今日は Track28 をクリアしました。(^.^

ところで、今日は巷でよく使われているのに、知ってるようでよくわからない 『 ソーシャル 』 について調べてみることにしました。

socialの意味・解説

社会の、社会に関する、社会的な、社会的地位に関する、社交的な、懇親の、社交界の、上流社会の、交際上手な、打ち解けた

ソーシャルって、『 社会 』 のとか 『 社会的な 』 とか言う意味で、形容詞みたいです。
実は名詞だと思っていたのはここだけの秘密です。( ̄m ̄))

「ソーシャル」の意味は「社交」なんだろうか?

つまり「social media」という場合の「social」は「2人以上の交際」、「個人同士の関係」であることがわかる。

「Social network」や「Social gaming」は社会学用語にたどり着くので、現在のWebで起きている「social」の特徴を、Wikipedia英語版の執筆者たちがどう理解しているのかは「social media」でしかわからなかった。

一方、Wikipedia日本語版では「ソーシャルメディア」や「ソーシャルゲーム」の「ソーシャル」は「多数の人々が参加する双方向的な会話」、「他のユーザーとコミュニケーション」と言い換えられており、英語版よりも対話の意味合いが強いようだ。
ソーシャルとは何か?

そうそう、そうなんです。
英語ではソーシャルは『 社会 』 のとか 『 社会的な 』 とか言う意味で使われてるのに対して、日本の方では 『 双方向性のある○○ 』 と言うので使われてることが多いような気がするんですよね。

マスメディアが情報源から一方的に情報を流して、それを受け取る側がいると言う構図が普通の情報の流れで、それと反対側にあるのが『 双方向性のある○○ 』、つまりソーシャル○○です。

なので、実はこれ、徐々に和製英語化していってるんじゃないかと。
(現在進行形で和製英語化して行く過程を見ている状態)

こんなことを知ってもだから何?状態ではあるんですが・・・。
(実に何の役にも立たない。(;´艸`))

と言うわけで、ソーシャルはよく使う用語だと思いますので、英語の方の意味も日本語の方の意味(和製英語の方)も覚えとこうと思います。(・Д・)ゞ