カテゴリ:02 おかわり!どんどん瞬間英作文 > 23 復習・Part2(1回目)

今日は TRACK 29 をやりましたよっと。
今日で復習の Part2 (1回目)は終了しました。

それにしても、以前、Part2 をやった時にさんざっぱな調べたり繰り返し勉強したりしたのに、まだ忘れていたりわからない所が出る辺りが何と言うかもう、私の勉強の中途半端さがよく現れているなあと思う次第なのであります。(^^;

という訳で、何か中途半端な出来であれなんですが、次は Part3 をやって行こうと思います。
(Part3 は、さらに手こずりそうな悪寒。。。 (ノ∀`))

今日は、TRACK 27 と 28 をやりましたよっと。

ところで、公用語の件について先日書いたんですが、公用語が国語(母国語)以外の国と言うのは意外と多いようでして、『国語(母国語) = 公用語』 と言う国は意外と恵まれているのかもです。

ただし、その国にじっとして暮らしている限りにおいては、その国の言葉だけで安穏として暮らして行けますので楽で良いのですが、英語などをの言葉を積極的に勉強しようと言う気概に結びつきにくいと言う欠点はあるのかもです。(^^;

また、世界に積極的に打って出る(または海外から投資やお金持ちを呼び込む)には、公用語が英語とかの方が良いのかもです。

今日は、TRACK 25 と 26 をやりましたよっと。
今日はサクッと終了できました。(^^

ところで、今日は以前からちょっと疑問だったreceive と return の違いについて調べてみました。

receive 受け取る・受け入れる など
return  帰る・戻す・返す など
(参考 : receiveの意味 Weblio辞書returnの意味 Weblio辞書

両者の違いは、『受け取る』 っていうこと 『返す』 ってことの違いっぽいです。
(こうやって見ると簡単なのに、いざ使い分けるとなる段になると、
忘れてしまうことが多い罠。 (´・ω・`))

今日は、TRACK 23 と 24 をやりましたよっと。

ところで、以前、英語が通じやすいアジアの国々について書いたのですが、その中で(英語が公用語)と書いた国がありました。

例えばシンガポールとかフィリピンです。
公用語とは、公の場所で使用できる言語のことです。
日本では通常、公の場所では日本語しか使わないですので、公の場所で英語を使用する国はかなり大変なんじゃないかと思います。

という訳で、英語が公用語の国で住み続ける場合は、一生懸命(死ぬ気で)英語を勉強しないと、場合によっては、英語を知らない&読み書き話しができないことで、大変なことになってしまうのかもです。(^^;

今日は、TRACK 22 をやりましたよっと。
今日は、She was the most beautiful of all the women in the town. を間違えました。

これ、たしか以前にも間違えたんですよねえ。(´・ω・`)
(間違えたことだけは、ちゃんと覚えているという。。。(ノ∀`) )

という訳で、次は間違えないようにがんばろうと思います。(^^

今日は、TRACK 20 と 21 をやりましたよっと。

今日もさくっと終了できました。
この調子でドンドン頑張っていこうと思います。(^^

ところで、アジアの中にも英語の堪能な方が多い国があります。
特に、シンガポール(英語が公用語)は英語の堪能な方が多いようで、英語が通じやすいんだそうです。

あとは、香港
ここも英語が非常によく通じる場所のようです。
(英国領が長く続いた影響もあるとは思うんですが)

この他、フィリピン(英語が公用語)でも英語がよく使われますし、以前も書きましたが、インド(英語が準公用語)でも英語がよく使われます。
なので、英語を知っていると、英語圏の色々な国々で旅をしたり、そこで働くときにも有利かもです。(^^
参考ページ : Wikipedia 英語圏

今日は、TRACK 18 と 19 をやりましたよっと。
今日はサクッと終了できました。

やっぱり、Part2 の方が単語とか的な意味で優しいような気がします。
ので、もしかしたら本当に Part2 の方が先に終了で来てしまうかもです。(^^;

今日は、TRACK 17 をやりましたよっと。

ところで、今さらこんなことを言うのも何なんですが、例文の 『お話をするのが得意ですか?』 って言うのが、いつも 『トークショーみたいな感じで(誰かと)お話をするのが得意ですか?』 っていうふうに思えてしょうがないです。

