カテゴリ:01 どんどん瞬間英作文 > 02回目 中2

今日は、TRACK 34 をやりましたよっと。
今日は中二レベルの2回目を終了しました。
何だかんだ言って、ここまではまだ楽な方なんですよね。
書く量が少ないんで・・・

でも、中三レベルになったら一気に書く量が多くなるんで、今からちょっとプチウトゥな悪寒です。 ('A`)
(もそっと書くのが楽になればいいのになあー)

今日は、TRACK 32 と 33 をやりましたよっと。
今日は、that節の時制を大量に間違えましたよっと。

まだ頭で考えながらボチボチという感じで英作文をやってますので、ちょっと疲れていたり、ズボラしたいなあと言うスケベ心が発生しますと、すぐにこの辺りが間違え始めます。

と言うわけで、これからも頑張って英訳の勉強をして、疲れたりズボラしたくても間違えないくらいまで、徹底的に英語を刷り込みたいなあと思います。

今日は、TRACK 31 をやりましたよっと。

今日は、何秒も何分も何時間も何日も何週間何ヶ月も何年もと言う時の書き方を学びましたよっと。
つか、for hours とか for weeks のように、for + 日時の単位(複数形)でOKだったんですね。

思いっきり悩んじゃって損しましたよっと。 (ノ∀`)
と言うわけで、次はスラリとかけるように頑張ろうと思います。

今日は、TRACK 29 と 30 をやりましたよっと。
今日は、以前にも調べたはずのを調べました。

つか、トコロテン並みに記憶力が悪いですねえ、私の頭は・・・。
困ったもんでしゅ。
≫ talk to と talk with の違い|2009年9月24日

今日は、TRACK 28 をやりましたよっと。
今日は、○○夫妻 = Mr.○○ and Mrs.○○の英訳を・・・

・・・正解しました。 (゚∀゚) ウヒッ

と言うのも、Mr.&Mrs.スミス と言うブラピ&アンジェリーナ・ジョリーの映画のタイトルを思い出したからです。
いやはや、映画と言うのも案外役に立つもんですねえw ( ´ω`)

今日は、TRACK 26 と 27 をやりましたよっと。
今日は、Who got up the ealiest this morning in your family. と言う英文を間違えました。
と言うのも、Who got up the ealiest in your family this morning. と言うのが正しいんじゃないかと思いまして・・・

いつもの英文だと、this morning とか in the morning などの時間を表す単語は一番後ろに持ってくることが多かったので、今回もそうじゃないかと思ったんですね。

でも、this morning は ealiest にかかってるわけですから、やはり ealiest の後ろに持ってくるのが正しいのかもです。
と言うわけで、最上級の文法でthis morning とか付く場合は気をつけようと思います。 (´・ω・`)

今日は、TRACK 25 をやりましたよっと。

昨日は、 またしても、比較級のthan以降が than I can か than me か分からなくなってしまったので、再び調べていると自分の書いたページを見つけてしまいました。 (´・ω・`)

≫ than me か than I can か|2009年8月 4日

この物忘れの激しさはかなり秀逸かもです。
(ほんの2ヶ月前に書いた記事やん (ノ∀`) アチャー)

今日は、TRACK 24 をやりましたよっと。
どんどん瞬間英作文になってからは、文法ごとにページが分かれているので、1週するまでに英文法を忘れてしまっているケースがあります。

最上級の英文法のone of the ○○ △△ もその一つでした。
△△は複数形になるんですが、それをきれいさっぱり忘れてしまっておりました。 (´A` )

と言うわけで、次まで覚えているかどうかは分からないですが、できるだけ忘れないように頑張ろうと思います。
(とか言いつつも、また忘れてしまいそうな悪寒)

今日は、TRACK 23 をやりましたよっと。
今日は、intelligence と intelligent の違いについて調べてみました。
と言うのも、intelligen・・・と言うところまでは分かったんですが、その後ろに付くものが ce なのか t なのか分からなかったからです。

+ intelligence 【名詞】
知力、知能、頭が良い、聡明

+ intelligent  【形容詞】
頭の良い○○、聡明な○○

イメージ的には、ce の方が形容詞で t の方が名詞のイメージだったんですが、どうやら逆だったようです。 ( ´・ω・)
と言うわけで、間違えないように気をつけようと思います。

今日は、TRACK 21 と 22 をやりましたよっと。
今日は、them all を間違えました。
前の時も確か、them all は間違ってしまったわけですが、どうやらまた同じことを繰り返してしまったようで・・・

つか、前の時のタイトルが『them all が余裕な件について』と言うのか何とも痛々しい感じで・・・
(別の意味で、全然余裕で無い雰囲気がプンプンしているのであります)

