カテゴリ:スラスラ瞬間英作文 中学1・2年 > 02回目

今回は Track 20 をクリアしました。(^.^

今日で、2回目の 初代スラスラ瞬間英作文第二章の中1・中2レベルは終了です。
自分では、結構英作文ができるようになってきたなあとか思ってたんですが、まだまだわからないところが沢山あり、勉強の日々だったりします。

という訳で、次から3回目になりますが、引き続き頑張っていこうと思います。(^^ゞ

ところで、今回は前から疑問だった glad と please の違いについて調べてみました。
すると、その違いについてすっごいページを発見しました。
それが下のページです。


http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8010511.html
英語 glad とpleasedのちがい


このページのすごいところは、ただ単に意味だけでなく、語源とか同類の英単語などについても書いてあるところです。
これを見ると、なるほどなー(´・∀・`) と納得することができます。

でもって、このページによりますと。。。 


glad
ゴールドを連想させるような、キラキラ光輝くように喜ぶ

please
flat フラット・平らにするとか、plane 平面に近い言葉で、凸凹を平らにする = 満足(満ち足りる)


瞬間英作文 の短い例文では、どちらの英単語を使用すればよいのか分かりづらい事も多いかと思いますが、意味はちゃんと覚えておいて、いざというときに使いこなせるよう、頑張ろうと思います。(^^ゞ

今回は Track 19 をクリアしました。(^.^

今日は、だいぶ前から疑問だった(じゃあ、なんでさっさと調べないのかと) mostalmost違いについて調べてみました。(^^ゞ

とりあえず、まずは Webilio で。。。

すると、どうやら 『 ほとんどの 』 とか 『 たいていの 』 と言う意味の almost と most の意味は、両方共同じような感じで、違いがないように見えました。(´・_・`)


http://ejje.weblio.jp/content/almost
almostの意味・解説

http://ejje.weblio.jp/content/most
mostの意味・解説


ならば、、、

と言うことで、さらに調査してみました。
すると、下のページを発見しました。


http://www.85begin.com/columns/almost
英文法レッスン: almost と mostの違い | By ユキコ先生


どうやら、副詞形容詞かって言うのがミソだったようで。(^^ゞ

almost → 副詞
most → 形容詞(として使う場合)

  \|/
  ― Θ ―
  /°\
  ∧_∧
  ( ・∀・) < ソウダッタノカー
  ( つ  つ
 〈 〈\ \
  (__)(__)

という訳で、 スラスラ瞬間英作文 で使用された most と almost について考えてみますと。。。

most(形容詞) house(名詞) → ほとんどの家
almost(副詞) two o'clock(名詞) → 2時近く

と言う感じで、ちゃんと副詞と形容詞として使われていたようでした。(´・_・`)


http://ejje.weblio.jp/content/three+o'clock
three o'clockの意


ちなみに、almost ○○ o'clock (もう少しで○○時・ほとんど○○時・○○時近い)と言うのは、こう言う定型句のようなものがあるようで、丸覚えしておいたほうが良いかもです。 

     ∧_∧
    ( ´・ω・`)     ∧_∧
    /     \   (    )
.__| |    .| |_ /      ヽ そうだったのか!
||\..∧_∧    (⌒\|__./ ./
||.  (    )     ~\_____ノ|   ∧_∧
  /   ヽ お前頭いいな!\  (    ) やればできる子だな!
  |     ヽ            \/     ヽ.

今回は Track 18 をクリアしました。(^.^

ところで、今日は以前から疑問だった leg ( 複数形 legs ) と foot ( 複数形 feet ) の違いについて調べてみました。 


http://ejje.weblio.jp/content/foot
footの意味・解説

http://ejje.weblio.jp/content/leg
legの意味・解説


上のページを見ると、どうやら foot ( feet ) はくるぶしから下の地面につける部分を、leg ( legs )は太ももからくるぶしまでの部分を言うようです。(´・_・`)

ちなみに、日本語でもがありますが、これも使い分けするものです。 



くるぶしから下の地面につける部分


太ももから足全部ひっくるめた部分


こうやって考えますに、多分こうなるのではないかと思います。
(脚を英訳するときには、面倒くさいことになるかも?)

