カテゴリ: 英単語フレーズ大特訓 (現在学習中)


今日もUNIT16をやりました。

今回のUNITでは、知らない単語が多いですが、anticipate もその一つです。
正直、これ、覚えられる自信がないです。(;´_`;)

私の頭性能では、少し困難な感じがしています。

anticipate を分解するにしても、anti(アンチ?)+ ci(?) + pate(一部)だと、却って頭が混乱するだけですし。(´-ω-`)

あ、ちなみに、Webilio に出ていましたが、 本当は ante + cipate と言う組み合わせみたいです。(^^ゞ
(anti ではなくて ante)

http://ejje.weblio.jp/content/anti
【語源】
ラテン語「(…より)先に取る」の (ANTE‐+‐cipārecapere ‘take')

と言うか、こう言うところも普通に間違えていくというね・・・。(。-´ェ`-) シュン

世の中には、見ただけでドンドン記憶できてしまう、凄まじく裏山な脳みそを持った人がおられるようですが、そう言う頭を持った人が、本当に羨ましいなと思います。
(私もそう言う頭を持っていたら、人生が遥かに楽だったろうになあ・・・。(T^T) )


今日もまたUNIT16をやりました。

ところで、今日は defeat と win の違いについて調べてみました。

どちらも『 勝つ 』という意味があるんですが、defeat と win の使い分けがわからないので、調べてみたのでした。

すると、バッチリの答えが書かれたページを発見しました。

win、beat、defeatはどう使い分ければいいでしょう?

つまり、こう言うことらしいです。

win
→ 試合に勝つ
→ 目的語なしでもOK

defeat
→ 相手(人やチーム)に勝つ
→ 目的語が必要

かなりスッキリしました。(´∀`)
という訳で、次からは間違えないように頑張ろうと思います。(・Д・)ゞ

今日もまたUNIT16をやりました。

何かもう、心が折れかけています。(;´_`;)
(私には敷居が高すぎたか?!)

ちなみに、guess という単語、昔覚えたような気がするんですが、綺麗さっぱり忘れてしまっていました。

でも、何となくは覚えていて、新規で単語を覚えるよりかは楽でした。( ̄∀ ̄)

じゃあ、英訳が楽になるかと言うと、どこでこの単語を使うかで混乱してしまうので、実は全然楽にはなっていないのが実情です。(^^ゞ
(単語は覚えるだけじゃ使えないのが実証されていまっている状態)

ちなみに、guess はグェスではなく、ゲスって言うようです。

http://ejje.weblio.jp/content/guess

意味は、『 言い当てる 』だとか、『(充分に考えないで)推測する』らしいです。

たぶん、北浜御大のように、当てずっぽうにポンポン言う感じなのかもですね。( ̄m ̄)

今日もまたUNIT16をやりました。

今日は、delayed と late の違いについて調べました。
どちらも遅れるという英単語なんですが、使い分けがわからないのです。

The train has been delayed, so I suppose he'll be late.
電車がおくれているので、彼は遅刻するでしょう。

この例文を読むと、どっちも late で良いんじゃないかなあとか思うんですが、実際はどうなんでしょう?( ̄∀ ̄)

すると、答えがバッチリ書かれているページを発見しました。

late, delayed, slow「遅い」意味の違いと使い分け

なるほど、これで上の例文の 『 電車が遅れる 』が『 delayed 』で、『 遅刻する 』が『 late 』なんですね。( ´д`))

スッキリしました。(´・∀・`)

今日もまたUNIT16をやりました。

ところで、今日は suppose の意味について調べてみました。

これって確か、推察するとか言う意味じゃなかったでしたっけ?
英単語フレーズ大特訓の例文には、『 仮定する 』とか『 思う 』と書かれていますが)

というわけで、ちょっと調べてみたら、答えが書かれているページを発見。

thinkとsupposeの使い分け方を教えてください

これを読むと、どうやら『 (根拠はないけど) 推察する 』とか『 (根拠はないけど) 思う 』ような時に使われる言葉のようです。

think のように根拠があってそう思ってるのに、suppose を使ってしまい、根拠なしみたいに思われたら大変ですので、これはちゃんと覚えておかないとです。( ゚艸゚;)

ちなみに、この suppose を分解すると、

su 下に
pose 置く
→ 仮定する

という感じになるようです。


ラテン語「下に置く」の意 (SUP‐ +posit‐, p?nere 「置く」); 名詞 supposition

多分ですが、

su (根拠を)下に
pose 置いたままにする
→ 仮定する

こんな感じなのかなと。
(全然自信はないですが。(;´∀`))

という訳で、次からは間違えないように頑張ろうと思います。(^^ゞ

今日もまたUNIT16をやりました。

全然終わる気配がありません。(;´д`)
と言うか、単語が覚えられません
(どうでもいい無駄知識はいっぱい覚えてるのになー(T^T) )

