1月9日 は UNIT26 をやりました。
今回から 14回目の英単語フレーズ大特訓の第二章を開始します。
今回は少しでも早く終われたらいいなあー( ´Д`) ハァと思っていたら、いの一番に間違えました。

今回は、greatful for (感謝している)を間違えました。
(これで間違えるのは萎えるわー)

1月10日 は UNIT をクリアしました。

1月11日 は UNIT27 をやりました。
be upset about ~ing の about ~ing を間違えました。
でも、間違えたのが一問だけなので、次頑張ることにしました。

1月12日 は UNIT28 をクリアしました。

1月13日 は UNIT29 をクリアしました。
enthusiastic about を at にしてしまいましたが、次頑張ることにしました。

1月14日 は UNIT30 をクリアしました。
embarrassed at の at をまたしても about にしてしまいました。
(またですよ、また)
間違いは間違いなのですが、どうせまだまだ何周もするので、とりあえずクリア扱いして次行くことにしました。

1月1日 は UNIT45 をクリアしました。
oppsite to の to を付けていなかったけど次頑張ることにしました。

1月2日 は UNIT46 をやりました。
can usually be seen を間違えました。
(何故か been にしてしまいました)

1月3日 は UNIT46 をクリアしました。
1月4日 は UNIT47 をクリアしました。
1月5日 は UNIT48 をクリアしました。

1月6日 は UNIT49 をやりました。
relatively (比較的) をまた間違えました
relevant(関連する)と混乱するのは相変わらずです。
(いつまでたっても改善しないんだなあ。。。 ( ´。`))

1月7日 は UNIT49 をクリアしました。

1月8日 は UNIT50 をクリアしました。
今回で13回目の英単語フレーズ大特訓の第二章が終わりました。
クリアは早くなったんですが、うろ覚えと間違え多数です。
(うろ覚え箇所は時間が経つと確実に忘れます。(*^^)v)

というわけで、次からはうろ覚え箇所を潰していく感じで頑張ろうと思います。

12月28日 は UNIT42 をやりました。

must be kept hygenic (清潔でなければならない)をまた間違えました。
これ、頻繁に間違えてしまうんですが、多分この原因は日本語文に保つとか言う単語が入っていないせいなのかなとか思います。

確かに、英訳はこれでいいとは思うんですが、ついつい 『 must be hygenic 』と書いてしまうというか… (´・_・`)

というわけで、間違い防止のため、日本語文の下に『 保つ 』注釈を入れておきました。
(正解すればよかろうなのだ)

12月29日 は UNIT42 をクリアしました。
12月30日 は UNIT43 をクリアしました。
12月31日 は UNIT44 をクリアしました。

12月18日 は UNIT35 をやりました。
urgent (急を要する) と crusial (決定的な・極めて重要な) を間違えました。
(いつも間違えるコンビ)

12月19日 は UNIT35 をクリアしました。
12月20日 は UNIT36 をクリアしました。

12月21日 は UNIT37 をやりました。
appricable (適用できる・当てはまる) をまた間違えました。

12月22日 は UNIT37 をクリアしました。
12月23日 は UNIT38 をクリアしました。
12月24日 は UNIT39 をクリアしました。
12月25日 は UNIT40 をクリアしました。

12月26日 は UNIT41 をやりました。
③ と ④ の冠詞を付け忘れました。
critical to の to を間違えました。
(for にしてしまいました)

12月27日 は UNIT41 をクリアしました。

12月14日 は UNIT32 をクリアしました。

12月15日 は UNIT33 をクリアしました。
ところで、前々から疑問だったんですが、UNIT33 の⑥の気候天気ではないんでしょうか。

この暖かい気候で牛乳が腐ってしまった。
The milk has gone sour in this warm weather.

