カテゴリ:01 どんどん瞬間英作文 > 01回目 中2

今日は、TRACK 34 をやりましたよっと。

今日は、have been eaten を間違えました。
was eaten にしていたからです。

と言うわけで、have been eaten と was eaten の違いについて調べてみると、have が付くことで、「食べられてしまったので、今はなくなってしまった感」を演出することができるらしいと言うことがわかりました。

と言うわけで、それ臭い英訳があれば、過去完了形を使って書いていこうと思います。
(I have made a mistake. は、ミスしてしまった的なニュアンスなんですかね? (´・ω・`))

今日は、TRACK 33 をやりましたよっと。

今日は、like と love の違いについて調べてみました。
すると、love はかなり深く愛している時に使うのであり、好きとか友達などとして愛していたり好きな場合には、軽いバージョンの『like』を使うようです。

ちなみに、対人でなければ、割と気軽に love を使うようですが、対人である場合はかなり慎重になるようです。
love と言うのは、それだけ重い意味があるようです。

今日は、TRACK 32 をやりましたよっと。

今日は、seek と look と search の違いについて調べてみました。
でも、結局のところよく分かりませんでした。
どれもこれも探すとか捜すには違いないのですが... (´・ω・`)

と言うわけで、当面は『さがす』については英訳丸暗記で乗り切ろうと思います。

今日は、TRACK 31 をやりましたよっと。

今日は、more than と over の違いについて調べてみましたよっと。
でも、結局同じらしいと言うことしか分かりませんでした。
意味的には、両方とも『20歳超』と言う意味合いで、『20歳以上』と言う意味合いではないっぽいです。

両方とも同じように使えるのであれば、どちらも○でOKなんですかね... (´・ω・`)
独学はこう言うところが曖昧になりがちなので、安上がりに済みますが厳しい感じです。

今日は、TRACK 30 をやりましたよっと。

今日は、three times の前置詞について調べてみたですよ。
すると、three times は前置詞をつけないと言うことでOKっぽいです。

普通、前置詞は名詞につけるものなのに、名詞の three times に前置詞が来ないのはちょっと妙な感じだなあと思っていたら、その理由は、three times は名詞なのに、副詞っぽく動詞を修飾するからのようでした。
(ややこしい話だなあ... (´・ω・`))

今日は、TRACK 29 をやりましたよっと。

今日は、have met once について調べてみました。
と言うのも、これを have seen once と書いて間違えてしまったからです。
続きを読む

今日は、TRACK 28 をやりましたよっと。

今日は、財布と言う英単語で間違えました。
財布の英訳が思い出せなかったんですね。

そこで正解の英文を見てみると、wallet と書いてありました。
どうやら、ネットサービスの決済システムの『ライブドア・ウォレット』とか『Yahoo・ウォレット』のウォレットと同じヤツみたいです。
と言うか、そう言えば、Yahoo ウォレットの説明ページで「ウォレットとは英語で...」と言うのを何度も目にしたような気がします。

......。( ゚д゚ )

今日は、TRACK 26 と 27 をやりましたよっと。
今日は、dog の単数形と複数形と冠詞について調べてみたですよ。

dog → 普通、英文ではそのまま使われない
a dog → (一般的に見て)犬全般
dogs → (一般的に見て)犬全般

the dog → 特定の犬(一匹)
the dogs → 特定の犬たち

people のように『無冠詞で単数形=○○全般』と言う感じで思ってましたので、dog のような使い方をするとは思わずに、間違えてしまいました。
(英語って、覚えるものがいっぱいで大変ですわん。(´・ω・`))

今日は、TRACK 25 をやりましたよっと。
今日は、中2レベルの最終回でした。
次からは中3レベルを開始しまふ。 (´・ω・`)

多分、中3レベルは今のレベルよりも難しくなっていると思われますが、引き続きがんばろうと思います。
あと、今日は、come home と get home の違いについて調べてみました。
go home と come home は大体の使い分けを知ってたのですが、get home のことは知らなかったですので、今回調べてみたですよ。

続きを読む

今日は、TRACK 24 をやりましたよっと。

今日は、canを使った比較級の英文の than 以降は、○○ can ( I can )でもOKなのかについて調べてみました。
すると、どうやらOKのようでした。
(正解の英文には than me と than I しか書いてなかったのですが...)

