英単語の発音確認のお時間です。
本日の英単語はこれ。

✅ acid (酸)
アッシィド

✅ souvenir (お土産)
スーヴェニィァ

『sou』は『ソウ』ではなくて『スー』
何となく罠臭かったので、確認しておいてよかったです。

✅ fare
(運賃)
フェア

✅ immensely (非常に)
アメンスリー

『immensely』、君にはがっかりだよ。
『イ』じゃなくて『ア』だったなんて。。。

【今日のノルマ】
UNIT70 x 2回, UNIT71

英単語の発音確認のお時間です。
本日の英単語はこれ。

✅ acquittal(無罪)
アクィロー

何と言う意地悪単語。
『ttal』と書いて『ロー』
『アクイッタル』と読ませるふりをして、実は『ッタル』なんて存在しないと言う酷い罠。
(と言うか、一体『ロー』はどこにあるんだって言うね。(゜_゜))

✅ attempt(試み)
アテンプ(ト)
(『ト』はほんの小さい『ト』)

【今日のノルマ】
UNIT67, UNIT68, UNIT69

英単語の発音確認のお時間です。
本日の英単語はこれ。

✅ coalition
(連立)
コアリション

✅ considerate
(みなす)
ケンシデレ

✅ considerated
(みなされた)
ケンシデレィデッ(ド)
(『ド』はほんの小さい『ド』)

『con』と書いて『ケン』
『congrtuation』は『コン』

『ケン』だとか『コン』だとか『カン』だとか、頭に『con』がついているやつはとりあえず発音を全調べした方が無難そうです。(゜_゜)

【今日のノルマ】
UNIT61 x 2回, UNIT62

英単語の発音確認のお時間です。
本日の英単語はこれ。

✅ comfortable (快適)
カンフェタボゥ

✅ contract (契約)
カントゥラクトゥ

でました。
『con』『カン』読みする英単語。
『con』を『コン』読みして、『コンフォテイブル』とか『コントラクト』とか言うと通じない可能性が高いです。(゜_゜)

✅ amenity (アメニティ)  
アメネディ

『nity』になのに『ネディ』
『nity』に罠を凝縮している意地悪な英単語君。

【今日のノルマ】
UNIT63, UNIT64, UNIT65

英単語の発音確認のお時間です。
本日の英単語はこれ。

✅ protagonist(主人公)
プロタグォニス(ツ)
(『ツ』はほんの小さい『ツ』)

✅ manuscript(原稿)
マーニュスクリプ(ト)
(『ト』はほんの小さい『ト』)

✅ stationery(文房具)
ステイショネリー

ほぼスペル通りの読み方でニッコリです。
こう言うので(が)いいんです。

【今日のノルマ】
UNIT61 x 2回, UNIT62

英単語の発音確認のお時間です。
本日の英単語はこれ。

✅ splendid(素晴らしい)
スプレンデッ(ド)
(『ド』はほんの小さい『ド』)

『did』なのに『デッド』
これは確実に罠ですわ。

✅ appreciate(感謝する)
アプリシェィ(ト)
(『ト』はほんの小さい『ト』)

✅ coup(クーデター)
クー

ひろゆきさんならきっとこう言うはずです。
「読まない文字入れるのやめてもらっていいすか?」

【今日のノルマ】
UNIT59 x 2回, UNIT60

英単語の発音確認のお時間です。
本日の英単語はこれ。

✅ coral(珊瑚)
コーロー

『ral』と書いて『ロー』と読ませる。
こう言う地雷原がチョコチョコ配置されてるので、確認作業が外せないんだなあと改めて感慨深く思います。(゜_゜)

✅haritage(歴史的な)
ヘーリテェジ

✅district
(厳しい)
ディストリク(ト)
(『ト』はほんの小さい『ト』)

【今日のノルマ】
UNIT57, UNIT58 x 2回

英単語の発音確認のお時間です。
本日の英単語はこれ。

✅ departure(出発)
デパーチャー

✅ ancient(古代の)
エンシェン(ト)
(『ト』はほんの小さい『ト』)

自発的地雷。
実は『アンサイエント』と読んでいたのは私だけではないはず!(`・ω・´)

✅ effectivery(有効性)
エフェクトヴリィ

読みやすくて素直な英単語たちが大半でした。
(ancient君を除く)

【今日のノルマ】
UNIT56 x 3回

英単語の発音確認のお時間です。
本日の英単語はこれ。

✅ accommodation(宿泊施設)
アカマディション

✅ accommodations(複数形)
アカマディション(ス)
(『ス』はほんの小さい『ス』)

『ccommo』の発音が『カマ』と言う罠。
(完全に初見嵌め入ってますわこれ)