気候って言うんですから、climate かと思ったら、weather です。
天気と気候の違いについては前に調べました。


なので、多分ですがここは『天気』の方が良いような気がします。
(多分)
というわけで、気候の下に(天気)と注釈を入れておきました。(^.^;

12月16日 は UNIT34 をやりました。
economical(経済的な)をまた間違えました。
(economic にしてしまいました)

12月17日 は UNIT34 をクリアしました。

12月10日 は UNIT31 をやりました。
respectful to を(敬意を表する)間違えました。
(to を about にしてしまいました)

12月11日 も UNIT31 もやりました。
annouyed at (イライラする)をまた間違えました。
毎回、前置詞を間違えてしまう文字通りのイライラ単語です。
(単語自体は覚えてるのになー)

12月12日 は UNIT31 をクリアしました。

12月13日 は UNIT32 をやりました。
tiring(疲れさせる)をまた間違えました。
tired にしてしまいました。
これ、しょっちゅう間違えて辛いです。
(毎回xになる罠)

で、考えてみたんですが、どうやら私は tired と tiring の違いを理解していないなと。
と言うわけで、tiring と tired の違いについて調べてみました。
すると、下のページを発見しました。


非常にわかりやすかったです。
(詳しくは、上のページを御覧ください)
間違えないよう、覚えておこうと思います。

○○ が疲れる → tired 
○○ が疲れさせる → tiring

12月6日 は UNIT29 をやりました。
ところで、今回は前々から疑問だった 『 be devoted to ~ ing (努力や異愛情を注ぐ・専念する) 』について調べました。

するとどうやら、be devorted toto の後ろに付くのは『 名詞 』なようです。
( to の後ろなんで、動詞が付くものだとばかり思ってたんですが。(;´_`;))


be devorted to ○○ (名詞)
(○○に愛情を注ぐ、○○に専念する)

というわけで、次からは間違えないように頑張ろうと思います。

12月7日 は UNIT29 をクリアしました。

12月8日 は UNIT30 をやりました。
embarrassed at (恥ずかしい) の at をまた間違えました。
(about にしてしまいました。(´-_-` ))
同じところをなぞるように間違えるのはなかなか凹みます。

12月9日 は UNIT30 をクリアしました。

12月4日 は UNIT28 をやりました。
今回は、modest (控えめな) を間違えました。
これ、実に簡単そうな単語なんですが、なかなか覚えられなくて苦労しています。( ´ Д`)=3

12月5日 は UNIT28 をクリアしました。
ところで、前々から generous と general が非常に似てるのが気になってたんですが、今回は generous と general について調べてみました。

【generous】
意味:寛容な・気前のよい
語源:ラテン語の「ある種類(全体)の」の意
https://ejje.weblio.jp/content/general

【general】
形容詞の意味:一般の・全般の
名詞の意味: 大将・将軍
語源:ラテン語「高貴な生まれの」の意 (gener‐, genus 「種,由来」+‐OUS
https://ejje.weblio.jp/content/generous

gener まで同じなので、語源が一緒なのかと思ったら、全然違いました。(〃▽〃;)
(同じだと思ったんだけどなあ)

ちなみに、general が『 ジェネラル = 将軍 』と言うのは知っていましたので、いつもは、寛容なジェネラルが generous と言う感じで覚えるようにしています。
(こんな覚え方でないと、単語が覚えられない悲しさよ。。。(;_;))

11月30日 は UNIT26 をやりました。
今回から13回目英単語フレーズ大特訓の第二章が始まります。
なんかもう、少しずつ飽きてきてる感はありますが、引き続き頑張ってやっていこうと思います。_φ(・_・

12月1日 は UNIT26 をクリアしました。

12月2日 は UNIT27 をやりました。
upset about (うろたえた) の about を間違えました。
あと、confused about (混乱した) の about も間違えました。

12月3日 は UNIT27 をクリアしました。

ところで、前から疑問だったんですが、job interview job形容詞なんでしょうか。
jobは名詞、interview も名詞だと思ったんですが、何となく、job が interview を修飾してしまっているような気がします。

そこで、ちょっと jobについて調べてみました。

すると、どうやら形容詞も動詞もあるようでした。(  ; ・∀・) ナンデダー
(work が動詞も名詞もあることは知ってたんですが)

形容詞
仕事の・職業の

動詞(自動詞も他動詞もあり)
仕事をする・仲買をする

というわけで、次からは覚えておこうと思います。ʕ ·ᴥ·ʔ

11月19日 UNIT44 をやりました。
細かいところを色々と間違えました。
five each ofof をまた付け忘れました。

11月20日 UNIT44 をクリアしました。

11月21日 UNIT45 をやりました。
opposit をまた間違えました。(╥_╥)
(どういうわけか oppose にしてしまう)

