カテゴリ:02 おかわり!どんどん瞬間英作文 > 02 Part1(2回目)

今日は、TRACK 19(2回目)と1(3回目) をやりましたよっと。

今回で3回目ですが、思った以上にサクサクできてない感じです。
新しく覚えなくてはならないものも出てきていますし、普通のどんどん の時代から苦手なものもありますし。。。
と言うわけで、Part1 から長引いてしまいそうな悪寒です。

今日は、TRACK 18 をやりましたよっと。

今日は、yard と garden の違いについて調べてみました。
すると、どうやら綺麗に手入れされているものは garden で、手入れされていない自然なものは yard を使うらしいです。
(例文だけを見ると、どちらを使うのか分かりにくいですが・・・。(^^;)

今日は、TRACK 17 をやりましたよっと。

今日は、『日本でこの花を育てることができますか?』を間違えました。
これ、主語が 『私 (I) 』 なんじゃないかと思ってしまうんですよねえ。。。
(例文の答えはYou なんですが)

前の 『○○語では△△をどう言いますか?』 は、you が主語で間違いないと言うのは分かったんですが、これはちょっと分かりにくいかもです。(^^;

今日は、TRACK 15 と 16 をやりましたよっと。
今日は久々にサクッと終了できました。
(まだ Part1 で、しかも おかわり なのに妙に梃子摺ってしまってます。。。(^^;)

今日は、TRACK 14 をやりましたよっと。

おかわり!どんどん瞬間英作文普通のどんどん瞬間英作文 にはいくつかの違いがありますが、その違いの一つが How tall の疑問文の『答え』です。

例えば、He is two meters. の場合だと、普通のどんどん瞬間英作文では文末に tall が付かないのに対し、おかわり!どんどん瞬間英作文の方は文末に tall が付きます。
と言うわけで、未だに How tall の疑問文の答えはガンガン間違えます。(´・ω・`)
(文末にtall を付け忘れます)

と言うわけで、 新しいおかわり!どんどん瞬間英作文古いどんどん瞬間英作文 では多分、新しい方が古いのよりも改善されていると思いますので、最初のうちは混乱するとは思いますが、新しい方の英文を覚えて行こうと思います。

今日は、TRACK 12 をやりましたよっと。

今日は、How do you say " Thank you " in German? を間違えました。
間違えたのは、How do you ~ の部分。
ここを How do I にしてしまったのでした。

でも、よくよく考えると、確かに主語は you が正しかったです。
と言うわけで、私の日本語の読解力の足りなさを改めて認識した今日この頃だったのでした。
(英語も日本語も苦手だったけど、古文は特に苦手だったからなあ・・・。(´・ω・`))

今日は、TRACK 11 をやりましたよっと。

今日は、over there (そちらでは)を、また間違えました。
over をついつい付け忘れてしまうんですよねえ。。。(´へ` ;)
と言うわけで、次は間違えないように気をつけようと思います。

今日は、TRACK 10 をやりましたよっと。
今日は、which is ○○ , this one or that one? の one に置き換え忘れました。

こんな基本的なところで間違えるとか、かなり脳ミソが緩んでいるかもです。
と言うわけで、次は間違えないように頑張ろうと思います。

今日は、TRACK 8 と 9 をやりましたよっと。
今日もサクッと終了できました。
明日以降もこの調子で頑張ろうと思います。

今日は、TRACK 13 をやりましたよっと。

今日は、How much does ○○ weigh? を間違えました。
これ、いつも How weigh ○○ と書いちゃうんですよねえ。。。(´・ω・`)

だもんで、How weigh はダメなのか調べていたら、身長を聞く時は、How tall are you?体重を聞く時は、How mu...と言うページを見つけました。
これによると・・・

How weight are you? とは言いません。
weightは名詞であり、上記のような使い方はしません。
この文体で無理に「体重は?」と聞くのなら、Howの後に形容詞が来なければおかしいです。

よって
How heavy are you?
How light are you?
とかとても失礼な文章しか作れないわけです。

tallという単語には普通失礼な意味は含まれないので
How tall are you?と言っても良いのです。

・・・とのことでした。
(納得)

↑このページのトップヘ