カテゴリ:英単語フレーズ大特訓 > 英単語フレーズ大特訓 1章 3回目

今日は3回目のUNIT1を開始しました。

今日から3回目英単語フレーズ大特訓の開始です。
早いもんで、もうすでに3回目になってしまいました。
(その割にはほとんど覚えられてない件)

多分、今回も(3回目も)まだまだ亀の歩みだとは思いますが、引き続き頑張ってやっていこうと思います。(;´∀`)

今日は引き続き、3回目のUNIT1をやりました。

ところで、今日は chew と bite の違い復習しました。

確か、chew チューインガムのようにクチュクチュ噛む感じで、bite噛み付く感じでよかったですかね。


そう言えば、奈良公園の鹿さんが観光客に噛み付くことがあるので、トラブルを避けるために、奈良公園には看板が設置されているんですが、そこには bite って書かれてありました。(;´∀`)


昔、奈良公園に行ったときには気が付かなかったのですが(もしかして看板が建てられたのは最近?)、YouTubeで初めて知りました。

ちなみに、噛み付く鹿さんたちには悪意はなく、自分をじらす人間(と本人たちは思っている)や、邪魔な自分以外の生き物(だと本人たちは思っている)に対してカプッと噛みつきますので、特に鹿せんべいを持っている場合は注意が必要です。(;´∀`)
(こういう事を英語でスラスラ書けたら最高なんだけどなー)

今日は3回目のUNIT1をクリアしました。

ところで、今回で3回目英単語フレーズ大特訓の第1章ですが、slurp と言う英単語が、未だになかなか覚えられません。(´-_-` )

スパゲッティをズルズルと啜って食べるようなときに使う英単語のようですが、なかなか覚えることが出来ず、間違いやすいです。

確かに、スラー(プ) で、スーサーーーと麺類を啜っている感はあるのですが。
(こうやって覚えようかな?)

slurp
→ スルゥ~ァ(プ) 
→ スラー(麺を啜る音)
→ 麺を啜って食べる

確かに、スパゲティを啜ると、こんな感じの音がしますしね。(;´∀`)

今日は3回目のUNIT2を開始しました。

ところで、今日は Could you ~?と Would you ~?の違いについて調べてみました。

Could you ~?
~してもらえますか?
(依頼する時に使う)

Would you ~?
~しますか?
(相手に何かを伺う時に使う)

多分、こんな感じでよかったのでは思うのですが、自身がないので調べなおすことにしました。


Could you ~?
~してもらえますか?

相手に何かをやってもらう時に使う
可能かどうか尋ねる時に使う)

Would you ~?
~してもらえますか?

相手に何かをやってもらう時に使う
もうすでに可能だとわかっている

全然違いましたね。orz
この際なので、しっかりと覚えなおしておこうと思います。

今日は引き続き、3回目のUNIT2をやりました。

ところで、今日は broom とか sweep をど忘れしていました。(;´_`;)

答えを見ればアーアーと思うので、少しは前進しているのかもですが、3回目にして、こんな簡単な単語を覚えられていない辺りが、結構終わっています。
(私の頭が)

という訳で、この調子だとまだまだ時間は掛かりそうではありますが、ボチボチ頑張っていこうと思います。(^^ゞ

今日は3回目のUNIT2をクリアしました。

ところで、今日は shirt の読み方を調べてみました。
カタカナ英語ではシャツって言いますが、英語でもシャツで良いんでしょうか?

あと、複数形は shirts でいいんでしょうか?
だとすると、読み方はシャツスになるんでしょうか?