【今日のノルマ】

UNIT54, UNIT55 x 2回

『〇〇のために△△を受けている』の英文で、『receive to』ってのもあるんじゃないかと思って調べてみたんですが、receive for ○○ しかありませんでした。(゜_゜)

どうやら、『○○のために』の場合は for を使うっぽいです。

あと、主に他動詞の方が使われてるんですかね。
『receive』に名詞が直にくっついてる形の文章が多かったです。

【今日のノルマ】
UNIT52, UNIT53, UNIT54

さてと。
今回で英単語フレーズ大特訓の 第三章の8回目が終了したわけですが。。。

今回の期間は19日間です。
(ひと月に2回目の巡回ができる喜び・・・)

1回目:59日間
2回目:32日間
3回目:27日間
4回目:28日間
5回目:35日間
6回目:32日間
7回目:26日間
8回目:19日間

1回目と比べると期間三分の一ですね。
でも普通はここからが長いんです。

ここから先をおざなりにしてキッチリ覚えきってないと、あっという間に忘れてしまって使い物にならなくなってしまうので、ここから先、うろ覚えを潰していく作業が必要になります。

私の英作文の勉強が歯抜け期間空きしまくりでも何とか少しずつ上達していってて、しかも外国人と普通にネットで対談できるまでになっているのは、この作業をやってるからと言っても過言ではありません。(キリッ)

というわけで、英単語の発音の仕方でも調べつつ、ここからさらにボチボチやっていこうと思います。(゜_゜)

【今日のノルマ】
UNIT80, UNIT51, UNIT52

英単語の発音確認のお時間です。
本日の英単語はこれ。

✅ atmosphere
(大気)
アッ(ト)モスフィァ
(『ト』はほんの小さい『ト』)

文字通りで安心しました。
が、多分真ん中付近の『ト』をキッチリ発音してると笑われるやつですね。
(でも理解はしてもらえそうな気がする)

✅ subsidies
(補助金)
サブシディーズ

『sidi』って書いてあるので『サイディ』かと思ったら『シディ』でした。

【今日のノルマ】
UNIT79 x 2回, UNIT80

英単語の発音確認のお時間です。
本日の英単語はこれ。

✅ insurance(保険)
インショーレンス

『insu』『インショー』
『rance』なのに『レンス』
完全に予測不可能でしょう。

✅ nearby(近くの)
ニアバイ

ずっと『ニアビィ』って読んでました。(゜_゜)
(私だけじゃないはず)

✅ cavity 虫歯(単数)
キャビディ

✅ cavities
 虫歯(複数)
キャビディズ

『ty』とか『ties』なのに『ディ』という罠を軽く仕込んでくる英語さん。
(さすがやで)

【今日のノルマ】
UNIT77, UNIT78 x 2回

今回もまた、【開催する】系の英熟語、『take place』と 『hold(being held)』の違いを調べました。
(でも多分今回が最終の完結編です)

https://hinative.com/ja/questions/8731292

Take: to use your hands to remove something from where it was and hold it.
Example: the apple is on the desk.
Paul wants the Apple, and he takes it from the desk.
Paul walks out of the classroom with the apple.

Take:
あなたの手を使い、ホールドされている場所から何かを移動させること。
例:りんごが机の上にある。
ポールはその林檎が欲しいので、それを机の上からとる。
ポールはリンゴと教室を歩いて出る。

Place: to use you hands to put something down.
Example: Paul bites the apple and learns that it is not ripe. He places the apple in the trash.

place:
何かを下ろすためにあなたの手を使う。
例:ポールはリンゴをかじりそれが熟してないことを知る。
彼はその林檎をゴミ箱に置いた。

Hold: to use your hands or arms to carry, support, or grip something.
Example: Paul goes to the grocery store and buys three good apples.
He holds the apples on the way home.

Hold:
サポートしたり何かを掴む、運ぶために手や腕を使う
例:ポールは生鮮食料品店に行き、良いリンゴを3つ買う。
彼は帰り道にリンゴを持っている。

何度も上のネイティブさんたちの説明文を読んでて気がついたのは、『hold』は『持っている感』があって、『take place』は『動かす感』があるということです。

つまりこう言うことなのではないかと。

【まとめ】
✅ being held
開催(催し物を)している状態

✅ takeing place
(催し物を)行うこと

なので、『展覧会を開催中です(展覧会を持っている感)』の場合は『being held』で、『サイン会を開催します(サイン会をする感)』の場合は『take place』と。

今までよくわからなくてモヤってましたが、何となく『take place』と 『hold(being held)』の違いがわかったような気がします。(゜_゜)