ところで、私が覚えられない単語は数多ありますが、assume もそのうちの一つです。
読み方も今ひとつわからない感じですし、何回書いても覚えられません。(´・_・`)

非常に困ったちゃん系の単語です。

しかも、推察するとか推測するとか言う例文の並びに入り込んでいて、何がどの単語か判別できずに非常に混乱しやすいので、英訳する度にウンウン唸っています。( ´Д`)=3

ほんと、こう言うのってどうやったら覚えられるんでしょうね。
(そもそもない頭で考えてもムリムリ (ヾノ・∀・`))

ちなみに、assume の読み方は、アッシュームのようです。

http://ejje.weblio.jp/content/assume

意味は、思い込むだとか、決めてかかるだとか、あんまりよくない意味のようです。
で、さらに assume の意味を調べていたら、面白いページを見つけました。

「assume」の話。

assume は、根拠はないけどって感じのイメージのようです。
ゲスの勘ぐりの guess と似た感じがしますので、両者の使い分けに混乱しそうな悪寒です。(・∀・;)

今日もまたUNIT16をやりました。

もう、全然覚えられません。( ノωノ)

必殺、日本語の下に英語の読み方を1~2文字チロチロ書く作戦をやると、まだ英訳できるのですが、それを消すと途端に思い出せなくなります。( ノωノ)

どうやら、私はまだちゃんと覚えられていないようです。

という訳で、こんな私が少しでも英語を思い出す役に立つよう、今日は infer を調べてみることにしました。

infer の読み方インファーです。
意味は推論するとか、推測するとかです。

語源持ち込むというラテン語です。

ラテン語持ち込む」の (IN+fer‐, ferre 「運ぶ」); 名詞 inference

自分の考えを持ち込む => 推察する

って感じですかね。

という訳で、語源まで調べてもなかなか覚えられなさそうな予感がしまくっていますが、できるだけ覚えられるよう、頑張ろうと思います。(^^ゞ

今日もまたUNIT16をやりました。

今日は remark について調べてみました。
英単語のヒントの部分には、『発言』と書かれていました。

でも、remark なんて聞いたこともなかったので、この際調べてみることにしたのでした。

http://ejje.weblio.jp/content/remark

発言と言うよりも、意見とか批評とか言う感じです。
出来事に対するコメントに近い感じでしょうか。

と思ったら、comment は remark の類語みたいです。(;´∀`)

ならば!

comment と remark はどう違うんだと思い、さらに調べてみたら、答えが書かれたページを発見。

commentとremarkの違い

日本では全部コメントで片付けてしまっていますが、英語圏はコメントの長さとか質で、comment と remark を使い分けてるっぽいですね。

スッキリしました。(´・∀・`)

今日もまたUNIT16をやりました。

ところで、今日は resign について調べることにしました。

一つ目は発音
何て読むのかわからないので調べました。

Webilio で聞いたら、resign の読み方は リザイン でした。

二つ目は、quite との違いです。

resign『 辞任 』と言う日本語訳がついているのですが、quite ととはどう違うのかについて調べることにしたのでした。
(ずっと、quite って覚えてましたよっと。( ̄∀ ̄))

すると、答えが書かれたページを発見。

quit, lay off, fire, leaveなど退職の英語表現

quit と resign はほぼ一緒なので、どっちでもOKみたいです。
(resign の方がフォーマルな感じとだけ覚えとけばOKかな?)

ちなみに、上のページに書かれてありましたが、レイオフって日本ではないですよね。(´・_・`)
アメリカの会社ではよくききますが。

日本では正社員の雇用がガッチリ守られてるので、景気の調整弁に非正規雇用の人たちが使われている形になってるのかもです。
(非正規雇用の受難)

今日もまたUNIT16をやりました。

ところで、今日は以前から謎だった『 推察する 』と言う英単語の suppose と expect と anticipate の違いについて調べてみました。

正直、このあたりの違いがよくわかっていないので、実際に使うとなると混乱しちゃうような気がしますし。(;´_`;)
(と言うか、面倒くさいので全部 expect で済ませそうな気もしなくはないですが。( ̄m ̄))


suppose
読み方:サポ
意味:○○だと思う(根拠は薄め)

http://ejje.weblio.jp/content/suppose

expect
読み方:エクスペクト
意味:かなり確信的に予想する
  (期待すると言う意味がある場合も)

http://ejje.weblio.jp/content/expect

anticipate
読み方:アンチシペイト
意味:予期する・先取りして対処する
   語源のラテン語では、先に取ると言う意味がある。
ラテン語「(…より)先に取る」の (ANTE‐+‐cipārecapere ‘take')

http://ejje.weblio.jp/content/anticipate


だいたいこんな感じでしょうか。
(全然自信がないですが)