足 = foot
くるぶしから下の地面につける部分

脚 = leg + foot
太ももから足全部ひっくるめた部分


ちなみに、 スラスラ瞬間英作文 で leg が使われたのは、Track 11 の ⑦ です。

I think that he broke his leg when he fell off the tree.
僕は、彼は木から落ちた時に、足を折ってしまったのだと思う。

この例文で leg が出てきたわけですが、多分ではありますが、この日本語の例文の 『 足 』 を英訳するときは、足首から下の foot を使ったほうが良いような気がしました。(^^ゞ

今回は Track 17 をクリアしました。(^.^

ところで、今日はかねてからの疑問だった will と would の違いについて調べてみました。
すると、下記のページを発見しました。


http://www.eigo-nikki.com/article/13193984.html
will と would の使い分け (★★★ 上級)


どうやら、will強い言い方でものを言ったり、友人とか親しい人に何かを頼んだりするときに使うようで、would遠回しに言ったり、丁寧に何かをお願いしたりするときに使うっぽいです。(´・_・`)

と言うかあれですよ。
瞬間英作文 では、○○してもらえますか?って言うのを Will you please ○○ と書かれてったのでそう覚えててたんですが、上司とかお客さんに対して何か言う時は、Would you please ○○ と言う方がよいのかもです。


この他、仮定の話をする時も would を使います。
これは、 おかわり!どんどん瞬間英作文 でやったので(かなり忘れちゃったのですが)、覚えてます。(^^ゞ

もし○○ ならば、△△するのだが
could の場合は、もし○○ ならば、△△できるのだが)


あと、「 昔は、俺もよく○○したもんだ (´・∀・`)」 と言うような感じで、過去の習慣などについて書くときや、非難する際に would が使われるっぽいです。
(丁寧な言い方をするときにも使うし非難するときも使うという、何だか妙な英単語です。(;´∀`))


https://phrase-phrase.me/keyword/will-would
助動詞 will と would の意味と使い方


そんなこんなで、使用方法とか意味がバラエティに飛んでますので、一気に覚えるのは難しいとは思いますが、would が出てきたらその都度、できるだけ覚えていこうと思います。(^^ゞ

今回は Track 16 をクリアしました。(^.^

ところで、今日は前に 初代スラスラ瞬間英作文 をやった時に疑問に思った feel sick become sick違いについて調べてみました。 


feel sick
気持ち悪い、むかむかする、吐き気がするなど

become sick
病気院ある、具合が悪くなる


こうやって比較してみると、feel sick の方はただ単に気持ちが悪いという感じで、become sick の方はより病気に近いのかなって思いました。 

じゃあ、今やってる初代スラスラ瞬間英作文の場合、例文では become sick ですが、『気分が悪くなる』 なので、feel の方がいいのかな?って思いましたが、ホントのところどうなんでしょ?

もしかして、feel sick でもいいんですかね?
(うーん、謎だー (´・_・`))

今回は Track 15 をクリアしました。(^.^

ところで、今日は前々から疑問だった appearturn up の違いについて調べてみました。
初代スラスラ瞬間英作文 では、どっちも 『 現れた 』 なんですよね。(´・_・`)

そこで、例文をWebilio で調べてみたら、どうやら少し意味が違っていたようでした。


http://ejje.weblio.jp/content/appear
appearの意味・解説

http://ejje.weblio.jp/content/turn+up
turn upの意味・解説


appear

現れる
(普通に現れる)


turn up

ひょっこり出てくる
ひょっこりやってくる
不意に生じる
発見する
(多分、意図しないで現れると言う意味)


という訳で、appear と turn up は、普通に現れた時は appear を使って、意図しない時に現れた時には turn up が使われるのではないかなと思いました。(^^ゞ
(この解釈にはちょっと自信あり)

今回は Track 14 をクリアしました。(^.^

ところで、 スラスラ瞬間英作文 をやっていたら greet という英単語が出てきました。
使われ方は、『 greet ○○ 』『 ○○に挨拶する 』 と言う意味になります。