【今日のノルマ】
UNIT75, UNIT76 x 2回

今回は、前から謎だった『小数点の英語読み』について調べてみました。
(Google翻訳とWebilioの音声再生機能を使って耳コピしました)

✅ 4.8
フォー・ポイント・エィトゥ

✅ 12.3
トウェルブ・ポイント・トゥリー

✅ 0.8
ゼロ・ポイント・エィトゥ

小数点の『 . 』『ポイント』に置き換わるだけみたいです。
あとは日本語読みと同じ。
時間みたいに『ゼロ』が『オー』に置き換わるとか言うのはないようでした。

【読み方まとめ】
数字 + ポイント(小数点) + 数字

【今日のノルマ】
UNIT73, UNIT74, UNIT75

英単語の発音確認のお時間です。
本日の英単語はこれ。

✅ downturn(不況)
ダウントゥァン

turn の耳コピをカタカナに直すのがなかなか大変でしたが、とりあえずやってみたら『トゥァン』に聞こえました。

何度も聞き直しましたが、多分『turn』の部分は『ターン』とは言ってないと思います。(゜_゜)
(というか、英語のカタカナ表記はものすごく厳しいです)

【今日のノルマ】
UNIT71, UNIT72 x 2回

英単語の発音確認のお時間です。
本日の英単語はこれ。

✅ immediately(すぐに)
アミディアトゥリィ

『i』はまさかの『ア』読みでした。
(これは予想できない)
今まで『イミディアトゥリィ』と読んでましたよっと。(゜_゜)

あと『tely』なのに『トゥリィ』読みするのも地味に地雷。
(1単語に地雷2つとか流石英語さんやで)

【今日のノルマ】
UNIT69, UNIT70 x 2回

英単語の発音確認のお時間です。
本日の英単語はこれ。

✅ shirt(シャツ)【単数】
シャートゥ

✅ shirts(シャツ)【複数】
シャーツ

何となく曖昧なまま放置していたシャツの単数形 shirt の読み方
『シャートゥ』でした。

どうしてかはわからないですが、どういうわけか日本語では複数形の方が広まって定着してしまったようです。

『Shorts』は『2つの丈の短い物』なので複数形ってのもわかるんですが、あ、あと靴の『Shoes』もわかります。

でも日本で『シャツ』の複数形が定着したのは何でかなーって感じがします。
(多分また誰かが適当に読んで定着させたに1000ペリカ)

【今日のノルマ】
UNIT67, UNIT68 x 2回

今回は『ついに』的な英単語、『finally』と『at last』の違いについて調べてみました。(゜_゜)

https://hinative.com/ja/questions/11006540

They mean the same thing but are used slightly differently.
Finally, they did it. - okay
At last, they did it. - okay
They finally did it. - okay
They at last did it. - NOT okay

それらは同じことですが、若干違うように使われます。

ついに(Finally)、彼らはそれをやった - OK
ついに(At last)、彼らはそれをやった - OK

彼らはついに(Finally)それをやった - OK
彼らはついに(At last)それをやった - OKじゃない

https://hinative.com/ja/questions/1708067

Meaning of both is somewhat same.
Last can be both used as an adjective and adverb.
Finally is used only as an adverb.

両方の意味は多少同じです。
Last は形容詞と副詞の両方として使われます。
Finally は副詞のみで使われます。

Both mean the same.
But eventually carries a subtle meaning of 'over a some period of time' whereas at last may indicate 'over a long period of time'.
But generally both mean same.

両方の意味は同じです。
でも、最終的に細かい意味の "一定期間" を伝えているのに対し at last は "長い期間" を表しているかもしれない。
でも一般的には両方は同じ意味です。

んー、意味の違いを気にするほどもないほど同じ意味なんですね。(゜_゜)
(fainally は一定期間内の話で、at last の方が長期間を意味しているらしい?)
要は、それぞれの『品詞』が違うので、使い方の違いがあるだけと。

『at last』の場合は、動詞の前に持ってきちゃいけないんですね。
使うなら、文頭でコンマ入れて使わないとと言うことで。
(They at last did it. - NOT okay)


【Finally と at last まとめ】
✅ Finally

『ついに』とか言う意味
➡  一定期間内の話

✅ at last
➡  Finally と同じ意味
➡  長期間の話


【今日のノルマ】
UNIT66 x 2回, UNIT67

英単語の発音確認のお時間です。
本日の英単語はこれ。

✅ Caribbean(カリブ海)
カリヴィアン

ひょっとしたら『カリビーン』とかかと思ったら、本当に『カリビアン』でした。(゜_゜)
素直な発音で非常によろしいかと思われます。
(bが2つもついてるのは謎ですが)

【今日のノルマ】
UNIT65 x 3回

↑このページのトップヘ