普通は suppose か expect で、先取りする的な感じであれば anticipate を使うとか。
(でも、使い方が今ひとつよくわかっていないので、多分使わなさそうです。 ( ̄m ̄))

今日でやっとUNIT16を終わりました。

アホみたいに長かったです。
(ここを乗り切れば楽になると思っていた時期が(ry)

ところで、UNIT11の②の例文なのですが、仮定法過去の依頼表現になっていると書かれています。

I'd appreciate your advise.
アドバイスをいただけるとありがたいのですが。

確か、仮定法については瞬間英作文 でチロチロっとやった記憶はあるんですが(やった記憶だけ残っている)、かなり忘れてしまっています。

という訳で、仮定法の丁寧な表現について書かれたページを読んで復習しました。
(そうそう、↓のような感じでした。(;´∀`))

仮定法



I want you to ~

→ なんだかストレート過ぎてやだなあ

  ↓

過去形とか仮定形にすると和らぐんだなあ

  ↓

I wonder if ~
I would ~
I would rather ~

丁寧にお願いする時は、過去形の助動詞を使おう!(`・∀・´)


という訳で、次は間違えないように頑張ろうと思います。(^^ゞ

今日からUNIT17の開始です。
でもなんかもう、最初からヤバそうな臭いがプンプンしています。\(^o^)/

UNIT16はやっとかっと終了できましたが、果たして、UNIT17は無事にクリアできるのでしょうか。

ところで今日は、かなり以前から謎、かつ懸案事項だった perfectly と completely の違いについて調べてみました。

どちらも、完全にとか言う意味なんですが、使い分けとかが全然わからないのです。

という訳で、perfectly と completely の違いについて調べていたら、答えの書かれているページを発見しました。

complete perfect flawless absolute

なるほどです。
勉強になりました。( ̄∀ ̄)

と言うか、パーフェクトなんておいそれと言うもんじゃないですね。
コンプリート程度で抑えないと。( ̄m ̄)

ガチャとかゲームではコンプコンプって言いますけど、普通の時はカタカナ英語のノリでパーフェクトなんて言っちゃう可能性があるので気をつけないと、ですね。(^^ゞ

今日もまたUNIT17をやりました。
ところで、今日やった UNIT17の②の例文なのですが、これがちょっと謎です。

I disagree you just on this point.
あなたとはこの点だけ意見が違います。

私は just ではなく only ってしてました。
この点だけって書いてあったので、only ってしたのですが、正解は just でした。(´・_・`)

何で just になっちゃってるのかわけわかめなので、ちょっと調べてみることにしました。


うーん、なんだかまだよくわからないですが、多分ですが、上の例文の場合、この点だけとは書かれていますが、意味的には『 丁度この点だけは 』と言う感じになるんでしょうか。(´・_・`)

普通に読むと、この点だけ唯一意見が違うとかって読めちゃうんですが。(・∀・;)
(私だけ?)

今日もまたUNIT17をやりました。

ところで、今日は昨日に引き続き、UNIT17の②の例文の disagree を使った英熟語について調べてみました。

I disagree with you just on this point.
あなたとはこの点だけ意見が違います。

これって、

disagree + ○○ + on + △△
○○ととは△△の点で意見が違う

と言う感じになるんでしょうか。

ちなみに、最初に英訳した時は『 ○○の点で 』って書いてあったので、about にしてしまいました。(´・_・`)

という訳で、ちょっと調べてみたら、どうやら

disgree + with + ○○ + on + △△
で、○○とは△△に関して意見が合わないと言う使い方がされるようです。

http://ejje.weblio.jp/content/disagree

という訳で、次は間違えないように頑張ろうと思います。(^^ゞ

今日もまたUNIT17をやりました。

ところで、今日は discuss と talk の違いについて調べてみました。

両方とも『 (○○と)話をする 』とか言う意味の英単語です。
どっちでも良さげな感じではありますが(全然良くなかったりして)、一応調べてみたのでした。(;´∀`)

すると、すぐに答えが見つかりました。


英単語フレーズ大特訓のUNIT17の④の例文では、コーヒーでも飲みながら旅行の計画を話し合いましょうってことなので、ちゃんと計画を練る → discuss になったのかなあとか思いました。
(スッキリ!(´・∀・`))

今日もまたUNIT17をやりました。
ところで、今日は specify の意味を調べてみました。

英単語のヒントには、『 明確に述べる 』と書かれていました。
speak でも良さそうな感じはしますが、それよりもはっきりガツンと言う感じなんですかね。(´・_・`)