これを見た時にふと思ったんですが、ひょっとすると、グリーティングカードって言うのは、挨拶するときに使うんじゃないかな?と。。。

そこで、早速調べてみたら、やっぱり年中行事(クリスマスとかお正月)とか、ありがとうと感謝する時とかに贈るカードのことでした。
(それで、クリスマスとかお正月にネットでグリーティングカードのメールが贈られてたんですね。(´∀` ))

ちなみに、グリーティングカードとは違いますが、名詞についてなのですが、この名詞には色々な訳し方があるようで、これって言うのはわかりませんでした。(´・_・`)

visiting card とか name card とか business card とか色々とありますが、もしかして、どれでも通じるですかね?
(謎だー)

今回は Track 13 をクリアしました。(^.^

今日もまた、at the age of ○○ を間違えました。(/_;)
よく間違えるんですよね、この英熟語。( ´Д`)=3

次はちゃんと覚えないとです。
というわけで、次は間違えないように頑張ろうと思います。(^^ゞ

今回は Track 12 をクリアしました。(^.^

ところで、 初代スラスラ瞬間英作文 では、大きな喜びという英訳great joy になっていることを知りました。

最初は、big joy かなあとも思ったんですが、どうやら違っていたようで。。。(;´∀`)

一応、ググってみたりもしたんですが、big joy というのもあったことはあったんですが、何と、big joy は家具屋さんでした。

英単語じゃなかったーーーー
工エエェェ(´д`)ェェエエ工ー

日本語の例文では大きな喜びとなっていましたので、big = 大きな joy = 喜び かとも思ったんですが。。。(;´∀`)

ちなみに、very joy はないかな?って思って調べてみたんですが、very は副詞形容詞があるんですが、副詞の意味は皆様お馴染みの意味なのですが、形容詞の方は意味が変わってしまうので、使えないかなって思いました。


http://ejje.weblio.jp/content/very
veryの意味・解説


veryの意味

副詞
大変に○○、非常に○○

形容詞
まさしく、ちょうど

今回は Track 11 をクリアしました。(^.^
ところで、今日は leave behind の使い方について調べてみました。 


http://ejje.weblio.jp/content/leave+behind
leave behindの意味・解説


leave behind
置き忘れる、残す など

be leave behind
置き忘れられた、残された など

leave ○○ behind
○○を置き忘れる
○○を残す


例文も一応確認してみたら、大半が leave ○○ behind になってました。
でも、時々 leave behind ○○ と言う例文がありました。

leave ○○ behind も leave behind ○○ も、両方共意味に違いはないように見えました。
もしかして、どっちもOK牧場なんでしょうか? (;´∀`)


http://ejje.weblio.jp/sentence/content/leave+behind
leave behind


でも、意味の違いはないようですが、圧倒的に leave ○○ behind の方が数が多いですので、実際に使うのであれば、 leave ○○ behind の方が良いのかもです。(^^ゞ

今回は Track 10 をクリアしました。(^.^

ところで、Tack 10 の①についてなのですが、前々から疑問だったことがあります。
『 went out 』 で家を出た、『 go out 』『 家を出る 』になるのかどうかってことです。

『 drive ○○ 』 『 ○○を家に送る 』 ですので、『 go out 』『 家を出る 』 でもおかしくはないとは思うんですが。(;´∀`) 

そこで、go out (went out) で 『 家を出る 』 って言うのは、to home などの 『 家からと言う単語がないけど大丈夫なのか 』と言う点について調べてみました。


http://ejje.weblio.jp/content/go+out
go outの意味・解説


上のページを見たら、外出するって書いてありました。
外出?
外出って言うと家から出る


http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/36084/m0u/
「外出」の意味


というわけで、無事解決することができたのでした。(^^ゞ

今回は Track 9 をクリアしました。(^.^

今回は 『 ~してあげようか?』を間違えました。
Shall we ~?Let's にしてしまいました。(´・_・`)

これ、気を抜いているとすぐに間違えます
何で間違えるのかはわからないのですが。

Will ~?とか書く間違いの方が起こりやすいような気もするんですが、何故か間違うのはたいてい Let's です。
そのようなわけで、次からはできるだけ間違えないように頑張ろうと思います。(^^ゞ

