カテゴリ:01 どんどん瞬間英作文 > 08回目 中2

今日は、TRACK 34 をやりましたよっと。
今日で、8回目の中2レベルが終了です。

何だか進歩したのかしてないのか今ひとつよくわからないですが、進歩し続けてるんだと信じつつ、中3レベルも頑張っていこうと思います。
ちなみに、今日は What is this made of. と言うのを間違えました。
(of を抜かしてました)

と言うわけで、次は間違えないように頑張ろうと思います。

今日は、TRACK 33 をやりましたよっと。

今日は English is spoken in many country. の in を by と書いて間違えてしまいました。
(これ、気を抜いていると間違えやすいんですよねえ~ (´A` ))
と言うわけで、次は間違えないように頑張ろうと思います。

今日は、TRACK 2 と 3 と 4 をやりましたよっと。
今日はサクッと終了しました。
やっぱり、サクッと終了すると気分がいいもんです。
と言うわけで、次もこの調子で頑張ろうと思います。(´ω`)

今日は、TRACK 30 をやりましたよっと。

今日は、waiting for の for を付け忘れたり、waching の ing を付け忘れたり、こちょこちょとつまんないことで間違えました。
と言うわけで、次は間違えずにちゃんとできるよう頑張ろうと思います。

今日は、TRACK 29 をやりましたよっと。
(クリアはできなかったですが、TRACK30 もやりました)

ところで、いつもTRACK30は詰まるんですが、その原因の一つが、以前に~○○したことがないと言う感じの英訳の時に、before を付け忘れてしまうからです。

『一度も無い』と言うのであれば、それだけで『以前に』と言う意味も含まれていると思うので、以前になどと言うのは入れなくても良いと思うのですが、何故か知らないですが、『以前に』と言うのが例文の中に入っちゃってるんですよねえ。

自分でこう言うことを書いていて、かなり言い訳がましいヤツだなあとは思うんですが、before をつけ忘れて間違えることが多いんで、思わず愚痴りたくなってしまうという・・・ (´・ω・`)

・・・。 ( ゚д゚ )

と言うわけで、次こそはちゃんとbefore をつけることができるよう、頑張ろうと思います。

今日は、TRACK 27 と 28 をやりましたよっと。
今日はサクッと終了しました。
と言うわけで、明日もこの調子で(ry

今日は、TRACK 26 をやりましたよっと。
今日書くことは特にありません。

つか この日記、ツイッター並みに短くね? (゚ε゚)

・・・みたいなツッコミがそろそろ入りそうな悪寒もせんではないわけですが・・・ (´A` )
(でも、学習記録を365日毎日ブログにつけるとなると、どうしてもこんな感じになっちまいますって)

今日は、TRACK 2 と 3 と 4 をやりましたよっと。
今日もまたまたまたサクッと終了してしまいました。
(最近、書くことが少ないわあ (ノ∀`) )

と言うわけで、明日もこの調子でサクッと終了してしまおうと思います。(´ω`)

今日は、TRACK 22 と 23 をやりましたよっと。
昨日に引き続き、今日もサクッと終了しました。
明日もこの調子で頑張ろうと思います。

今日は、TRACK 20 と 21 をやりましたよっと。
今日はサクッと終了しました。
この調子で明日以降も頑張ろうと思います。(´ω`)

今日は、TRACK 19 をやりましたよっと。
今日は、以前からちょっと気になっていた music と musical の違いについて調べてみました。

music  【名】 音楽
musical  【形】 音楽の

と言うわけで、musical instrument は楽器なんだということはわかりました。

でも、music room音楽室と言うのが今ひとつピンと来ないです。
(Who is the girl who is playing the piano in the music room?)
なぜなら、音楽の部屋  musical room=音楽室 なんじゃないかと疑問だったりするからです。

と言うわけで、これについてちょっと調べてみたんですが、結局、その理由はわかりませんでした。(´・ω・`)

今日は、TRACK 18 をやりましたよっと。
今日はmany と a lot of の違いについて、新しい情報をGETしました。
それは・・・

many = 硬い感じ(論文・書き言葉)
a lot of= 砕けた感じ(話し言葉)

・・・です。

今まで、こんなフィーリングの違いがあるとは知りませんでした。
(ボーッとしながら勉強しとるからや ( ´,_ゝ`)pgr)

と言うわけで、これからはこう言うにも気をつけてmany と a lot of を使っていこうと思います。

今日は、TRACK 16 と 17 をやりましたよっと。
今日はサクッと終了しました。
明日もこの調子で頑張ろうと思います。(´ω`)

今日は、TRACK 15 をやりましたよっと。
今日は、不定詞(副詞的用法)の日時の単語の置き場所を間違えまくりました。

これ、いつも間違えたり混乱したりするんですよねえ。 (; ´Д`)
⑦ とか ⑧ とか ⑨ とか はわかりやすいんですが、それ以外(日時のない ① ④ ⑥ を除く)は結構謎で・・・ (´・ω・`)

と言うわけで、今後の勉強でこのあたりもスラスラできるようになったらいいのになあと思う今日この頃です。

今日は、TRACK 13 と 14 をやりましたよっと。
今日はサクッと終了しました。
次もこの調子で頑張ろうと思います。

今日は、TRACK 12 をやりましたよっと。
今日は、Students have to wear uniform in the school. を間違えました。

私は、Students have to wear the uniform in the school. と、uniform の前に the を余計につけてしまったのです。
でもどうやら、uniform の前に the は不要だったようで・・・ (´・ω・`)

と言うわけで、次は間違えないように頑張ろうと思います。

今日は、TRACK 10 と 11 をやりましたよっと。
今日もサクッと終了しました。
今日も特に書くことはありません。

今日は、TRACK 8 と 9 をやりましたよっと。
今日はサクッと終了しました。
今日は書くことは特にありません。

今日は、TRACK 7 をやりましたよっと。
今日は以前から疑問だった come back と be back の違いについて調べなおしてみました。

すると、I'll be back. の意味 - BIGLOBEなんでも相談室 と言うページを見つけました。
これによると・・・

離れて行ってしまう、事が悲しいとされる状況で、例えば、兵隊で海外に行ってしまう、と言う状況では、go away と言う事が悲しくさせることですね。

ですから、Please come back! なのです。
しかし、一緒に居られないことに対して悲しい、と感じるのであれば、I want you to be back. なのですね。 

もちろん I want you to come back. ともいえますね。
でも、それは、無事に海外から戻ってきて欲しいわけです。

・・・とのこと。
確かにこうやって考えると、二つの単語はそれぞれ必要そうですし、意味の違いも非常にわかりやすいです。

と言うわけで、 瞬間英作文 の短い文章で、ここまでフィーリングを読み取るのは難しそうですが、とりあえず、come back と be back の意味の違いくらいは覚えておこうと思います。

今日は、TRACK 2 と 3 と 4 をやりましたよっと。
今日はサクッと終了しました。
今日書くことは特にありません。

↑このページのトップヘ