今日は、TRACK 19 と 20 をやりましたよっと。

今日は、some と any について調べましたよ。
前にも一度調べたんですが、やっぱりよく分からなかったので・・・
続きを読む

今日は、TRACK 18 をやりましたよっと。
今日は、please to と glad to の違いについて調べてみました。
と言うのも、どちらも喜ぶでしょうと言う日本語の例文だったからです。

調べてみた感じでは、please の方が硬い感じはあるものの、どちらも普通に使えるようです。
(glad とhappy には大きな違いがあるようですけど・・・)

と言うわけで、次はどちらを使っていても正解にしてしまおうかなあと思います。
(若干、不安ではありますが・・・ (´A`;))

今日は、TRACK 16 と 17 をやりましたよっと。 今日は、to不定詞の副詞的用法英作文をやったんですが、結構、間違いが多かったです。 と言うのも、時間やら日時を置く場所を間違えたからです。 そこで、例題の英作文に点数を付け終わった後、もう一度日本語の例文と英語の例文を見直してみました。 すると、どうやら、日本語の通りに(日本語で日時が修飾されている通りに)素直に日時を置いていけばよいと言うことがわかりました。 と言うわけで、次はあまり深く考えずに、日本語の例文の通りに素直に日時の単語たちを設置しようと思います。

今日は、TRACK 15 をやりましたよっと。
今日は、for many hours (何時間も)を間違えました。

some hours って書いちゃったんです。
何 時 間 ってことだったので・・・

え? ( ゚д゚ )

でも、意味的には many hours が正しいかもですね。
と言うわけで、次は間違えないようにガンバロウと思います。

今日は、TRACK 14 をやりましたよっと。

今日は、to + 動詞 で『○○をすることは・・・』と言う to不定詞の使い方を間違えました。
厳密に言うと、間違えたと言うよりも、動名詞で ○○ing にしちゃったと言うか・・・
(そう言うのを「間違えた」と言うのであります (´・ω・`)))

と言うわけで、次はこれ系のポカミスをしないように気をつけようと思います。

今日は、TRACK 22 と 1 をやりましたよっと。

今日は、talk to と talk with の違いについて調べてみたですよ。
どちらも、同じような感じかと思ってたんですが、ニュアンスはちょっとずつ違っているようです。

talk with
(一緒に)○○と話をする

talk to
○○と話をする、(一方的に)○○に話しかける

こうやって見ると、with と to では、意味合いも変わってくるのも頷けます。
日本語の短い例文からこの辺りのニュアンスを一々考えるとなると、間違えることもあるかもしれないですが、実際に使う時は(あればですけど・・・ (; ^ω^))、間違えないように気をつけようと思います。

今日は、TRACK 10 と 11 をやりましたよっと。
今日は可もなく不可もなく、ボチボチな感じでした。
(サクッと終了できたわけでもなく・・・ (´・ω・`))

今日は、TRACK 9 をやりましたよっと。

今日は、Shall we ~ の返事で Yes,let's. と No,let's not. と言うのを間違えたですよ。
前にやったはずなんですが、キレイさっぱり忘れ去ってしまったようで・・・
(Shall we の方は覚えてたんですけどねー (´・ω・`))

ところで、この Yes,let's.って言うのは、恋愛小説家 と言う映画でジャック・ニコルソン扮する恋愛小説家が言ってましたよっと。
(無理をしてでも好きな女性のために笑顔で Yes,let's. と返事したので、ここの返事の部分だけは覚えているんですよねえ)

と言うわけで、次は Yes,let's.を思い出せるようガンバロウと思います。

今日は、TRACK 7 と 8 をやりましたよっと。
今日は、ready について調べてみました。

ready

【形容詞】
準備が出来た・用意が出来た・喜んで・すぐに
形容詞のready は、angryと同じように、be ready とか get ready と言う使い方をするっぽいです。

【動詞】
用意する・準備する
競技や競争などで「Ready・・・ Go!」と言っているのはこれっぽいです。

例文では、is ready でしたので、どうやら形容詞だったみたいです。
と言うわけで、次は間違えて動詞扱いとかしないように気をつけようと思います。

今日は、TRACK 5 と 6 をやりましたよっと。

今日も、SVO + to (for) で壊滅しました。
前の時もそうだったんですが、普段使い慣れた文法の方を使っちゃうんですよねー (´・ω・`)

例えば、She gave a present to me.のような文の場合は、She gave me a present.みたいな感じにしてしまうんです。
つか、分かってるからどっちでもええやん?みたいに思わなくもないですが・・・
(でも、そんだら文法の勉強にならへんのですねん (´・ω・`))

↑このページのトップヘ