今回は Track 8 をクリアしました。(^.^

ところで、前回やっと時から思ってたんですが、Track 08 の ⑩の 

I heard that she has known him for over [more than] five years.
私は、彼女は五年以上彼と知り合いと、聞いています。 

この例文なんですが、この 『 彼と知り合い 』 というのが引っかかっておりまして。(´・_・`)

と言うのも、『 知り合う 』 って言うのは、以前の おかわり!スラスラ瞬間英作文 では 『 get to know 』 だったからです。

でも、今回は ただの know です。
これはどうなんだろうなと。


http://en.user-info.net/2015/01/post-8516.html
まさかアルツハイマーに?

http://ejje.weblio.jp/content/get+to+know
get to knowの意味・解説


せっかく、足りない頭で一生懸命に覚えたんです。
そんなわけで、ついつい 「 何だかなあ。。。(´・_・`) 」 とか思ってしまったわけです。

でも、よくよく見ると、例文では 『 ○○と知り合い 』って言うことですが 『 get to know 』 『 知り合う 』 って意味ですので、『 get to know 』 ではなk、『 ○○ be acquaintances with △△ 』 になるのかなと。
(これは、Webilio翻訳に載ってあった例文にも書かれてあったので、多分ダイジョウブ)

これを、今回の例文に当てはめると。。。

I heard that she has been acquaintances with him for over [more than] five years.
私は、彼女は五年以上彼と知り合いと、聞いています。 

になるのかなと。
まあ、全然自信ありませんが。( ̄m ̄)プッ

と言うか、acquaintances アクゥインテンス と言うのが、かなり難しい単語です。
この難しい単語を避けるため、敢えて過去形の know にされたのかも?とか思うこともあります。

という訳で、何となく腑に落ちない感じではありますが、今後共頑張って英訳していこうと思います。(^^ゞ

今回は Track 7 をクリアしました。(^.^

ところで、今日は兼ねてからの懸案だった 

all of the ○○
all the ○○
all ○○

の違いについて調べてみました。
すると、下のページを発見しました。


http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1304655.html
all of the と all the の違いは?

http://ejje.weblio.jp/content/all
allの意味・解説


これによると、どうやらこんな感じらしいです。
(あってるかな?)


all of the ○○ = all the ○○
『 ある特定の○○ 』(この町の全ての女性とか、この書店の全ての本とか)と言いたい時に使用。
of 付き、of 無しの両方とも、意味は変わらないようです。
(of を省略するか省略しないかの差)

【例】

I like all of the dogs.
I like all the dogs.
私は、(その)犬たちみんな好きです。

c[all of the [these,those]…で] すべて,みんな.

用例
all of the boys 少年たちみんな.

all ○○
『 (何も限定しない) 全ての○○ 』と言いたい時に使用。
これは、of あり of なしで意味が変わってきてしまうようです。
(全然自信ないですが。。。(´・_・`))

【例】

I like all of dogs.
私は犬のすべてが好きです。

I like all dogs.
私はすべての犬が好きです。

今回は Track 6 をクリアしました。(^.^

ところで、これも前回から変だ変だと思ってたんですが。。。

I met her once when I lived in the town.
その町に住んでいたとき、僕は一度彼女に会ったことがある。

と言うのは、現在完了形でなく、過去形で英訳されてました。

日本語の例文の下のワンポイントアドバイスにはちゃんと『 主節の時制は現在完了形ではありません 』と書かれてあったのですが、この日本語の文章だけ見ると、どこをどう見ても現在完了形の文章に見えなくもないんですが。(^O^;)

I have met her once when I lived in the town.

うーん、やっぱり何となくこっちの方がしっくりくるような。( ̄^ ̄;)

謎。。。

今回は Track 5 をクリアしました。(^.^
ところで、前の時(1回目にやった時)も疑問だったんですが、

I think that he has never seen a kangaroo.

は、
I think that he has never seen kangaroos.
にした方が良いのでしょうか?
(今頃こんな事言うとるし。( ´,_ゝ`)プッ)

動物、例えば犬一般の話をしている時は dogs
猫一般の話をしている時は cats 。

でもって、犬肉の話をしている時は dog
(meet みたいな感じで、単数にしてしまうと 肉扱い になるそうで)

だとすると、カンガルーを見たこと無い = カンガルー一般を見たこと無い = kangaroos なのかなと。(´・_・`)

という訳で、Webilio翻訳 で翻訳してみたところ、

He has not watched a kangaroo.