謎が謎を呼ぶ展開なので、これもついでに調べてみることにしました。

【shirt の読み方】
シャート
カタカナ英語では1枚でもシャツですが、英語ではシャートゥみたいな感じでした。
1枚でもシャーツ、二個でもシューズってね。( ̄m ̄)

【shirt の複数形】
shirts
shirtの複数形は、そのまんま shirts でした。

【shirts の複数形の読み方】
シャーツ
shirts の読み方は、シャーツでした。
これが日本に普及したんですかね。( ̄∀ ̄)
シューズもソックスも複数形がカタカナ英語で普及しましたしね。( ̄m ̄)
(複数形が大好きな日本人)

今日は3回目のUNIT3を開始しました。

ところで、stirなかなか覚えられません

slurp のように啜る音と合わせることもできないですし、短い英単語ですので、英単語の因数分解も無理そうです。( ´Д`)=3

こう言う時ですね。
低脳な自分自身を恨むのは・・・。

今日は引き続き、3回目のUNIT3をやりました。

ところで、ingredientなかなか覚えられないで困っています。
もうすでに3回目の第1章なのですが、それでも思い出せないです。

という訳で、ingredient を因数分解してみることにしました。
(こうでもしないと頭に入ってこない!。゜(>д<)゜。)


Webilioで ingredient を調べてみると、元々は中に入っているものと言う意味だったようです。

でもって、それが材料に変化したと。

ラテン語「中に入っているもの」の意

じゃあ何で、ingredient が中に入っているものなんだと言うお話なんですが・・・

en 中に、中への意。
ghredh- 歩いていくことを表す。

in は分かるんですが、gred(grad) 歩いていくってのが、激しく不明です。
(入っているもの、そのものを表すワードにしておくれよー o(`ω´ )o)

ちなみに、その他の grad 系の単語は、それなりに納得できました。( ̄∀ ̄)


今回の ingredient ではあんまり効果がなかったですが、他の単語では役に立つかもなので、覚えておこうと思います。( ´艸`)

今日は引き続き、3回目のUNIT3をやりました。

ところで、英単語フレーズ大特訓をやり始めてから Shall I が封じ手になってしまったのが、地味に痛いです。。゜(>д<)゜。

Would you like me to ~がスラスラと出てくればよいのですが、それがなかなか出てこず・・・。
(Shall I は未だにスラスラ出まくるんだけどナー)

でも、Shall I を使う層は年々低下していっているようですので、頑張って何とか切り替えていかないとです。(;´_`;)

今日は3回目のUNIT3をクリアしました。
やっとかっとのクリアです。( ´Д`)=3

しかも、前回よりも時間がかかってしまった疑惑もあり・・・。( ゚艸゚;)
(ダメジャン)

という訳で、次はこの教訓を活かし、今回よりも早くにクリアできるよう、頑張ろうと思います。(^^ゞ

今日は3回目のUNIT4を開始しました。

ところで、前に調べた照明と言う単語についてですが、英単語フレーズ大特訓では、the lamp と書いてあるんですが、light ではだめかなと思い・・・。

と言うのも、lamp を使うと書いておかないと、すぐに light って書いちゃうんですよねえ。( ´Д`)=3


こうやって見ると、どっちでも良さげな気もしなくはないですが・・・。
(どっちでも正解にしちゃいたいなあ。( ´艸`))

とりあえず、lamp と書いちゃうと答えが丸見えになっちゃいますので、light は使わないと書くようにして、様子見してみようと思います。

今日は3回目のUNIT5を開始しました。

このUNITは覚えにくい英単語が多くて難儀しています。

昨日は、英単語を見ればあーあーと思う英単語が多いと書きましたが、今はまだ、やっぱり、1度は見ないとあーあーにはならないようです。
(まだまだ先は長いなあ・・・(;´_`;))

今日は引き続き、3回目のUNIT5をやりました。

今日は、invest ○○ in とか、spend ○○ on とかを間違えました。

invest も spend も覚えやすい単語なのですが、in とか on とかが出てこないので、結果的に長引いてしまっています。( ´Д`)=3

特に、invest ○○ in の場合は○○に投資する感覚がすぐに入ってくるのでわかりやすいですが、spend ○○ on になると、何で on やねんとか思ってしまうので、なかなか覚えにくかったりします。
(確か、on は接触を表す前置詞だったような・・・)


