 規律正しい
・ 整然とした

でも、各単語の意味を調べた結果、orderly 以外の tidy と neat は一緒な感じで、意味の違いはよくわかりませんでした。(´・_・`)

そこで、tidy と neat の違いについて、さらに調べました。


洋服ダンス。
セータや下着がきちんと畳んで入っているのがneat
一つの引き出しに、下着とか靴下がまとまっているのがtidy

つまりneatは全体的に整理されていること、tidyは小さなものがきれいにまとめられている状態です。

非常にわかりやすい!ヾ(≧∀≦)ノ

neat
整理整頓がされている

tidy
細々とした物が小奇麗にまとめられている


一発で覚えるのは難しそうですが、徐々にでも覚えていこうと思います。ヽ(´・∀・`)ノ