という訳で、今回も telling a story ではなく、talking と書いて間違ってしまったのでした。(ノ∀`)
(どうやら私は、日本語の読解力にも難があるらしい)

今日は、TRACK 16 をやりましたよっと。

今日は take an airplane をまた間違えました。
英語の場合は、乗るは乗るでも 『乗るもの』 によって動詞が変わるので覚えるのがめんどくさいです。

と言うか、記憶力の乏しい私のような人間にはなかなか厳しかったりします。
それでも、自転車は ride って言うのは覚えてるんですが・・・。(^^;
(そういえば、ライド~~~~ンで有名なレイザーラモンHGは今どこで何をしているのやら)

今日は、TRACK 15 をやりましたよっと。

今日は any と some の使い分けをチョコチョコと間違えました。
(any と some の使い分けは苦手だー (τωヽ) )

今日は、TRACK 13 と 14 をやりましたよっと。
今日もまた、サクっと終了できました。
次もこの調子でがんばろうと思います。(^^

今日は、TRACK 12 をやりましたよっと。
ところで、今日は couldwas able to違いについて書かれた参考になるページを見つけました。

日向清人のビジネス英語雑記帳:スペースアルク

う~ん。。。
両者とも同じ 『○○できた』 でも、単語が違うんで多分何かが違うんだろうなとは思ったんですが、こんな違いがあったとわ。。。 

という訳で、今日もまたひとつ賢くなれたのでした。(^^ 

今日は、TRACK 10 と 11 をやりましたよっと。

ところで、インドって英語が出来る方が多いみたいです。
なので、Yahoo ファイナンスのインド版のやつも英語で書かれてたりします。

インドは英語を使える方が多いようで、インドが経済発展していって、労働力が市場に供給されるようになると、英語を使ったお仕事は、かなりインドに流れこんでいくのかもです。
(日本ももっと、英語に力を入れたほうがいいのかも~ (@ω@ ;))

それにしても。。。
十数億の人口の国で英語を使ったお仕事への労働力供給とか
すごいことになりそうな気がしなくもなかったりするわけですが・・・。

今日は、TRACK 9 をやりましたよっと。

今日は、visit ○○ to △△ を間違えました。
(to の付け忘れ)

という訳で、次は間違えないようにがんばろうと思います。(^^

今日は、TRACK 7 と 8 をやりましたよっと。

今日もサクッと終了できました。
と言うか、微妙に Part2 のほうが簡単なような気が。。。
(go pale とか、そう言う新規で覚える単語とか熟語が少ないからかもしれないです)

という訳で、もあしかしてもしかすると、Part2 の方が先にクリアできてしまうかもです。(^^; 

今日は、TRACK 6 をやりましたよっと。

今日は色々と細かいところで間違えてしまいました。
(気持ちが緩みまくってる感じです。(^^; )

という訳で、次は間違えないようにがんばろうと思います。

今日は、TRACK 4 と 5 をやりましたよっと。
今日は久々にさくっと終了できました。

実際、もっと楽に出来るかと思ってたんですが、正直、完全に当てが外れてしまい (´・ω・`) だったりします。(^^;
という訳で、引き続きこの調子でがんばろうと思います。

今日は、TRACK 3 をやりましたよっと。

今日は、またしてもあの2つを間違えてしまいました。
あの2つとは。。。

go pale → 青ざめる
be getting warm → 暖かくなってきている

。。。です。
この2つは、以前にも間違えてて(覚えにくく)、あーあ (τωヽ)  って感じだったんですが、やっぱり、忘れ去ってしまっていたようでありまして。。。(^^;

という訳で、この機会に覚えこんでしまおうと思います。
(おさらいをしておいて良かったです)

今日は、TRACK 2 をやりましたよっと。

今日もまた、all the men at the table を間違えてしまいました。
これ、最初にやった時にさんざっぱな間違えたとこなんですよね。(´・ω・`)

という訳で、前にドボンしたり詰まったところで
確実に間違え続ける今日この頃なのでした。

↑このページのトップヘ