そこで、前置詞の on について調べなおしてみたのですが、どうやら、前置詞の on には ○○に向かってとか、○○に対して と言う意味があるようです。

なので、○○に対してお金を費やす → spend money on ○○となったようです。
(スッキリしました!( ̄∀ ̄))

今日は引き続き、3回目のUNIT5をやりました。

ところで、今日は色々とちょこちょこ間違えました。

てにおはレベルまで英語を習得できているわけではないですので、invest ~ in とか spend ~ on なんかに注意を払っていると、注意散漫になり、別のものを間違えてしまいます。(´-_-` )

でもまあ、低脳&発達障害の私みたいなのが英語をスラスラ書けるようになるための試練ですから、これにめげずに、ボチボチと頑張っていこうと思います。(^^ゞ

今日は引き続き、3回目のUNIT5をやりました。

ところで、今日は charge youyou を書き忘れたり、cost の過去形costed とか書いて間違えたりと、色々と間違えました

と言うか、 costed の間違いは頻繁に起こします。

put cut read など、過去形と現在形の一緒の単語として覚えても、何故か cost だけは costed と書いてしまうことが多いです。

もし私がイギリスの王様だったら、cost の過去形を costed にするよう法律改正するかもです。

あ、でもそれをやると、世界有数の無能王として名前が残りそうですので、やっぱり、cost で覚えるよう、頑張ろうと思います。( ̄m ̄)

今日は3回目のUNIT5をクリアしました。

今日で3回目のUNIT5ですが、前回よりも時間がかかってしまっています。
(ナンデカナー)

まあね、体調とか頭の体調とか老化とか色々とありますので・・・。(;´∀`)

という訳で、次は今回よりも早く終われるよう頑張ろうと思います。(^^ゞ

今日は3回目のUNIT6を開始しました。

ところで、今日は purchase が出てきませんでした。(´-_-` )

purchase は、購入するという英単語なんですが、これが何故かなかなか出てこないのです。
しかも、英単語を見て、日本語の英訳を思い出すのも難しいです。
(なんでやー (ノД`))


という訳で、ぼちぼち過去ページでも見つつ、復習していこうと思います。(^^ゞ
(次は思い出せますようにー)

今日は引き続き、3回目のUNIT6をやりました。

ところで、今回で3回目のUNIT6だからかはわかりませんが、さすがに英単語を思い出しやすかったです。
(ただし purchase を除く)

という訳で、今回は早めに終わってしまうかもです。( ̄m ̄)
(余裕綽々)

今日は引き続き、3回目のUNIT6をやりました。

本当は今日、クリアをする予定(私の中では)だったんですが、exchange it forexchange it to としてしまい、間違えてしまったため、クリア出来ませんでした。(´-_-` )

と言うか、私の中では exchange と言えば to のイメージなんですよね。( ´Д`)=3
○○(の方)と交換するって言うので、ピッタリかなと。

それが for だもんで、これは非常に間違えいやすいです。
exchange が覚えやすいのに、これでは全然ダメですよ。(´・д・`)ゞ

という訳で、ちょっと 前置詞の for について調べてみることにしたのでした。

ちなみに、私が思っている前置詞の for のイメージは、○○のためにです。

または、期間を表す for とか。
果たしてこれ以外の for はあるのでしょうか?

調べるとすぐに、答えの書かれたページを発見しました。


どうやら、for には ○○のために などの意味の他に、交換や代償などを表す意味もあるようです。(´・∀・`)
(○○と引き換えに)

この場合は、exchange商品の交換になりますので、to ではなく、for が良かったのでした。
(スッキリしました。ヘ(^д^ ヘ))


今日は3回目のUNIT6をクリアしました。

当初、このUNITをやり始めた時は、サクサクっと終われるのかなと思っていたのですが、結局、前回並みに時間がかかってしまいました。(´-_-` )

きれいにクリアして、短期間で終了するってのは非常に難しいです。

という訳で、次は今回よりも早く終われるよう、頑張ろうと思います。(^^ゞ

↑このページのトップヘ