カテゴリ:01 どんどん瞬間英作文 > 02回目 中3

今日は、TRACK 21 をやりましたよっと。

今日は月の英訳を間違えてしまいました。
日本なんかは1月、2月、3月と数字を12個当てはめるだけなんで楽なんですが・・・
続きを読む

今日は、TRACK 19 と 20 をやりましたよっと。

今日は、notice と find の違いについて調べてみたですよ。
と言うのも、気が付くというのが find かと思ったらそうではなかったからです。

続きを読む

今日は、TRACK 18 をやりましたよっと。
今日は、handsome と good-looking の違いについて調べてみました。

handsome 【形容詞】
顔立ちが美しい、立派な、ハンサムな

good-looking 【形容詞】
良く見える
(looking には○○に見えると言う意味があり、○○と looking の間には - をつけて繋げるっぽいです)

どちらも見た目がよいのを表現する時に使われますが、good-looking の方がよく使われるっぽいです。(日本ではハンサムの方が定着しちゃったようですが・・・)

今日は、TRACK 16 と 17 をやりましたよっと。

今日はまたしても、comotinue と keep の違いを忘れてしまったですよ。
私は頭が悪いので、繰り返し確認して覚えなおさないと覚えられないので、今回も復習の意味も込めて日記に書くことにしました。

≫ 以前書いた comotinue と keep の違いについてのページ

今日は、TRACK 15 をやりましたよっと。

今日は What the plitisian says is diffrent from what he does. を大きく間違えました。
つか、前にもやったはずなんですが、きれいさっぱり忘れてしまっていましたね。(´・ω・`)
と言うわけで、次こそは正解できるように頑張ろうと思います。

今日は、TRACK 13 と 14 をやりましたよっと。
今日も関係代名詞の先行詞の冠詞で間違えまくりました。

続きを読む

今日は、TRACK 12 をやりましたよっと。
今日は、at the library と in the library について調べてみたですよ。
(基本的すぎることなんですが、しょっちゅう混乱するんですよねえ・・・ (´A` ;))

at the library
図書館(と言う場所)で(本を読む)と言う場合は at

in the library
図書館(の中)で(働いている)と言う場合は in

とまあ、こんな感じで使い分けられているようでした。
と言うわけで、図書館で本を読むと言うようなときは、たいてい at が使われるんだそうな。
(でも、「図書館の中の本を読んだ」とか言う場合は、in になるのかもですね)

今日は、TRACK 11 をやりましたよっと。

今日は、以前にも間違えたんですが、またしても break down のdown を書き忘れてしまったですよ。
前のスラスラの時からそうなんですが、一度間違えると、何度でも何度でも同じ間違いを繰り返してしまうので厄介です。( ´・ω・)

やっぱり、こう言うのは間違えたたびに日記に書いていくしか無いんですかねえ。(´A` ;)
何か、飛び切り効率的な覚え方があったらいいんですけど・・・

今日は、TRACK 10 をやりましたよっと。
以前の日記でも書きましたが、やっぱり study と studying の違いが分かりにくいです。

瞬間英作文は一文ずつどんどん訳すことが利点なんですが、「勉強している」とか言う文の英訳の場合は、それが仇になってしまうかもです。
なぜなら、日常的に勉強しているのか今現在、勉強中の状態をさしているのかが、文章の中から読み取りにくいからです。

つか、こう感じているのは私だけなんですかねえ。 (´・ω・`)
(私は日本語の読解力が乏しい感じですし・・・)

今日は、TRACK 8 と 9 をやりましたよっと。
今日は、repair と fix (両方とも動詞の場合)の違いについて調べてみたですよっと。
と言うのも、修理するって言うのは、repair だと思ったからです。

repair
(機械などの技術力を必要とするものを)修理する

fix
(ちょっとしたものを)修理する、(ちょっとしたものの)手直しをする

と言うわけで、次からは使い分けできるように頑張ろうと思います。
(次までこれを覚えてたらですけど・・・)

↑このページのトップヘ