君は今までにカンガルーを見たことがありますか。
Have ever seen a kangaroo? - Tanaka Corpus

私は動物園でコアラやカンガルーを見る予定です。
I plan on seeing animals like koalas and kangaroos at the zoo. - Weblio Email例文集

私はカンガルーはそんなに好きじゃないです。
I don't like kangaroos that much. - Weblio Email例文集

と言う解答が出てきました。

どうやら、○○を見たことがないと言う場合には、単数形が使われるようで。( ̄m ̄;)

動物一般について言っている場合、

私はカンガルーはそんなに好きじゃないです

のような場合には、やっぱり kangaroos になるようなんですが。
これ、なんでなんでしょうね。。。( ̄^ ̄;)

ひょっとすると、一匹でも良いのでカンガルーを見たことがありますか?って意味なんでしょうか?
だとしたら、a で単数形なのは非常に納得なわけですが。

という訳で、今ひとつよくわからない感じになってしまいましたが、次はちゃんと英訳できるよう、頑張ろうと思います。(^^ゞ

今回は Track 4 をクリアしました。(^.^
ところで、今日もまた drive you home を間違えました。(´・_・`)

これ、 drive you to home とかにしちゃうんですよね。
home を入れなきゃと言うのを常に考えてしまうのでございます。

家 = home なので。
home が無いと、車で家まで送るにならないじゃん!ヽ(`Д´)ノ とか思ってしまいまして。( ´Д`)=3

という訳で、次は間違えないように頑張ろうと思います。(^^ゞ
(次回やるまで覚えてたら)

今回は Track 2 と 3 をクリアしました。(^.^
ところで、今日はsave と help の違いについて調べてみました。 

という訳で、とりあえず save について調べてみたら、いきなり解答が見つかりました。(´・∀・`)


http://ejje.weblio.jp/content/save
saveの意味・解説


1救う 《★【類語】 save は人を危険などから救い出す意の最も一般的な語; rescue は敏速な活動によって差し迫った重大な危険から救い出すことで,しばしば組織的な救援活動を表わす; help は救出行動よりも助けを与えることに重点をおく》: 

要するに、、、


save
通常、危険から救い出すのはこれが使われるらしい。

rescue
重大な危機から救い出す。
恐らく、レスキュー隊的なサムシングもこれだろうなと。

help
助けを与える
(多分、手助けする的な感じ)
○○をお手伝いするとか、○○するのを助けてあげるとか。


、、、こういうことなのかなと。

ちなみに、saveお金を貯める、貯金する、蓄えると言う意味もあるようで、 

1a〈金・ものを〉蓄える,とっておく,貯蓄する.

このお金を貯めるって意味があるのが、何でだろうなと思う次第です。
浪費と言う危機から、お金や物を救い出してあげるんですかね? (^m^;)
(私のような凍死家可哀想な諭吉さんも、ちゃんと save してあげなきゃです。(´・_・`))

今回は Track 1 をクリアしました。(^.^
今日から、 初代スラスラ瞬間英作文 の 中1中2レベル の 2回目開始します。

初代の瞬間英作文は、序盤は簡単終わりに近づくにつれて難しくなる傾向がありますので( おかわり!スラスラ瞬間英作文 の方は、だいたい満遍なく簡単なのと難しいのが混ざっている感じなんですが)、こうやって中1中2レベルの最初の Track に戻ってくると、非常に簡単なように思えます。(^O^;)

と言うか、この辺りは比較的余裕です。(≧艸≦)
(日本語が変) 

でもまあ、今だけなんですけどね。( ̄m ̄)プッ
そのうち地獄の長文が待ってます。

という訳で、今のうちに簡単な英文を楽しもうと思います。(^^ゞ

今日は Track 47 と 48 をクリアしました。(^.^
今日は一発クリアできました。
次も頑張ります。(`・∀・´)

↑このページのトップヘ