11月22日 UNIT45 をクリアしました。
11月23日 UNIT46 をクリアしました。

11月24日 UNIT47 をクリアしました。
実は、out of stock out of order にしてしまったんですが、次頑張ろうと思います。(・ω・)

11月25日 UNIT48 をクリアしました。

11月26日 UNIT49 をやりました。
relativery (比較的) をまた間違えました。
(relevant にしてしまいました)

11月27日 UNIT49 をクリアしました。

11月28日 UNIT50 をやりました。
instructions (説明書) を間違えました。
usually (たいていは) を間違えました。

11月29日 UNIT50 をクリアしました。
今回で英単語フレーズ大特訓の第二章の12回目が終了しました。
間違ってはいるものの、強引にクリアにしてしまっているUNITがありましたので、厳密にやっているともっと時間はかかっていたのではないかと思います。
(今後まだまだ何周もするので、クリア扱いでもまあいいかと思ってクリアしてしまっています)

というわけで、次回以降は、それらをきれいにクリアできるよう訓練を積み重ねていこうと思います。
(とは言うものの、多分あんまり代わり映えしないと思う件)

11月12日は UNIT40をやりました。
前置詞を間違えました。
experienced in ○○ ○○の経験がある
proficient in ○○ ○○に堪能だ

11月13日は UNIT40をクリアしました。
冠詞をいくつか間違えたんですが、次頑張ろうと思います。^^

11月14日は UNIT41をやりました。
injury (怪我)、critical (決定的)、decision (決定) を間違えました。

11月15日も UNIT41をやりました。
冠詞を付け忘れました。
a severe shotage
a serious injury
a hopefuly sign

11月16日は UNIT41をクリアしました。

11月17日は UNIT42をクリアしました。
must be kept hygienicmust be hygienic にしてしまいましたが、次頑張ろうと思います。
(日本語の方の例文に『保つ』が入っていないので、 kept を入れずに訳してしまう)

11月18日は UNIT43をクリアしました。

11月6日は UNIT37をやりました。
relevant を忘れていました。
postposition にしていました。
(でも、例文の post の意味はちょっと違うような気がする・・・)

11月7日は UNIT37をクリアしました。

11月8日は UNIT38をやりました。
sure (わかる (確信が持てる)) を間違えました。

11月9日は UNIT38をクリアしました。

11月10日は UNIT39をやりました。
He has been in a stable relationship を間違えました。
(in a がなかなか出てこない)

11月11日は UNIT39をクリアしました。

11月1日は UNIT34 をクリアしました。

ところで、今回は need と necessary の違いを調べてみました。
ずーーーーーーーと以前に調べたような気もしなくはないんですが、どうやら忘れてしまったらしいので、調べなおすことにしました。

すると、ネイティブの方曰く、こんな感じらしいです。

need = 動詞(要る)または名詞(〇〇の必要)
necessary = 形容詞(必要な)
necessity = 名詞(〇〇の必要)
「necessity」は名詞の「need」と同じ意味だと思います。

【need 1】動詞
必要とする・要る

【need 2】
名詞
必要

【nesessary】
形容詞
必要な

【necessity】
名詞
必要

でもって、need (名詞) = necessity (名詞)
 
スッキリしました。( 'ω' )

11月2日は UNIT35 をクリアしました。

11月3日は UNIT36 をやりました。
handy と useful (役に立つ・有用な) を間違いやすいので、注釈を入れておきました。

11月4日も UNIT36 をやりました。
goods と item の違いを忘れてしまったので、再確認しました。
(この時点でもうすでに忘れてる件)

€goods と item の違いを忘れた

11月5日は UNIT36 をクリアしました。

10月30日は UNIT33 をクリアしました。
roughlaugh にしてしまいましたが、次頑張ろうと思います。
(まだまだ何周もすると思うので)

10月31日は UNIT34 をやりました。
facingfaces にしてしまいました。
(○○に面している)