今ひとつ謎なので調べてみました。

http://ejje.weblio.jp/content/specify

(…を)いちいち明示する、明細に言う、明示する、

激しく忘れそうな悪寒・・・ ( ; ゚ェ゚)

と思ったので、派生語とかに何か覚えやすいヒントでもないかと思って探したら、specificationと言うのがありました。

これはカタカナ英語のスペックの元になった英単語のようです。

http://ejje.weblio.jp/content/specification

specification (スペスフィケイション)の意味は、
詳述、列挙、明細、明細事項、(建物・車などの)設計書、仕様書(しようしよ)
なので、これを思い出せば、supecify も覚えやすいかなあとか思いました。
(こんな苦労をしながら、脳みそ溶けそうになりつつ、やっとかっと一つ二つの単語を覚えるというね・・・。(;´д`))

あ、ちなみに読み方はスペファイです。
スペシファイだと思っていたので、何でかなあと、ちょっと不満だったりします。( ̄^ ̄ )
(私は頭が悪いので、あまり覚えることを増やさないでほしいのです。( ノωノ))

今日もまたUNIT17をやりました。

ところで、UNIT17には agenda と言う単語が出てきます。
agenda と言えば、ニュースとかで何度も聞いた単語でした。

元みんなの党(いつの間にか消えてなくなっちゃってましたねえ。( ´д`))の党首の人が何度も言ってましたので、これは記憶に残っているんでございますよ。

あの時は、アジェンダとか変な横文字だなと思ってましたが、アジェンダを連呼してくれたお陰で、一つ新規で覚える単語が減りましたので、今となってはありがたいです。

ちなみに、例文では『 (会議の)議題 』と言う意味で使われています。

Could you secify your requests for next month's meeting agenda.

でも、議題だとアジェンダアジェンダとか言っていたのはちょっと意味が変になりますので、一応、他にも agenda の意味が無いかどうか調べてみました。
協議事項、議事日程、予定表

予定表なんて言うのがあるんですね。(´゚д゚`)
あ、一般的な予定表ではなく、でも会議の時に使うリスト表みたいなものなのかもです。

http://ejje.weblio.jp/content/予定表

(会議においてのように)取り上げられる事項のリスト

今日もまたUNIT17をやりました。

UNIT17には覚えにくい単語がチラホラありますが、その中でも、persuade は覚えにくさでは上位に入るくらい覚えにくい単語です。

persuade の suade には何かしら意味があるのかもですが、それが何なのかもわからないので、新規で覚える形になっています。
(語彙力のなさに泣いた。(T^T) )

という訳で、persuade の接頭語から調べてみました。

どうやら、per は perfect みたいに、すっかりとか完全にと言う意味がありますので、per で完全に、suade で説得すると言う意味になり、合計すると、説得するとか確信するとかいう意味になるようです。

per 完全に
suade 説得する
→ 説得する


ちなみに、persuade でも古い英単語の suade でも、同じ説得するだったりします。
(per の存在意義が・・・(;´∀`))

suadeの意味・解説

persuade

→ 説得する

suade
→ 説得する

今日もまたUNIT17をやりました。
UNIT17のご新規の単語さんは覚えにくいものが多いですが、compromise は覚えやすいです。

promise に com がついただけなので、簡単に単語を覚えられるのです。

という訳で、単語自体は簡単なのですが、この際なので、com文頭についたら意味がどう変わるとか規則があったかどうか調べてみました。

すると、バッチリ答えの書かれたページを発見しました。

「共に」を意味する接頭辞「con-(com)」

頭の悪い私の事ですから、com の規則とか一度では覚えられなさそうではありますが、ボチボチやりつつ(できるだけ思い出しつつ)、覚えていこうと思います。( ̄∀ ̄)

今日もまたUNIT17をやりました。

ところで、今まで私は、tax なんてものは単数形しかないものとばっかり思っていたのです。
それが何と複数形があるではありませんか。(´゚д゚`)
(日本語みたいに、ほとんどの単語で複数形をなくしちゃえばいいですのにね。(^o^ ;)

そんなわけで、今日は tax の複数形について調べてみました。

そう。
普通、tax は不可算名詞なんですよね。

http://ejje.weblio.jp/content/taxes

1不可算名詞 [具体的には 可算名詞] 税,税金 〔on〕.

でも、可算名詞の tax もあったりするようで。

taxの意味 - goo辞書 英和和英


national [or state, general] taxes
国税
local taxes
地方税

これとかなんか、めっちゃ複数形です。(;´∀`)

うーん、国税とか地方税のような○○税の場合は、taxes ってなるんですかね。

という訳で、暇一つ謎のまま(未解決カテゴリ入り)ですが、また今度、機会があれば調べなおしてみようと思います。(^^ゞ

↑このページのトップヘ