ちなみに、今回この件でググった時は、こう言う can を使った比較級の文章の場合は、than 以降に 目的語(me us him her them)を使っているケースが多かったですので、こういう場合は、目的語を使うのかもと思いました。

今日は、TRACK 22 と 23 をやりましたよっと。
今日は、そこそこ快調でした。

彼らすべての中での them all のところは間違えてしまったのですが、正解の英訳を見て、以前やった us all の例文を思い出し、すぐに納得できました。
と言うわけで、まだまだ間違いとかは多いですが、少しずつでも進歩しているのかなあと実感したのでした。

今日は、TRACK 21 をやりましたよっと。
今日は、明日はもっと暑くなるの英訳を間違えました。

暑くなるとか寒くなるとか雨だとか晴れだとか言うときは、It を使うことが多いってのは分かってるはずなのに、そう言うのはすっかり忘れて 主語を tomorrow にしてしまうと言う... (´・ω・`)
と言うわけで、今度は間違えないように気をつけようと思います。

今日は、TRACK 20 をやりましたよっと。

今日は、一つの文章内で重複する単数名詞を one に置き換える場合、my one とか his one のようなのはありか調べてみました。
すると、どうやら my one と言う置き換えはありえないようでした。
その代わりに、mine とか his とか hers とかなるようです。

確かに、そう言えばそれで済む話でしたね。
わざわざ one を憑けるまでも無く... (´・ω・`)

今日は、TRACK 20 と 21 をやりましたよっと。
今日は、itを使った新種の比較級を初体験しました。
この例文は天気について書いた比較級の↓のような例文でした。

It will be much hotter tomorrow than today
(明日は今日よりもずっと暑くなるだろう)

これを元々の文章で分解しますと...
続きを読む

今日は、TRACK 18 と 19 をやりましたよっと。
今日は、live + (前置詞)について調べてみました。
と言うのも、自動詞なのに前置詞が入っていたり入っていなかったりするからです。

続きを読む

今日は、TRACK 17 をやりましたよっと。
今日は、pleased to と glad to の違いを調べてみました。

すると、どうやら意味的にはほとんど一緒で、pleased to の方が丁寧な言い回しらしいと言うことがわかりました。
(すごく丁寧らしいので、普通の会話の時は glad の方が無難かな?)

今日は、TRACK 16 をやりましたよっと。
今日は、borrow の意味を調べてみました。

《 borrow 》
○○から物・金を借りる
(英訳では、lend と間違ってしまったんですが、lend は貸すって意味なので正反対でした。(´・ω・`))

今日は、TRACK 14 と 15 をやりましたよっと。
今日は、実に簡単な感嘆文の使い分け法をどんどん英作文のページ下のアドバイスで見つけました。

What a~ What a + 形容詞 + 名詞
How ~ How + 形容詞 + 副詞

これだと、前の方法(非常に○○な)に置き換えて考え直す方法よりも簡単にできそうでしたのでやってみたら、本当に簡単にできてよかったです。(´ω`*)

今日は、TRACK 13 をやりましたよっと。
今日は、solve と answer の違いについて調べてみました。

+ solve 問題や計算などを解く
+ answer 返事をする・回答する

今日は、TRACK 12 をやりましたよっと。
今日は、calm の意味について調べてみました。

《 calm の意味 》
静かな・静けさ・平穏・静める・落ち着く

色々な意味があるようですが、概ね、静かだとか落ち着いていると言う意味のようです。
(quiet とは何が違うんだろう...)

↑このページのトップヘ