あと、littlefew にしてしまいました。
little と few の違いって何だったのか忘れてしまいましたので、ついでに再確認しました。


②数についてはa few, fewを用いる⇒few【ネットワーク】

そうでした、そうでした。

可算名詞を修飾する場合は few不可算名詞を就職する場合は little でした。
よく覚えておこうと思います。
(これを忘れてなければ)

10月26日は UNIT30 をクリアしました。
前日と同じところをやってしまいました。(バカス)

10月27日は UNIT31 をやりました。
respectful (敬意を表する) と elders (目上の人) を間違えました。
be respectful 敬意を表するになるようなんですが、動詞みたいな感じなのでよく間違えます。
(単に私の頭が悪い説)
多分ですが、日本語だと形容詞『 敬意を表する 』と言うのは難しそうな気がします。
(実は難しくなかったりして)


a respectful bow
ていねいなお辞儀

これだったら形容詞でも普通だと思うんですが・・・
(やっぱり『 敬意を表する 』で形容詞なのは腑に落ちないノダ)

10月28日は UNIT31 をクリアしました。
It's implite に of you などと付けてしまいましたが、次頑張ることにしました。
(どうせまだ何周もすると思うので)

10月29日は UNIT32 をクリアしました。
lecture (講義)をスペルミスしてしまいましたが、次頑張ろうと思います。
( l を r にしてしまいました)

10月20日は UNIT28をやりました。
generous with (いまえの良い・寛大な) を間違えました。
generous about にしてしまいました。

10月21日は UNIT28をクリアしました。

10月22日は UNIT29をやりました。
enthusiastic about (熱烈な) を間違えました。
(enthusiastic of にしてしまいました)

その他にもたくさん間違えました。
(細かい上に大量にあるので、書くのがめんどくさいので割愛)

10月23日は UNIT29をクリアしました。

10月24日は UNIT30をやりました。
embarrassed at (恥ずかしい) の at を about にしてしまいました。

10月25日は UNIT30をクリアしました。

10月16日は UNIT26をやりました。
今回から12回目の英単語フレーズ大特訓の第二章を開始しました。

少しずつわからない英単語について調べていっているので、覚えにくい英単語以外は覚えていけるんじゃないかと思います。
(覚えにくい英単語が結構大量にあって、それがかなり大問題なんですが… (・∀・;))

あと、今回は relieved を間違えました。
(reliefed にしてしまいました)

10月17日は UNIT26をクリアしました。

10月18日は UNIT27をやりました。
be upset about ~ing を間違えました。
(to ~にしてしまいました)

10月19日は UNIT27をクリアしました。

10月14日はUNIT50をやりました。
instructions (指示) を間違えました。
(そのまんまインストラクションで覚えやすいのに、結構な頻度で間違えてしまう件)

10月15日はUNIT50をクリアしました。
今回で11回目の英単語フレーズ大特訓の第二章が終了しました。

うろ覚え & 忘れてしまった英単語が多数あったので、ここから先も非常に長そうです。
(忘れた単語や間違える単語が減ってきてから先が長い)

10月12日はUNIT49をやりました。
今回は、以前からずーーーーーーーーーーーーと謎だった relevant と relatively の違いを調べてみました。

すると、似たような疑問を持っている方がいたようで、HiNative に似たような質問が投稿されていました。

For example:
Relative to her hair, mine is prettier. 
This is relevant to today's topic. 
例:
彼女の髪と比較すると、私のはもっと可愛い
これは今日の話題と関連している

なるほど、確かにそうやって言われると全然違いますね。
でも、relative と relevant はあまりにも似すぎてて、どっちが比較でどっちが関連だったか覚えられないんでございます。
(頭が悪すぎるので)

こう言う時ですね、頭が悪い自分を恨むのは・・・(  ´ Д`)=3

10月13日はUNIT49をクリアしました。

10月7日はUNIT47をやりました。
briefly (手短に・短時間に) の位置を間違えました。

10月8日もUNIT47をやりました。
色々と間違えました。

10月9日はUNIT47をクリアしました。

10月10日はUNIT48をやりました。
conceivably (考えられるところでは) をまたしても間違えました。
(毎回引っかかってるなー)
この他、presumably をスペルミスしていました。

10月11日はUNIT48をクリアしました。

↑このページのトップヘ